logo

マット・キャブ 桐谷健太扮する“浦島太郎”が歌う大ヒット曲「海の声」の英語カバーのティザー動画公開! 2016年6月17日(金)配信スタート決定!

株式会社onepeace 2016年05月24日 12時00分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

auのCMでもおなじみ桐谷健太扮する“浦島太郎”が歌う大ヒット曲「海の声」の、マット・キャブによる英語カバーのティザー動画が自身のYouTubeチャンネルで公開され、同曲が2016年6月17日(金)にiTunesやレコチョクなどの主要配信サイトで配信スタートすることが明らかとなった。動画ではマット・キャブが海岸で歌っている様子が収められており、音源の一部が解禁となった。

YouTube URL: リンク

「海の声」のカバーについてマット・キャブは、
「曲が持つ奥深い意味に感動しました。英語詞でカバーさせて頂くことができ大変光栄です。聴いて頂くみなさまに、曲の魂を感じて頂ければ、とても嬉しいです。」とコメントしている。

「海の声」が収録されるニューアルバム『ONGAKU2』は、最新J-POPの名曲の数々を英語でカバーした2013年リリースの人気企画『ONGAKU』の続編で、ユニバーサル ミュージック移籍後初のアルバムとなる。また、ニューアルバム『ONGAKU2』および先行配信される「海の声」のジャケット写真も同時に公開された。『ONGAKU2』に収録が決定している楽曲は、浦島太郎(桐谷健太)「海の声」の他、絢香「にじいろ」、chay「あなたに恋をしてみました」、Crystal Kay「何度でも」、秦基博「ひまわりの約束」、シェネル「Happiness」など、最新のJ-POPヒットの英語カバーがラインナップされている。近日、アルバムの全トラックリストも公開予定。

■作品情報
ニューアルバム
『ONGAKU2』
2016年7月27日(水)発売
¥2,200(+税)UICV-1067
全12曲収録予定

先行配信シングル
『海の声』
2016年6月17日(金)iTunes、レコチョク他 配信スタート
YouTube URL: リンク

■マット・キャブ(Matt Cab)プロフィール
YouTubeの総再生回数2,000万回を誇る、サンフランシスコ出身、日本在住のシンガー・ソングライター。その透き通った歌声が話題になり、2010年には1stアルバム『The One』(2010.09.02)を発表。それ以降もコンスタントにリリースを重ね、2012年には2nd Album 『LOVE STORIES』(2012.09.05)を発表。2013年にはワーナーミュージック・ジャパンより、メジャー・デビューアルバム『ONGAKU』(2013.09.03)をリリース。
インディーズ時代のアルバムも含め3作全てがiTunes R&Bアルバム・チャートで1位を獲得。2ndアルバムをリリースした2012年には「m-flo」の5年ぶりのアルバム『Square One』のフィーチャリングアーティストに大抜擢され、その後3作連続で彼らのアルバムに参加。
これまでにフィーチャリングで共演したアーティストは「m-flo」「MACO」「Che’Nelle」「DAISHI DANCE」「安田レイ」等多数。また、ソングライター/プロデューサーとしても積極的に活動しており、w-inds. 防弾少年団やCrystal kay×安室奈美恵コラボ曲「REVOLUTION」、話題となっている和田アキ子ニューアルバム「WADASOUL」等、数多くのアーティストに作品を提供している。
YouTube Music Awards「世界のクリエイター50人」に唯一日本から選ばれ、ニューヨークで開催されたYouTube Music Awardsに出演。また、新世代歌姫「MACO」のアルバムにフィーチャリング参加。2015 年に入ってからは配信限定 EP「STEP BY STEP」をリリース。さらにHydeout Productions公認としてNujabesの代表曲「Luv Sic Pt2」をサンプリングした「Searching For You」、iTunes R&Bランキングで1位を獲得した DOBERMAN INFINITYのSWAY を迎えた 「Call Your Name」、レゲエマナーに則ったサマー・チューン「Only One」をリリース。2015年10月7日に、待望のメジャー2ndアルバム「春夏秋冬」をリリース。

Matt Cab公式ウェブサイト:
リンク

Matt Cab 公式YouTubeチャンネル:
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事