logo

ソフトウェア資産管理【SAM】をテーマとした大規模な総合イベント『SAM World 2016』開催!

SAMAC 2016年05月23日 12時00分
From PR TIMES

2016年6月10日(金)@ベルサール新宿グランド

一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会は、日本最大のIT資産管理・ソフトウェア資産管理の専門カンファレンス 『SAM World 2016』 を、平成28年6月10日(金)午前9:50より開催いたします。



[画像1: リンク ]

『SAM World 2016』 リンク

仮想化、クラウドコンピューティングが進む中、情報セキュリティやコンプライアンスにおいて組織にとっての重要課題の1つであるIT資産管理、ソフトウェア資産管理についての知識を身につけるためのイベントであり、社内のIT資産管理運用担当者、顧客にSAMの仕組みを提供するツールベンダーやコンサルティング会社の営業担当者など、SAMに関わるあらゆる立場の方にとって充実した内容をご提供します。

今年のイベントでは、先進的なIT導入で話題となった佐賀県の前最高情報統括監 森本登志男氏、BSAザ・ソフトウェアアライアンス 顧問弁護士であり、TMI総合法律事務所パートナー 石原修氏による講演に加え、民間企業による実際のSAM監査対応事例の発表も予定しております。
また今回は、課題解決に有効と定評のある個別セッションを「SAMACセッション」「後援企業セッション」「会員企業セッション」の3つのカテゴリーに分け、昨年よりもさらに参加者のニーズにあったセッションを選択しやすくしています。

■日 時:平成28年6月10日(金)9:50~18:30(9:20開場)
■場 所:ベルサール新宿グランド5F 〔東京都新宿区西新宿8-17-1〕
■参 加 費:無料(事前登録制)
■定 員:300名
■申込方法:下記URLよりお申込ください。
リンク

■主 催:一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)
■後 援:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
BSA|ザ・ソフトウェア・アライアンス
一般財団法人日本規格協会(JSA)
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
■協 賛:一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)
一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)

【タイムテーブル】
9:50~ 主催者挨拶
10:00~ 基調講演                                        
11:00~ 特別講演                                         
13:15~ 個別セッション                                    
16:30~ ユーザー講演                                     
17:30~ 情報交流懇親会(参加無料)   ※10:45~17:30 展示会および相談会
↓詳しくは以下参照ください。
リンク

【アクセス】
[画像2: リンク ]



●東京メトロ 丸ノ内線「西新宿駅」1番出口より徒歩約3分
●都営大江戸線「都庁前駅」E5番出口より徒歩約6分
●JR山手線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン・JR中央線・JR総武線・小田急・京王線・東京メトロ 丸ノ内線・都営新宿線・都営大江戸線                                     各線「新宿駅」A18番出口より徒歩約9分


基調講演・特別講演・ユーザー講演 概要

<基調講演>
■セッションタイトル:情報セキュリティから見た、IT資産管理の重要性 ~IT先進県 佐賀県の事例から~
■講演者:岡山県特命参与、佐賀県情報エグゼクティブアドバイザー、大館市政策情報収集組織(シンクタンク)コーディネーター 森本 登志男氏
■概要:情報セキュリティに対する備えは、より厳格さと厳密さを求められています。ところが、情報セキュリティの根底にあるIT資産を適切に管理できているところは実は少ない現状があります。このセッションでは、民間のIT企業の経験も豊富な、IT先進県と言われている佐賀県の前CIOである森本氏から、情報セキュリティにおけるIT資産管理の重要性をお話しいただきます。

<特別講演>
■セッションタイトル:弁護士が解説! 不正コピーが引き起こす重大リスクとライセンス管理の重要性
■講演者:弁護士 / BSA|ザ・ソフトウェア・アライアンス日本担当顧問 石原 修 氏
■概要:不適切なライセンス管理に潜むリスクと、コンプライアンス実現のためのSAMの必要性について、事例を紹介しながら、弁護士の立場からわかりやすく解説します。

<ユーザー講演>
■セッションタイトル:建設業におけるソフトウェア資産管理~現状把握とSAM監査への対応~
■講演者:広成建設株式会社 執行役員 経営企画副本部長 森 幸雄氏
■概要:事業場(現場)が移動するという特殊性から、管理が簡単ではない建設業におけるSAMへの取り組みと、ライセンス監査への対応事例をお話しいただきます。実際の現地調査の難しさなども含め、具体的な取り組みをご講演いただきます。


一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)とは
ソフトウェア資産管理の正しい普及促進を目的とした、非営利型一般社団法人であり、企業や公共団体等の組織においてソフトウェア資産管理がどの程度導入されているかを評価(成熟度評価)するための事業を行います。またこの評価基準につきましては、ISO/IEC19770もしくはそれに関連するJIS規格に準じた評価基準をSAMACにより開発、利用を行います。同時にソフトウェア資産管理の体制構築を支援する事業者やコンサルタント向けのトレーニング・認定基準等の提供、認定および認定管理等の開発などをおこない、市場にて提供されるSAM関連サービスの品質維持向上並びに均質化に努めてまいります。上記の他、ソフトウェア資産管理の正しい普及促進のため、必要とされる各種事業、教育啓蒙活動を行います。


▼本件に関するお問合せ先
SAM World 2016事務局   
E-mail: wg.sam_world@samac.or.jp  

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。