logo

VisualeadがHP SmartStream Designerでビジュアル・バリアブルコードおよびコードセキュリティーを実現

Visualead 2016年05月23日 10時08分
From 共同通信PRワイヤー

VisualeadがHP SmartStream Designerでビジュアル・バリアブルコードおよびコードセキュリティーを実現

AsiaNet 64457 (0614)

【ヘルツリーヤ(イスラエル)、上海2016年5月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*Visualeadはデュッセルドルフで5月31日から6月10日まで開かれるDrupa展示会で統合技術を展示する

QRコードによるIoT対応に特化するイスラエルのソフトウエア企業Visualeadは23日、ソフトウエア・アプリケーションHP SmartStream Designerに同社の最先端のビジュアル・バリアブルコードを組み込み、これをドイツ・デュッセルドルフで開催されるプリンティング装置展示会Drupaで展示すると発表した。

HP Indigo Press向けに最適化された人気のあるバリアブル・データツールであるHP SmartStream Designerは、プリンティング専門家が高度にカスタム化した製品を開発することを可能にするとともに、あらゆるプリント製品イメージ、テキストコンテンツ、カラーをパーソナライズして利用することが可能である。

Visualeadは、さまざまなアプリケーション向けにQRコードをビジュアルおよびセキュリティーのレイヤーと一体化させることによって、QRコードを実用的に改革した。同社の画期的なVisual QR Codeは[v]codeとしても知られており、目的とするあらゆるイメージを極めて魅力的で効果的なQRコードに変換することができる。

HP Indigoのワークフロー・ソリューション&パートナー・プログラム担当WWマネジャーであるガーション・アロン氏は「Visualeadの優れたビジュアルコード規格を当社のSmartStream Designerアプリケーションに組み込むことできてうれしく思う。これによって、HP Indigo Pressのプリントサービスプロバイダーはこれまでの標準的な白黒QRコードを扱ってきたように、Visualeadのバリアブル・ビジュアルコードを、さらには同社が特許を保有するセキュアなビジュアルコードをもシームレスかつ効果的にプリントすることが可能となる。HPは今年開催されるDrupa展示会で存在感を大いに高めるつもりであり、このショーではSmartStream DesignerとHP Indigoの顧客に対して、この革新的な合同ソリューションをデモンストレーションしようと考えている」と語った。

ブランドおよびメーカーは、製品ラベルないしは製品パッケージの形で[v]codeを組み込み、例えばエンゲージメントおよびロイヤルティー・プログラム、製品認証、トラック・トレース、チャンネルマネジメントなど、さまざまなビジネスチャンスを実現できる。

Visualeadの製品スイートは200以上の国におけるビジネスを効果的に実現し、オフラインおよびオンラインの顧客とのつながりを向上させ、ブランドと顧客との間のモバイル体験をベースにした関係の強化に寄与している。

同社のソリューションは特にアジア太平洋地域で成功を収めてきた。中でも偽造防止イニシアチブ「Blue Star」のためにVisualead技術を採用したアリババをはじめ、Visualead技術をラベルプリンティング・アプリケーションに組み込んだ大中国圏の大手プリンティング・ソリューションプロバイダーCymMetrik Group、中国の農産物品質管理の最大ソリューションプロバイダーEvoTrue Netがある。

Visualeadのチーフ・コマーシャル・オフィサーであるジョイス・タイ氏は「HPとのコラボレーションはすべての人に恩恵をもたらす。HPはHP Indigo PressとHP SmartStream Designerのユーザーに機能と価値を付加することによって、競争力と顧客満足度をさらに向上させることになる。ユーザーは個別に実装および統合の取り組みに投資する必要が全くない」と語った。

同氏はさらに「プリンティング業界のリーダーと提携できることをうれしく思う。HP IndigoがDrupa 2016でわれわれの提携製品を展示することに大いに期待している。HP Indigoと顧客、世界市場のブランドとメーカーとともに価値を生み出していきたい」と語った。

▽Visualeadについて
VisualeadはIoT技術とアプリケーションの研究開発および実現に注力するソフトウエア企業であり、デジタルおよび物理的プレゼンスを、顧客、メーカー、小売業者、eテーラー、ブランドとのエンゲージングでセキュアなタッチポイントに変革する。

Visualeadのグローバル研究開発本部はイスラエルのヘルツリーヤにあり、事業本部は中国の上海にある。2015年11月末時点で、Visualeadは223の国・地域の78万以上の製品で利用され、[v]codeおよび[v]code+としても知られる120億以上のQRコードを使って、ソフトウエアおよびパートナーネットワークで顧客と事実上関与している。

ソース:Visualead

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事