logo

「EOS 5Ds/5Ds R」が「カメラグランプリ2016 カメラ記者クラブ賞」を受賞

欧州で有力な「TIPAアワード(※1)」受賞に続き2冠を達成

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5Ds」「EOS 5Ds R」(※2)(ともに2015年6月発売)が、国内で最も権威のあるカメラグランプリの「カメラグランプリ2016 カメラ記者クラブ賞」を受賞しました。これにより、同製品は「TIPAアワード 2016」に引き続き、権威あるカメラ・レンズ関連の賞を2つ受賞したことになります。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



今回で33回目を迎えるカメラグランプリは、国内の写真・カメラ専門誌の担当記者で構成されるカメラ記者クラブ(※3)が主催する、国内で最も権威のあるカメラ・レンズ関連の賞です。

このたび、キヤノンの「EOS 5Ds」および「EOS 5Ds R」が受賞した「カメラ記者クラブ賞」は、カメラグランプリに設けられた全4部門の賞のうちの1つで、「大賞」を受賞したカメラを除く過去1年間に国内で発売されたすべてのカメラおよび写真製品・機材の中から、カメラ記者クラブ会員が大衆性、話題性、先進性に優れた製品を選出するものです。

また、両機種は、欧州で有力な写真・映像関連の賞「TIPAアワード 2016」において「ベスト プロフェッショナル 高解像デジタル一眼レフカメラ」の栄誉を得ており、世界有数の賞を2つ獲得することができました。これは、世界最高(※4)となる有効画素数約5,060万画素による圧倒的な高解像度の実現に加えて、高画素を最大限に引き出す「ミラー振動制御システム」をはじめとしたブレ抑制の新技術などの革新性が広く認められた結果です。

<選考理由(※5)>
35ミリフルサイズ一眼レフカメラとして、約5,060万画素という圧倒的な高画素を達成した点。また、その高画素撮影を支えるブレ抑制メカニズムを採用したミラー機構と、精度の高いAF機構「EOS iTR AF」をあわせて採用。ユーザーが安心して使うことができる高画素機として仕上げられており、表現の可能性を広げたカメラというところに評価が集中した。これらを鑑み、「カメラグランプリ2016 カメラ記者クラブ賞」に決定した。


※1 欧州を中心とした5大陸15カ国の、カメラ・ビデオなどの分野における主要な専門誌が30誌加盟している業界団体「TIPA(Technical Image Press Association)」が、年に1度投票により決定する権威ある賞。
※2 「EOS 5Ds R」は、偽色やモアレの抑制よりも解像度を優先するユーザー向けに「EOS 5Ds」からローパスフィルター効果をキャンセルした、さらなる高解像モデルです。
※3 1963年9月発足、2016年4月現在12媒体が加盟。
※4 35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて。2016年5月19日現在。キヤノン調べ。
※5 カメラグランプリ実行委員会の発表より。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事