logo

未来のために、いま選ぼう。「クリスタルガイザー」飲料市場初『COOL CHOICE』ロゴ入りボトルへ

大塚食品株式会社 2016年05月19日 14時00分
From Digital PR Platform


大塚食品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:戸部貞信)は、政府が国民運動の旗印として展開する『COOL CHOICE』のロゴをパッケージに入れた「クリスタルガイザー」を2016年5月から販売いたします。

『COOL CHOICE』とは、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。

「クリスタルガイザー」は、1994年1月に輸入販売を開始し、今年で22年目を迎えました。日本最軽量のキャップや軽量ボトルを展開し、日本の飲料市場において、商品のエコ化を推進してまいりました。今後も飲料市場のエコ活動推進を目指し、国民運動『COOL CHOICE』に賛同し、「クリスタルガイザー」は、700mlペットボトルを皮切りに『COOL CHOICE』ロゴ入り商品を順次市場に展開いたします。

昨今、生活者の環境保護への関心は高まり、インターネット調査会社のマクロミルが実施した調査結果によりますと、全国20歳以上の男女で、普段の生活の中で環境保護を意識している人の割合は83%となりました。「クリスタルガイザー」のキャップは1gで、通常のソフトドリンクのキャップと比較すると1/3ほどのプラスチック原材料しか使用しておりません。この省エネ・低炭素型のキャップを広く伝えることで、国民運動『COOL CHOICE』の推進に努めてまいります。

「クリスタルガイザー」は、今後も省エネ・低炭素型の商品を目指し、新たな提案をし続けてまいります。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事