logo

2人から100人まで…スマートすぎる名刺交換アクション8連発! 名刺アプリ『Eight』、紙の名刺がなくなる世界を描いた3分間のPRムービーを公開

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sansan)は、名刺アプリ『Eight』のPRムービーを、5月17日(火)より、Facebook公式アカウント、およびYouTube公式チャンネルにて公開いたします。

■PRムービー概要

タイトル Eight: Business Cards
URL リンク
(Facebook)
リンク (YouTube)
公開日時 2016年5月17日(火) 11:00

■コンセプトは“スマートすぎる名刺交換“
動画は2名の名刺交換からはじまり、3名、4名、5名、6名、9名、20名と人数が増えていく中で、スマートかつ美しい名刺交換の表現に挑みつづけます。人数が増えるにつれて複雑化しつつも、システマチックな動きを損なうことなく、バレエのような流麗なアクションや、マジックのような仕かけとともにテンポよく進行。最後、100人になったときには、紙の名刺の代わりに全員がスマートフォンを取り出し、一斉にEightで名刺交換を行います。

■世界を席巻したOK GOのMV制作メンバーらが集結
2011年カンヌ広告祭金賞に輝いたNTTドコモのWebCM『森の木琴』や、OK GOのミュージックビデオ『I Won't Let You Down』などを手がけ、世界的に注目を集めるクリエイティブ・ディレクター・原野守弘を起用し、豪華な制作メンバーが集まりました。世界三大広告賞を受賞したユニクロの『UNIQLOCK』や、全国の教育現場で使用されている著書『振付稼業air:manの踊る教科書』(東京書籍)で知られる振付稼業air:manが、華麗な名刺交換アクションを創作。その複雑なフォーメーションを、きゃりーぱみゅぱみゅのミュージックビデオで知られる映像ディレクター・田向潤が監督し、3分間(90秒の短縮版も制作)の動画に仕上がりました。

■「名刺は、こうなる。」に込めたメッセージ
名刺は世界中で使われているビジネスにおける出会いの証ですが、ずっと紙のままで進化していません。Eightはいままで紙として埋もれていた一期一会の出会いを、本当に価値あるものに変えていきます。
スマートフォンによる名刺管理の仕組みを確立し、2015年に100万人を突破したEightは、各々が名刺をためて整理するだけでなく、名刺に代わる「あなたのビジネスネットワーク」として、ユーザー同士のつながりを深めるソーシャル機能の充実を図り、UIデザインも一新しました。2016年3月には、スマートフォンを介して直接つながることができる名刺交換機能を実装し、従来の紙の名刺交換のあり方を問い直す、新たな試みに挑戦しています。
紙の名刺にいつまでも縛られている時代ではない。名刺が変われば、ビジネスはよりスマートになる。そのようなメッセージを、「名刺は、こうなる。」というキャッチコピーに込めて、PRムービーをつくりました。また、動画の公開に合わせて、Eightのログインページのデザインも本日リニューアルしました。リンク


■本件に関するお問い合わせ
Sansan株式会社 広報部 担当:磯山
メール:pr@sansan.com/ TEL:03-6316-3121 / FAX:03-3409-3133
*本リリースに関する画像は以下よりダウンロードしてください。リンク
■撮影エピソード
◇振付家業air:manが手掛けるインパクト抜群の振付アクション
「名刺の受け渡しの各工程を踊りのようにインパクトのある表現で見せたい」という制作サイドのリクエストに応えて、「神経衰弱をしながら、同時にパズルを解くような感覚で作りました」と語る、振付稼業air:manの主宰・杉谷一隆を中心に、全8パターンの名刺交換アクションを開発しました。

◇スマートで美しい名刺交換を可能にした多国籍ダンサー集団
動画で複雑なフォーメーションチェンジを繰り返すキャストたちは、ダンサーを中心に構成されています。ダンスのジャンルは国籍同様、クラシックバレエ、ヒップホップ、ジャズダンス、ストリートダンスと多岐に渡りますが、言語やジャンルの壁を超えて、よりスマートで美しい名刺交換アクションを追求しました。

◇複雑かつ緻密なフォーメーション習得に求められるハート?な条件
キャストの動きは一見ランダムですが、9人なら他の8人と、20人なら他の19人と最低1回は触れ合い、確実に名刺の受け渡しができるよう、複雑かつ緻密なフォーメーションを組んでいます(映像は、一部編集されています)。最難関の20人バージョンの撮影にあたり、事前に行われた全体練習は、本番数日前の2時間と、本番当日の2時間の合計4時間。これに、本番当日のカメラアングル変更にともない、その場で振付師による微調整が加わり、キャストの皆さんには心身ともに臨機応変な対応と、高い集中力が求められました。

◇撮影開始から5時間...こだわり抜いた最難関の20人バージョン
20人バージョンは基本的に、一連のアクションをワンテイクで収録。集団の動きが模様や柄のように見える俯瞰の撮影では、立ち位置がほんの少しズレただけでも美しさに欠け、名刺の受け渡しや動き出しのタイミングが一拍遅れるたびに、一からやり直しました。ようやく監督からOKが出たのは、リハーサル開始から数えて約5時間後のことでした。

◇フォーメーション8連発はEightの魅力を伝える壮大な前フリ
100人と同時に名刺交換を行うクライマックスのシーン。サークルの中央に進み出た一人のキャストが、画面にEightのロゴが表示されたスマートフォンを掲げた直後、周りの99人が取り出したスマートフォンの画面にも次々とEightのロゴが表示されます。まるでドミノ倒しのように、見ていて気持ちいい場面ですが、実はこれは収録した映像を逆再生(リバース)したもの。本番ではキャストが上から下へスマートフォンを振り下ろすシーンを撮影しており、これによって、システマチックな動作とシンクロ性がより強調される効果を狙いました。
■制作スタッフ
クリエイティブディレクター      原野 守弘
コンテンツプランナー         西田 淳
コピーライター            照井 晶博
アートディレクター          坂本 政則
ディレクター             田向 潤
カメラマン              奥口 睦
ライトマン              大竹 均
特機                 谷口 卓
DIT                大山 泰斗
美術                 鳴滝 良弘
スタイリスト             重尾 梢
ヘアメイク              奥平 正芳
振付師                振付稼業air:man
オンラインエディター         格内 俊輔
VFXプロデューサー          貞原 能文
カラリスト              石原 泰隆
音楽                 吉武 諭
プロダクションマネージャー      宮田 諭
エージェンシープロデューサー     橘 実里
プロデューサー            山森 充
キャスト               The Whole Earth Catalog
クリエイティブエージェンシー     株式会社もり
制作会社               株式会社morimori
クライアント             Sansan株式会社

■Eightについて
Eightは、名刺管理機能に加えてソーシャルの仕組みも取り入れた、100万人が使う名刺アプリです。交換した名刺は、スマホで撮影するだけで、オぺレーターの手入力によって正確にデータ化され、全ての名刺情報にいつでもアクセスできます。挨拶した相手もEightユーザーであれば、アプリの名刺交換機能で直接つながることもできます。Eightでつながれば、仕事の近況や異動・転職情報などをニュースフィードで知ることができ、継続してコミュニケーションがとれるようになります。

iPhone アプリ 対応OS:iOS8.0 以降/名称:Eight - Your business network 無料の名刺管理アプリ(無料ビジネスカテゴリ)/App Store URL :リンク
Android アプリ 対応 OS:Android 4.0.3 以上/名称:Eight - 無料の名刺管理アプリ (無料ビジネスカテゴリ)/Google Play URL:リンク
Eight Webサイト/PC版ログイン リンク
費用 無料(※CSVダウンロードなど一部機能を「Eightプレミアム」として有料で提供)
評価 2014年にApp Storeビジネス(無料)カテゴリ1位にランクイン。2014年、2015年 Google Playベストアプリに選出。
Eightプレスルーム リンク

■Sansan株式会社 会社概要
設立:2007年6月11日  URL: リンク
代表取締役社長:寺田親弘
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金等:24億461万円(うち資本金 14億1,260万円)
社員数:200名
事業内容:名刺管理クラウドサービスの企画・開発・販売
営業を強くする名刺管理『Sansan』(法人向け) リンク
100万人が使う名刺アプリ『Eight』(個人向け) リンク
社長メッセージを更新しました:リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。