logo

FALKENが「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦および大会協賛を実施

住友ゴム工業株式会社 2016年05月16日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月16日

住友ゴム工業株式会社

FALKEN(ファルケン)が
「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦および大会協賛を実施

 住友ゴムグループのファルケンタイヤヨーロッパ(本社:ドイツ・オッフェンバッハ、代表:西野正貢)は、5月26日(木)~29日(日)にドイツで開催される世界最大級のツーリングカーレース「第44回ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦し、総合優勝を目指します。また、昨年に続きFALKENは公式パートナーとして同レースに協賛し、ブースの出展や各種イベントを行います。

 1999年の初参戦以来17回目の挑戦となる本年は、総合3位入賞を果たした昨年と同じドライバーと新型車両「Porsche 911 GT3 R (991)」で参戦し、総合優勝を目指します。FALKENブースではタイヤ展示に加え、レースのバーチャル体験コーナーやドライバーによるサイン会などを実施するほか、会場内ではドリフトショーを行うなど、各種イベントの実施によりFALKENブランドの訴求を図ります。
 なお、レースの模様はファルケンタイヤヨーロッパの公式WEBサイト(リンク)、ツイッター、フェイスブックで随時レポートしていきますのでぜひご覧ください。

●チーム名:FALKEN Motorsports
●チーム監督:Sven Schnabl
●ドライバー:Wolf Henzler / Peter Dumbreck / Martin Ragginger / Alexandre Imperatori
●メンテナンス:Schnabl Engineering
●参戦車両:Porsche 911 GT3 R (991)
●参戦クラス:SP9
●タイヤサイズ:Front:300/660R18 Rear:310/710R18

■ニュルブルクリンク24時間レース
 自動車メーカー、タイヤメーカーが開発テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクでの24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170カ所のコーナーを持つ北コース(オールドコース)と、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約25kmのフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室 0120-39-2788



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。