logo

台湾発!世界最大級の最新ITトレードショー「COMPUTEX 2016」CPXカンファレンスにおけるキーノートコンテンツを発表

台湾貿易センター 2016年05月13日 13時40分
From PR TIMES

世界最先端のIT企業からエグゼクティブが登壇 ソフトバンク韓国が初登場、ARMやSiemensのCEOも登壇



台湾貿易センター(TAITRA)は、台湾発世界最大級の最新ITトレードショー「COMPUTEX 2016」にて開催される、CPXカンファレンスのキーノートコンテンツを発表いたしました。
[画像: リンク ]

CPXカンファレンスは、台湾の経済部[TK1] (MOEA)主催、台湾貿易センター(TAITRA)のオペレーションにより執り行われています。国際的なテクノロジー企業にとって、革新的な業界トレンドや最新の情報を共有するには最適なプラットフォームです。今年のCPXカンファレンスでは、「IoTとスマート・イノベーション」をテーマに掲げております。スピーカーにはスイスのロボットメーカーであるABBを始め、世界有数の企業が名を連ねており、 ARM、Qualcomm、Siemens、Cisco、Ericsson、Intel、Amazon Web Service、Thread Group、Bosch Sensortec、Blocks Wearables Inc.、Taiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)、Advantechソフトバンク韓国をお迎えするほか、業界のリーダーたちによるIoTアプリケーションのビジョンと、スマート・テクノロジーの将来に関する各種スピーチが行われる予定です。

今年のCPXカンファレンスのキーノートは「フューチャーテクノロジー」と「スマートマニュファクチャリング」の2つを柱となる大きなトピックと位置付けています。キーノートの登壇者として、半導体の知的財産サプライヤーとして世界有数のARMから、最高経営責任者(CEO)であるサイモン・セガーズが登壇し、最新技術の将来動向について発表いたします。Siemens台湾における社長兼CEOであるエルダル・エルバーは、 3年ぶりのCOMPUTEX登壇となり、インダストリー4.0について、また、スマートマニュファクチャリング分野のトピックにおいてスピーチする予定です。

世界的なスマートスタートアップ企業の飛躍に伴い、3名のトップイノベーターとして、ミラノの技術革新デザイナーであるヴィート・ディ・バーリ、ABBロボティクスグループ副社長であるスティーブ・ワイアット、世界中のハードウェア企業をつなぐプラットフォームHWTrekの創設者であり、最高経営責任者(CEO)のルーカス・ワンがそれぞれスピーチをいたします。

2016年CPXカンファレンスのトピックは、「IoTエコシステム・パートナーシップ」と「IoTアプリケーション」です。 IoTエコシステム・パートナーシップについては、長期にわたりCOMPUTEXのパートナーであるEricssonとCisco、そして初参加となるソフトバンク韓国が合同で発表を行います。この合同発表では、現代のIoT時代におけるネットワークとワイヤレス通信に関するソリューションが提案される予定です。また、IoTアプリケーションに関しては、Bosch Sensortecと英国のスタートアップBLOCKS Wearablesがスピーチをいたします。この発表では、セキュリティ監視システム、スマートホーム、エンターテイメント、テレマティクス、カーエレクトロニクス、ウェアラブルデバイス、スマート・テクノロジー・ソリューション等の分野において、未来の技術を駆使した生活の構築方法について見解が述べられる予定です。

台湾貿易センターの副秘書長である葉明水は、次のように述べています。「今年のCPXカンファレンスは、知識交換プラットフォームと言えます。キーノートやテーマフォーラムで発表されるトレンドトピックや、先見性のある業界のリーダーたちによってもたらされる様々な発表を楽しみにしています。」

日本においても様々な分野で活用され、益々注目を集めるIoT技術とその進歩について、COMPUTEX 2016のCPXカンファレンスを通し、ぜひ有益かつ信頼性の高い最新情報にご注目下さい。

■COMPUTEXについて
1981年から開催されたCOMPUTEX TAIPEI(通称COMPUTEX)は、サプライ・チェーン全体を網羅した世界有数のICT見本市です。中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)の共催で開催されるCOMPUTEXは、台湾のICTクラスターに近いという地の利を活用して、上流工程の部品製造からシステム組み立てやIoTアプリケーションに至るまで、ICTのあらゆる領域をカバーしています。台湾企業は、世界のコンピューティング・デバイスの3分の1以上を製造している為、インターネット・コンピューティングのエコシステムでパートナーを求めているバイヤーにとって、台湾は戦略上欠かせない存在です。COMPUTEXに関する詳細及び参観登録は、Webサイトwww.computextaipei.com.tw、またはwww.computextaipei.jp[u2] (日本語)をご覧ください。Twitterは @computex_taipei、ハッシュタグ#COMPUTEXでフォローできます。

■TAITRAについて
TAITRA(中華民国対外貿易発展協会)は、2016年に36の展示会を主催しました。国内外から合計1万1,475社が3万2,982のブースに出展し、海外からの来場者は8万2,939人にのぼっています。
HP: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。