logo

ドローンを用いた熱環境の観測に!待望の、空撮用・赤外線カメラ 『DJI Zenmuse XT』 登場!

株式会社セキド 2016年05月12日 16時00分
From PR TIMES

フリアーシステムズとDJI社コラボの空撮用・赤外線カメラ 『DJI Zenmuse XT』 問い合わせ受付中!

DJI社 正規代理店である、株式会社 セキド(本社:東京都国立市、代表取締役社長:大下貴之)は、自社オンラインショップにて空撮用・赤外線カメラ『DJI Zenmuse XT』の製品紹介ページを公開。購入・取扱いを検討されているお客様は、専用お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。



[画像1: リンク ]

空中からの赤外線イメージ撮影を手軽に行うことが出来る画期的な製品として、注目を浴びる『DJI Zenmuse XT』。お客様からの反響も大きく、セキドオンラインショップにて製品紹介ページを公開致しました!

■DJI Zenmuse XT 赤外線カメラ/製品ラインナップ
リンク

■専用お問い合わせフォームはこちら
リンク

FLIRの最先端イメージング技術を統合した空撮用・赤外線カメラ『DJI Zenmuse XT』は、産業分野で広く活用が期待されています。

調査あるいはレスキューの目的であっても、3.1マイル(5KM+)までのHDビデオ配信とコントロールが可能なLightbridge app、オートメーション化されたPoint of Interest, CourseおよびHome Lock, Follow Meモード、DJI SDKなど、DJIの飛行システムの主な機能すべてにアクセスできます。高感度(50mk)で、640/30 fps 、もしくは 336/30 fpsの撮影が可能。微妙な温度差を可視化することで肉眼ではみえない世界のリアリティをあらわにします。(※メーカーサイトより)

■Inspire 1、Matrice 100といった、ドローンを用いた熱環境の観測
電源検査|ソーラーパネル検査|調査およびレスキュー|精密農法|消火活動 など

■被災地を上空から赤外線カメラで空撮
機器や建物の破損を見つけ出したり、行方不明になった人を発見するなど、さまざまなことが可能になります。

<製品の特徴>
Zenmuse XTは、DJI GO アプリを通じて完全にコントロールすることが可能で、カメラが捉えた画像をリアルタイムに、そして低遅延で表示します。また、以下の主なカメラ機能にも瞬時にアクセスすることが出来ます。

■スクリーン上の画像をタップするだけで、タップしたポイントの温度が確認できる
■選択したエリアの平均温度、最高温度、最低温度や位置の確認も可能
■温度の警戒閾値の設定も可能で、温度が検知されると自動で作動
■安定性のあるDJIのジンバルシステム
■デジタルズーム
■様々なビジネスニーズに対応できる4種類のレンズ
■360度回転するカメラはスムーズでクリアな映像を実現

その他、様々なパラメーターとカメラの設定が可能です。
詳細はセキドオンラインショップの製品紹介ページをご覧ください。

■DJI Zenmuse XT 赤外線カメラ/製品ラインナップ
リンク


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


<株式会社セキドについて>
株式会社 セキドは、DJI正規代理店です。東京に実店舗、横浜にフライト練習場を完備。
日本国内においてドローンの販売並びに各種サポート業務のリーディングカンパニーです。これまでに、定期的にドローン体験会や安全運用講習会を開催、延べ1,500名以上にご参加頂いております。専任テクニカルスタッフによる高度な品質の商品、サービスの提供を心がけ、お客様のご満足度を一層高めるよう、今後も邁進努力してまいります。

セキドのイベント過去実績はこちら
リンク

[画像5: リンク ]

リンク

SEKIDO DJI Experience Store(ドローン体験型ショールーム)
リンク

SEKIDO DJI ドローンフィールド(フライト練習場)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事