logo

YouTubeで見て、LINEで参加するAppBankの謎解きミステリー『呪われた撮影ルームからの脱出』大好評配信中!

AppBank 2016年05月12日 13時00分
From PR TIMES

 AppBank株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:宮下泰明、証券コード:6177)は、YouTubeとLINEを利用した視聴者参加型の動画企画『呪われた撮影ルームからの脱出』を2016年5月3日(火)に公開いたしました。そして、公開から1週間後となる5月10日(火)に、合計視聴回数が56万回を突破し、「謎解き」に正解した人数が8,400人を超えたことをお知らせいたします。




[画像1: リンク ]



■あらすじ
 マックスむらい、マミルトン、あいたかはしくん、ハラミン&ガルの5人は、YouTubeで人気の動画配信者たちだ。この日も、彼らはいつも同じと撮影ルームで、普段どおりに動画を撮ろうとしていたが……。

 撮影ルームに入ると、超常現象が起こり閉じ込められてしまった。そして、密室の中に響く正体不明の声により生死をかけた「謎解き」に挑むよう命令がくだされた!

 果たして、彼らは生きてこの部屋から抜け出すこのができるのだろうか!?

【配信ページ URL】
 リンク


■企画概要
 『呪われた撮影ルームからの脱出』は、AppBankのYouTubeチャンネルで公開された動画の中で出題される「謎解き」に、主人公たちと一緒になって視聴者の皆様にもチャレンジしていただく企画です。4つのチャンネルのすべての動画を視聴し、すべての問題に正解すると「脱出のキーワード」が入手でき、そのキーワードを指定のLINE@アカウント宛に送信すると、物語の結末がわかる「真のエンディング」を視聴するためのURLが受け取れます。


■場面写真

[画像2: リンク ]



■実績
 今回の企画では、YouTube上で誰もが見られる動画だけでなく、謎解きに正解することで視聴可能となる特別なコンテンツをご用意いたしました。これにより、多くの視聴者の皆様に「謎解きに正解し、LINEで脱出のキーワードを送る」という形で企画にご参加いただき、より深くコンテンツをお楽しみいただくことができました。

【視聴回数(YouTube)】
・謎解き動画合計:約560,000回
・真のエンディング:約9,500回
・バッド・エンディング:約10,000回

【謎解き参加者数(LINE)】
・正解者(真のエンディング視聴用URL獲得):約8,400件
・不正解者(バッド・エンディング用URL獲得):約7,600件


 ※ 本プレスリリースに記載の情報は発表時点の内容であり、予告なしに変更される場合があります。
 ※ 本プレスリリースに記載の会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事