logo

オリックス・レンテック、造形受託サービス用金属3Dプリンターを増設


オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:岡本 雅之)は、このたび、造形受託サービス向けの金属3Dプリンターを増設し、新たにアルミニウムを使用した造形受託サービスを開始しますのでお知らせします。

2015年6月に自社の東京技術センター(町田市)内に開設した造形受託サービス拠点「Tokyo 3D Lab.」に、独EOS社製「M290」を1台増設し造形品の受託能力を拡大します。また、航空宇宙、自動車、電機メーカーなどのお客さまからの要望が強いアルミニウム素材の造形に対応することで、お客さまへの納期短縮を図るとともに、幅広い種類の造形品をご提供します。

「Tokyo 3D Lab.」には、樹脂3Dプリンターも設置しており、ABSやPC、ULTEMなどさまざまな種類のプラスチック素材の造形受託を行っています。

オリックス・レンテックは、今後も最新の技術ノウハウを蓄積し、3Dプリンターを活用したさまざまなサービスをご提供することで、ものづくり産業の技術革新に貢献してまいります。

ご参考:2015年4月14日プレスリリース「最新の金属3Dプリンターを活用した造形受託サービスを開始」
URL:リンク

====================================================================
【本サービスに関するお問い合わせ先】
オリックス・レンテック株式会社 新規開発事業部 市古・伊井 TEL:03-3473-7574
【報道関係者からのお問い合わせ先】
オリックス株式会社 グループ広報部 堀井・中村 TEL:03-3435-3167
====================================================================

※オリックス・レンテックは、オリックス株式会社の100%グループ会社です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事