logo

ソロライダーの『ちょうどいい』を追求。 2ルーム構造の「ライダーズワンポールテント」を発売。

ビーズ株式会社 2016年05月11日 09時33分
From 共同通信PRワイヤー

2016/05/11

ビーズ株式会社

ソロライダーの『ちょうどいい』を追求。
2ルーム構造の「ライダーズワンポールテント」を発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2016年5月11日、同社アウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」より、バイクでのソロツーリングに最適な2ルーム構造の「ライダーズワンポールテント」を発売します。

 本製品は収納サイズ、寝室サイズ、前室サイズの3点に関して、ソロツーリングでの『ちょうどいい』を追求したワンポールテントです。

<収納サイズ>
 ワンポール構造の採用により、バイクに横向きに積むことも可能な長さ50cmに抑えました。 一般的なツーリングバッグにも収納可能で、扱いやすい大きさです。 コンプレッション式の収納バッグ付きで、バイクへの積載や持ち運びもしやすい設計。 軽量なアルミポールを採用して重量を2.55kgまで軽減しており、従来品と比べ携行性にも優れています。
<寝室サイズ>
 五角形のテントを半分に仕切る、変則的な形状のインナーテントを採用しました。 寝袋に入った大人1人が横になった状態で、ヘルメットや荷物もサイドに収まるサイズです。 入口を大きく逆T字型に開くことができるので、インナーテント内に座ったまま、前室のテーブルで食事や作業も行えます。
<前室サイズ>
1人用テーブルとロースタイルのチェアひとつを置くことができるサイズ。 別売りのポールを使用すれば、入り口を跳ね上げて影面積を拡大するなど、状況に応じた使用が可能な構造です。

 開発担当者は「従来のソロツーリングでは積載制限を遵守するため、快適性を犠牲にして就寝用のテントのみ、または無理をして大きめのテントを積み込むケースがありました。 ライダーズワンポールテントは1人での使用に特化することで、テントの収納性と快適性の向上を両立させ、これまでの不便さを解消しています。 積載制限をクリアできる、 広い前室付きのライダーズワンポールテントで是非、より満足度が高いソロキャンプを楽しんでほしいと考えています」とコメントしています。

【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】ライダーズワンポールテント  T1-442
【カラー】ブラック
【サイズ】展開時外寸:(約)W2900×D2900×H1830mm
     収納時:(約)W500×D140×H140mm
【インナーサイズ】(約)W2550×D1330×H1830mm
【収容可能人数】1名
【耐水圧】アウター:2000mm、フロア:3000mm
【重量】(約)2.55kg
【材質】テント生地:68D 190T ポリエステル、ポール:アルミニウム
【付属品】ペグ、ストームロープ、専用キャリーバッグ、取扱説明書
【希望小売価格】26,000円(税別)
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。