logo

テンプル大学ジャパンキャンパス・ロースクールが国際サイバーセキュリティ カンファレンスを5月25日に開催

テンプル大学ジャパンキャンパス 2016年05月11日 08時05分
From Digital PR Platform


テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都港区/学長:ブルース・ストロナク、以下TUJ)ロースクールは、産業界、政府、法曹界のリーダーをお招きし、サイバーセキュリティの責任の割り当てという課題について講演及びパネルディスカッションを開催する。同カンファレンスの内容に関する問い合わせは、メールtujlaw@tuj.temple.edu または電話 03-5441-9841まで。


◆"Safeguarding Cyberspace: Examining Cybersecurity Roles through Law, Policy and Business"
【日 時】 2016年5月25日(水) 11:30~18:30
【会 場】
 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区高輪 3-13-1)
 (アクセス:リンク
【定 員】 150名
【会 費】
・9,000円 (事前申込/5月20日(金)までに銀行振込完了の場合)
・10,000円(当日会場にて現金払)
【申 込】
 ホームページにて
 リンク
【備 考】
 本イベントは英語(日本語通訳なし)にて、一般公開となります。
 関係者以外の参加者による会場内での録音、撮影はご遠慮ください。

<< イベント概要 >>
 サイバーセキュリティは官民いずれにおいても深刻な課題の筆頭にある。蔓延するサイバー攻撃の脅威との戦いは、規制機関、政策立案機関、企業、ICT産業にとって、最優先事項となっている。しかしながら、サイバーリスクマネジメントにおける政府と産業界の役割を定義するという課題においては、ますます官民双方の緊張関係が高まっている状況である。今重要な問いは、すべての分野でいかにサイバーセキュリティに対する責任を割り当てるかということである。
 本カンファレンスでは、サイバーセキュリティー問題の責任負担を巡る緊張関係の源を探り、国内立法、国際規範、産業基準、技術協力など異なる対応モデルを模索するうえでの相対的なトレードオフを考察する。より広範には、政策関係者、学者、産業関係者へ開かれた対話の場を提供し、リスクマネジメントの観点からサイバーセキュリティに対処するためのグローバルコミュニティの課題を探求する。学際的、国際的な視点を交えることで、本カンファレンスはサイバーセキュリティに対する説明責任の問いに法律的、政策的、企業的観点から迫り、参加者に有益な情報を提供し、さらなる思考を促進するものとなるだろう。

<< 主な講演・登壇者 >>
- Sean Kanuck
 National Intelligence Officer for Cyber Issues, Office of the Director of National Intelligence
- Ryuichi Hirano
 Chief of International Strategy Group, National Information Security Center, Japan Government Cabinet Secretariat
- Duncan B. Hollis
 James E. Beasley Professor of Law and Associate Dean for Academic Affairs, Temple University School of Law
- William H. Saito
 Special Advisor, Cabinet Office - Government of Japan
- Ann Barron-DiCamillo
 Chief Technology Officer, Strategic Cyber Ventures (SCV) and former Director, United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)
- Angela McKay
 Director, Cybersecurity Policy and Strategy, Microsoft
- Mihoko Matsubara
 Chief Security Officer for Japan, Palo Alto Networks
- Harvey Rishikof
 Senior Counsel, Crowell & Moring, Privacy & Cybersecurity & Government Contracts Groups
- John Kirch
 Director, North Asia, Darktrace
  ほか
※講演・登壇者の最終リストは後日ウェブサイトにてお知らせします。

■テンプル大学ジャパンキャンパス・ロースクール
 1895年に創立された米国本校ロースクール(Beasley School of Law)は、米国法曹協会(American Bar Association/ABA)に認定されており、年間約1,000人のJ.D.(Juris Doctor)と約150人のLL.M.(法学修士号)の学生が学んでいる。
 ジャパンキャンパスでは、LL.M.学位や修了証書の取得に必要な単位をすべて日本で履修できるだけでなく、授業を聴講することも可能。授業はすべて英語で行われており、社会人の方の受講を考慮して平日夜間に開講している(まれに週末に開講するコースもある)。

■テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)
 リンク
 米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるテンプル大学の日本校で、1982年に東京で開校した。外国大学の分校として日本で最も長い歴史と最大の規模を誇り、2005年には文部科学省から外国大学の日本校として初めて指定を受けた。米国式カリキュラムに基づき、大学学部課程、大学院課程(教育学修士・博士課程、ロースクール、エグゼクティブMBAプログラム)、アカデミック・イングリッシュ・プログラム、生涯教育プログラム、企業内教育プログラムの7つの課程で、世界約60か国から約3,300名が学んでいる。

●同大ウェブニュースリンク
 リンク (日本語)

▼本件取材に関する問い合わせ先
 テンプル大学ジャパンキャンパス 広報・マーケティングサポート部
 〒106-0047 東京都港区南麻布2-8-12
 TEL: 03-5441-9801(平日9:00~17:30)
 FAX: 03-3452-3075
 E-mail: tujpr@tuj.temple.edu
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事