logo

プログラムが書けなくてもアプリ内課金を簡単にスタートできる 『itemstore』(アイテムストア)がオープン



 アプリ開発者向けmBaaSサービスの提供を行うカイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼CEO:後藤 崇)は、2016年05月10日(火)クラウド上で誰でも簡単にアプリ内課金を開始する事が出来るサービス 『アイテムストア(英名:itemstore)』を開始しました。

 『itemstore(アイテムストア)』は、アプリの収益化ツールであるアプリ内課金のプログラム実装が出来ない方でも、簡単にアプリ内課金を開始することができるクラウドサービスです。登録からアプリの公開までに要する時間は最短10分。デザインテンプレートを活用して、多彩なストアデザインが可能で、誰でも気軽にオリジナリティあるアプリ内課金を開始できます。アプリの収益化には、在庫の残らないデジタルアイテム販売(アプリ内課金)を始める事で広告以上の収益とコアユーザーを引き寄せることでしょう。

 アプリ内課金の市場はここ数年拡大しており、3兆円規模にまでなっております。しかし現状では大手ソーシャルゲームなどがその収益の大半を占めており、中・小規模のカジュアルゲームやその他ジャンルのアプリ群に関しては、アプリ内課金を導入したくても時間、予算、専門知識が足りずに導入が遅れている状況です。そのためアプリでの収益機会を逃している個人様・法人様は数多くいらっしゃいます。

 アプリ開発で大切なことは、ユーザーにアプリを長く利用してもらう事です。そのためにはアプリの企画、UI、UX、そしてユーザーサポートを重要視すべきです。アプリ内課金の開発に時間を投資するのでなく、ユーザーのための販売アイテムの企画に投資すべきと考えます。専門知識がなくてもアプリを作り、簡単にアプリ内課金を開始して、”ユーザー”から”ファン”になってもらえる、そんなアプリが多く生まれるために、当社はアプリ開発者向けの支援サービスを今後も提供していく予定です。



*アプリ内課金とは、(iOS・Androidなどの)スマートフォンアプリの中で追加のコンテンツ(ゲーム内で利用される通貨、アイテム、追加機能など)を購入できる仕組みです。

*『itemstore(アイテムストア)』開始には(iOSもしくはAndroidの)アプリを準備いただく事と、itunes connectもしくはGoogle Developers consoleにアイテム登録をしていただく必要があります。

『アイテムストア(itemstore)』
アクセス( リンク
利用料金( リンク
 ・トライアル:無料(導入アプリ数1本で3アイテムまでアプリ内課金可能)
 ・個人向け:月額 980円(導入アプリ数1本でアイテム数無制限でアプリ内課金可能)
 ・法人向け:月額 9,800円(導入アプリ数アイテム数ともに無制限でアプリ内課金可能)
プラットフォーム
 iOS / Android / Unity
運営会社
 名称:カイト株式会社 ( リンク )
 代表:代表取締役兼CEO 後藤 崇
 住所:東京都港区南麻布3丁目21-17-7F
 設立:2008年4月
 資本金:8,747万円(資本準備金含む)
 事業内容:MBaaSならびに広告配信プラットフォーム事業


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。