logo

上智大学でG7関連イベントを開催

学校法人上智学院 2016年05月10日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016/05/10

上智大学

上智大学G7 関連イベント開催のお知らせ
「Sophia Thinking of the World and Future Pre G7 Week」

上智大学では、G7 伊勢志摩サミットに先立つ5 月16 日(月)から21日(土)までの期間を「Sophia Thinking of the World and Future Pre G7Week」(G7 を前に世界とその未来を上智大学で考える1 週間)とし、3 つの関連イベントを実施します。

本学は、「叡智(ソフィア)が世界をつなぐSophia: Bringing the World Together」の理念のもと、カトリックの高等教育機関として、世界的なネットワークを活用しながら、教育、研究、社会貢献を行ってまいりました。今回は今月のG7 伊勢志摩サミットの関連会合により来日される要人の方々などを本学にお招きし、また本学の留学生を集め世界の諸問題に対して議論を行うイベントを開催いたします。
具体的には、5 月17 日は、小池百合子衆議院議員やGlobal Partnership for Education のCEO であるMs.Alice Albright らをお招きし、教育による女子・女性のエンパワーメントをテーマに国際シンポジウムを開催。18日はG7 メンバー各国の出身留学生を中心に行う学生によるG7 サミット、そして20 日にはEUの高等教育担当事務次官やトロント大学の高等教育研究者ジェーン・ナイト教授を招聘した国際高等教育のシンポジウムを開催。
今後も本学は国際社会での活躍する人材の育成を担って行きます。
「Sophia Thinking of the World and Future Pre G7 Week」で開催される企画は、以下の通りです。

【1】Education Summit 2016: Empowering Girls and Women through Education
昨年に世界の指導者が採択した持続可能な開発目標(SDGs)は、「だれ一人残さない」(leave no one behind)ことがその中心的理念である。そして、男女格差なくすべての人が公平で質の高い教育を受けられるようにすることが2030 年までの教育目標である。しかしながら、世界の不就学児の半数以上は女子であり、彼女らの教育機会は様々な壁に阻まれている。G7 伊勢志摩サミットを前にこの問題を取り上げ、教育によって女子や女性をエンパワーメントする方策を議論する。
■テーマ:教育による女子・女性のエンパワーメント
■日時:5 月17 日(火) 13:30~16:30
■場所:四谷キャンパス2 号館17 階国際会議場
■登壇予定者:
Ms. Yuriko Koike, Member of the House of Representatives of Japan
Ms. Alice Albright, CEO, Global Partnership for Education
Dr. Taro Komatsu, Professor, Sophia University
Dr. Takao Toda, Director General, Human Development Department, JICA
Mr. Hiroaki Umano, Program Manager, Plan Japan
Other Speakers to be announced
■対象:本学学生および教職員、一般(要事前申込)
■言語:日本語・英語(同時通訳あり)
■共催:上智大学・国際協力機構(JICA)・Global Partnership for Education(GPE)
■後援:外務省・教育協力NGO ネットワーク(JNNE)・ユニセフ東京事務所(予定)

【2】Sophia Student Summit
上智大学に集まり学ぶ留学生を中心とした学生サミットを開催します。
5 月26,27 日に開催されるG7 伊勢志摩サミットに先立ち、現代の国際情勢について学生たちが議論します。全体統括は本学国際戦略顧問の藤崎一郎特別招聘教授(前米国駐箚特命全権大使)。外交官時代のご経験や実際に行われてきたサミットの議論も交えていただきながら、より実践的な議論の場を創出します。
上智大学で学ぶG7 諸国も含む72 カ国・地域からの留学生たちは、まさに未来のグローバル・リーダー。それぞれの国の立場を考えつつ、世界の未来をともに考える機会です。
■日時:5月18 日(水)13:30~17:30 ■場所:四谷キャンパス2 号館17 階国際会議場
■議論テーマ:1)安全保障2)経済
■対象:本学学生および教職員、一般(要事前申込) ■言語:英語(同時通訳なし)
■主催:上智大学■後援:上智大学国際関係研究所

【3】Sophia Symposium for G7 Higher Education Seminar
(※本シンポジウムは文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」の補助金を受けて実施するものです。)
高等教育の国際化に伴い、今日では学生、研究者、プログラム、さらに教育研究機関そのものが国境を越えて移動するようになっている。こうしたアカデミック・モビリティをめぐる各国の政策の取り組み、ならびにEU やOECD、東南アジア教育大臣機構といった地域機構の経験をふまえ、競争と協力のもとに展開される国際高等教育の可能性と政策課題について議論する。
■テーマ:国際高等教育とアカデミック・モビリティ
■日時:5 月20 日(金)13:00~18:00 ■場所:四谷キャンパス2 号館17 階国際会議場
■内容:
1)Opening Remarks
Rev. Professor John Joseph Puthenkalam, Trustee for Global Academic Affairs, Sophia University
Mr. Hideto Matsumoto, Director, Office for International Planning, MEXT
2)Key Note Speech
Ms. Martine Reicherts, Director-General for Education and Culture, the European Commission
3)Panel Discussion1:Barriers to Academic Mobility and Policy Solution
4)Panel Discussion2:Towards Global and Regional Policy Development
5)Reflections
Dr. Jane Knight, Adjunct Professor, University of Toronto
■対象:国際交流担当者、本学学生および教職員、一般の方(要事前申込)
■言語:英語(同時通訳なし)
■主催:上智大学■協力:日本学生支援機構(JASSO)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。