logo

「失敗しない CRM 導入/運用定着化」サービスパック製品群の第一弾がMicrosoft Dynamics CRM を知り尽くした会社より待望のリリース

アーティサン株式会社 2016年05月09日 08時00分
From PR TIMES

CRMの導入および運用定着化を安価に実現し、「攻めのIT」としてビジネスにおける戦略的活用(パーソナライズドCRM)を支援するアーティサンの「CRM サービスパック製品群」

アーティサン株式会社(本社:東京都調布市、代表取締役:小山才喜、以下、アーティサン)は、同社が提唱するCRMの戦略的活用モデル「パーソナライズドCRM(個客関係管理)」の一環として、企業におけるCRMの導入と運用定着化を支援するための「CRMサービスパック製品群」として「運用保守/定着化支援 定額サービスパック」の提供を開始しました。



現在の第2世代CRM(プラットフォーム型CRM)システムは、弊社HPの「CRMの必要性」ページ(リンク)にも記載していますように、ガートナー社が提唱するBimodal ITにおけるモード2(存在しないサービスの実現)に位置付けられる製品で、導入前の投資対効果の予測が困難なため、今後のビジネスにおいて必須な反面、導入することそのものも難易度が高いシステムとなっています。しかし、最も困難と言われているのが活用を続け、ビジネスと共にCRMシステムも成長させ続けるための定着化だと言われています。

また、もうひとつ日本固有の問題としてITシステムの運用をSIerにアウトソーシングしてしまっていることによって、ユーザー企業のIT技術者数が他のIT先進国に比べて圧倒的に少ないため、ビジネス部門とIT部門がスピーディーに連携出来ないという問題を抱えています。

これはアーティサンが提唱・推進する”プラットフォーム型CRM”と”マーケティング4.0(自己実現)”をベースとしてCRMシステムの”攻めのIT”における戦略的活用および知的生産性向上のコンセプトモデルである「パーソナライズドCRM(個客関係管理)」(パーソナライズドCRM(個客関係管理)とは:リンク)を適用したいと考えるなら、より顕著な問題となります。

これらの成功のカギとなる大きな要因が、今や企業経営の中枢とも言えるITシステムの運用保守を外部ベンダーにアウトソーシングするのではなく、ユーザー企業のIT部門が中心となる”あるべき形”にすることであり、同時にIT部門の導入システムに対する技術力向上が必要と言えます。

そこで、弊社は絶えず要望をいただくこの件に関して、これまでの経験およびスキルをユーザー企業のIT部門に提供し、CRMシステムに対する技術力や活用方法を理解していただき、それを基にビジネス部門とのスピーディーな連携を実現させ、CRMシステムを戦略的活用するために成長させ続けられる基盤作りを支援する「Dynamics CRM 運用保守/定着化支援定額サービスパック」製品を提供することになりました。

・Dynamics CRM 運用保守/定着化支援定額サービスパック製品ページ:リンク

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



【アーティサン株式会社について】
2014 年7 月に設立。アーティサン株式会社は、東京都調布市の本社を始め大阪・広島・沖縄の各地に拠点を構え、自社製品の提供やマイクロソフト製品(Dynamics CRM、SharePoint、Office、Exchange、Active Directory、Office 365、Microsoft Azure など) を使ったシステムの提案支援、要件定義支援、設計、構築、運用・保守、開発支援コンサルティング等を提供しています。
当該製品をリリースするCRM事業本部はプラットフォーム型CRMの第一人者が率いる国内トップクラスのCRM経験と実績を持つ組織で、他社にはないノウハウを高品質・低価格で提供し、国内外の顧客や多くのCRMベンダーを支えています。
URL:リンク
CRM事業本部ブログ(知識創造研究室):リンク

【本プレスリリースおよび製品に関するお問合せ先】
アーティサン株式会社 CRM事業本部 担当 : 松原
E-mail:crm_info@artisan.jp.net
Tel : 042-444-4815

・Microsoft、Dynamics、Office 365、Azureは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事