logo

アインシュタインが予言した重力波の観測に基礎物理学特別ブレークスルー賞を授与

ブレークスルー賞 2016年05月06日 14時53分
From 共同通信PRワイヤー

アインシュタインが予言した重力波の観測に基礎物理学特別ブレークスルー賞を授与

AsiaNet 64297 (0555)

【サンフランシスコ2016年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*これまでのブレークスルー賞(Breakthrough Prize)受賞者で構成される選考委員会は、10億光年以上離れたところで2つのブラックホールの衝突から生じた重力波を記録した実験のコントリビューターを表彰

*LIGO創設者のロナルド・W・P・ドレーバー(Ronald W.P.Drever)、キップ・S・ソーン(Kip S. Thorn)、ライナー・ウェイス(Rainer Weiss)の各氏と発見に貢献した1012人のコントリビューターで分け合われる。

基礎物理学ブレークスルー賞の選考委員会は3日、重力波の極めて重要な発見に寄与した科学者とエンジニアを表彰する基礎物理特別ブレークスルー賞を発表した。この発見は2016年2月11日に発表された。

特別ブレークスルー賞は、並外れた科学業績が認められればいつでも表彰される。300万ドルの賞金は受賞グループ2組で分かち合う。Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory(レーザー干渉計重力波天文台)(LIGO)創設者3人が100万ドルを等分に分け合い、実験に貢献したコントリビューター1012人は200万ドルを分け合う。

創設者はカリフォルニア工科大学のロナルド・W・P・ドレーバー物理学名誉教授、同大学のキップ・S・ソーン理論物理学名誉教授、マサチューセッツ工科大学のライナー・ウェイス物理学名誉教授の3人。

賞金を分け合うコントリビューターは、LIGOとその関連実験のVirgo Collaborationに関与した多数の機関による重力波発見について詳述した論文の執筆者1005人が含まれている。またLIGOの成功に重要な貢献をした7人の科学者も賞金を分け合う。コントリビューターの氏名は以下に示すウェブサイトを参照。

受賞者は2016年秋の2017年ブレークスルー賞授賞式で表彰される。同授賞式では、毎年恒例の基礎物理学ブレークスルー賞(特別賞とは異なる)も生命科学および数学ブレークスルー賞とともに授与される。これらの賞の受賞候補者は2016年5月31日までに発表され、ウェブサイトリンク に掲載される。

2013年に特別ブレークスルー賞を受賞したスティーブン・ホーキング氏は「今回の発見は極めて有意義である。それは、まず第1に一般相対性理論とブラックホールの相互作用に関する予言の証拠となるものであり、2つ目には異なる媒体によって宇宙を解明する新しい天文学の始まりでもある。LIGOチームは特別ブレークスルー賞を受けるに十分ふさわしい」と語った。

ブレークスルー賞創設者の1人であるユーリ・ミルナー氏は「一人の無類な天才、多数の偉大な科学者たち、そして宇宙それ自体の創作力が合体し、完璧な科学小説を作り上げた」と語った。

選考委員会のエドワード・ウィッテン委員長は「この素晴らしい業績によって、われわれはアインシュタイン理論の優れた所業の一部を初めて観察することが可能となる。私の学生時代にはほとんどサイエンスフィクションだったブラックホールの理論的概念が今、現実のものとなった」と語った。

▽LIGO
LIGOの重力波検出装置は1960年代に着想され、研究開発が始まった。LIGOはアインシュタインの一般相対性理論で予言された重力波を観測する目的で、米国の国立科学財団と協力してカリフォルニア工科大学とマサチューセッツ工科大学によって1994年から2003年にかけて構築された。2010年から2015年にかけて大幅な性能向上が図られ、その直後に地球を通過する際に時空構造をゆがめる重力波を観測した。米ワシントン州ハンフォードとルイジアナ州リビングストンにあるLIGOが保有する4キロメートルの観測所2カ所で検出されたひずみは、1メートルの「10億分の1の10億分の1」よりも小さかった。重力波は、13億光年離れたところで衝突した太陽の質量の30倍ある2つのブラックホールから発生した。この発見は重力波天文学の新しい時代の幕開けとなり、自然界で最もドラマチックで激しいいくつかの現象と初期宇宙の謎に対する窓を開くことになる。

▽基礎物理学特別ブレークスルー賞
基礎物理学特別ブレークスルー賞は、毎年恒例の通常の指名候補プロセスを通じて授与されるブレークスルー賞のほかに、いつでも選考委員会によって授与される。特別賞の受賞者には、ヒッグス粒子を発見した大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider)チームのリーダー7人がいる。

2016年基礎物理学特別ブレークスルー賞の選考委員会には、ニマ・アルカニハメド、リン・エバンス、マイケル・B・グリーン、アラン・グース、スティーブン・ホーキング、ジョセフ・インカンデラ、梶田隆章、アレクセイ・キタエフ、マキシム・コンツェビッチ、アンドレイ・リンデ、アーサー・マクドナルド、フアン・マルダセナ、ソール・パールムッター、アレクサンドル・ポリャコフ、アダム・リース、ジョン・H・シュワルツ、ネイサン・サイバーグ、アショク・セン、王貽芳、エドワード・ウィッテンの各氏が名を連ねている。

▽基礎物理学ブレークスルー賞
基礎物理学ブレークスルー賞は人類の知識に深く貢献した個人を表彰する。これは宇宙の最も不可解な謎に取り組む理論、数学、実験の全分野の物理学者に門戸を開いている。賞金は何人もの科学者の間で分割されることが可能。

基礎物理学ブレークスルー賞と基礎物理学特別ブレークスルー賞はMilner Global Foundationからの寄付で賄われる。

▽ブレークスルー賞
今年で5回目となるブレークスルー賞は世界トップの科学者を表彰する。各賞の賞金は300万ドルで、生命科学(各年最大5件)、基礎物理学(各年1件)、数学(各年1件)の分野で贈呈される。さらに、物理学で最大3件のニューホライズン(New Horizon)賞、数学で最大3件のニューホライズン賞が毎年、若手研究者に贈られる。受賞者は、業績を祝福するとともに次世代の科学者を励ます狙いがあるテレビ中継の授賞式に出席する。受賞式のスケジュールの一環として、受賞者は講演と討議のプログラムに参加する。ブレークスルー賞はセルゲイ・ブリンとアン・ウォジツキ、ジャック・マーとキャシー・チャン、マーク・ザッカーバーグとプリシラ・チャン、ユーリとジュリア・ミルナーの各氏によって創設された。過去のブレークスルー賞受賞者で構成する選考委員会が受賞者を選ぶ。

ブレークスルー賞に関する情報はウェブサイトwww.breakthroughprize.org を参照。

▽2016年基礎物理学特別ブレークスルー賞
表彰:天文学と物理学の新しい地平を開く重力波の観測に対して

賞金受賞者(1015人):
Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory(LIGO)の創設者
カリフォルニア工科大学のロナルド・W・P・ドレーバー
カリフォルニア工科大学のキップ・S・ソーン
マサチューセッツ工科大学のライナー・ウェイス

LIGOの成功に重要な貢献を果たしたコントリビューター(1012人)。コントリビューターの氏名および所属機関はウェブサイトリンク を参照。

ソース:Breakthrough Prize

▽報道関係問い合わせ先
media@breakthroughprize.org
RUBENSTEIN, New York, NY
Janet Wootten
jwootten@rubenstein.com
+1.212.843.8024

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事