logo

Kokamのバッテリーソリューションは業界最高のエネルギー密度で無人システム稼働時間を拡大

Kokam 2016年05月02日 10時22分
From 共同通信PRワイヤー

Kokamのバッテリーソリューションは業界最高のエネルギー密度で無人システム稼働時間を拡大

AsiaNet 64222(0521)

【ソウル2016年4月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*軍事、商業、工業分野の無人システムメーカーはKokamのUltra High Energy NMCバッテリーを使用して、UAV、UGV、USV、UUVにより大きなエネルギー、ないしはより多くのコンポーネントを搭載することが可能になる。

革新的なバッテリーソリューションで世界をリードするプロバイダーKokam Co., Ltdは27日、同社の最新鋭Ultra High Energy Nickel Manganese Cobalt(NMC)バッテリー技術に基づく、さまざまな最新の高エネルギー・バッテリーソリューションを発表した。業界をリードする重量エネルギー密度265Wh/kgを誇る新しいソリューションは、軍事、商業、工業分野の無人システムメーカーがシステム・バッテリーの重量、サイズを増やさなくても、無人航空機(UAV)およびドローン、無人地上車両(UGV)、無人水上艦(USV)、無人潜水艦(UUV)により大きなエネルギーを搭載できるため、システムの稼働時間を拡大し、追加コンポーネントをシステムに搭載することを可能にする。

重量エネルギー密度265Wh/kgのKokamの最新Ultra High Energy NMCバッテリーソリューションは、市販されている他の無人システム・バッテリーソリューションよりも高いエネルギー密度がある。市販のバッテリーソリューションは通常、150Wh/kgから200Wh/kgである。

Kokamのアイク・ホン副社長(電力ソリューション部門担当)は「軍事、商業、工業分野の顧客は、信頼性や性能を犠牲にすることなく、より長い稼働時間と機能を備える無人システムを望んでいる。Kokamの最新Ultra High Energy NMCバッテリーソリューションはこの需要に合致し、メーカーが無人システムにより大きなエネルギーを搭載して稼働時間を拡大するか、ないしはバッテリーのサイズを縮小しより多くのコンポーネントを追加することを可能にする」と語った。

Kokamの新しいセルは10アンペア時(Ah)から240Ahまでの容量で提供され、個別セル、パッケージ、ないしは完全なシステムで購入できる。Kokamはさまざまなサイズと重量でこのバッテリーソリューションを提供し、セル、パッケージ、システムのサイズを注文に応じてカスタマイズできる。

Kokamは1999年から無人システム市場にバッテリーソリューションを提供してきた。現在、世界の業界リーダーのトリンブル(Trimble)、ECA Group、FT Sistemasなど軍事、商業、工業分野におけるシステムメーカー10数社がKokamのバッテリーソリューションを使用し、UAV、UGV、USV、UUVを稼働させている。現在、世界の多数の軍隊は航空、地上、水上、水中での重大任務のためにKokamバッテリーで稼働する無人システムを使用している。

KokamはXPONENTIALのブース1572で、高性能無人システム・アプリケーション向けのHigh Power NMCバッテリーソリューションとともに、最新のUltra High Energy NMCバッテリーソリューションを展示する。

▽Kokam Co., Ltd.について
世界に認められた製造特許技術を誇るKokam Co., Ltd.は、幅広いリチウムイオン/ポリマー・バッテリーソリューションを、軍事、航空宇宙、水産、電気自動車(EV)、エネルギー貯蔵システム、産業市場を含む50カ国以上の数多くの多様な業界顧客に提供してきた。150件以上のバッテリー関連特許と650メガワット時の現場実績を擁するKokamは、革新的な先端技術バッテリーソリューションを提供する実績あるリーダーである。詳細はウェブサイトwww.kokam.comを参照。

▽報道関係問い合わせ先
Ike Hong, Business Development / Marketing
Vice President of KokamCo.,Ltd
Tel: +82-31-362-0137
battery@kokam.com

Cecilia Park
Strategic Marketing Manager
Tel: +82-31-362-0192
cecilia@kokam.com

ソース:Kokam

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。