logo

Rails技術者認定試験を受験された感想

Ruby on Railsの学習の総チェックにRails技術者認定試験がお勧めです。

Rails技術者認定試験運営委員会(本拠地:東京都世田谷区、委員長:吉政忠志)はここ数か月のRails技術者認定試験を受験された感想の一部を公開しました。

受験を考えている方は、ご参考ください。
###
力試しになる。自分の知識がどの程度か、わかりやすく示すことができる。
業務ではなるべくわかりやすく正しい記述方法を選択する必要があるため、記述のパターンが決まってくる。試験の受験およびそのための学習では普段と異なる記述方法やRailsの仕組みに触れることができて理解が深まった。
全体的にRuby on Railsの詳細なところがよく理解できるようになりました。試験を受けなければ、使う部分しか勉強しないと思います。
技術を見直し、プロジェクトで使用していない部分も勉強できた。
部分的な知識だけでなく、全体を通して体系的に勉強できたから
Railsに関する知識がより深まるようになった。
"体系的な知識を学習するのに役立つ。
ただし、学習コンテンツを充実した方がよいと思われる。"
知らなかったところが身に付いた
普段業務で使用していない機能や仕組みについて理解していなかった箇所がいくつもあったので再認識できた
試験に向けての学習で、より知識が増えたと思うため。
業務で使用した部分の復習ができた。また、業務の中ではなかなか使っていないRailsの知識を得るきっかけになった。
普段の業務では使用しない機能を知ることができてよかったです。
教材よりもはるかに試験のほうが難しく感じました。
###

ご評価いただいている点もありますが、改善するべき点のご意見もいただきました。参考にし、今後に活かします。ありがとうございました。

Rails技術者認定試験については以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。