logo

筑波学院大学が高校生保護者向けガイダンスを開始

筑波学院大学 2016年04月29日 08時05分
From Digital PR Platform


筑波学院大学は、進学説明会として5月から高校生の保護者向けガイダンスを毎月、ウイークデーの17:00から19:00まで開催する。日程は、大学ウェブサイトで発表する。


 筑波学院大学(茨城県つくば市 学長大島愼子)は5月から、高校生の保護者向けガイダンスをウイークデーの夕方17:00から19:00の間に開催し、通常日曜日に行われるオープンキャンパスに日程の都合で参加できない保護者へ個人対応すると発表した。 

 これは、大部分の高校生がオープンキャンパスに保護者同伴で参加する状況の中、保護者との個別相談が増えている状況に対応するためである。

 同大では、オープンキャンパスに参加する保護者のために、2011年より保護者用のカフェを開き、高校生が模擬授業やキャンパスツアーに参加している間に、カフェで教員がコーヒーをサービスして保護者と懇談し、経済支援や個別相談に応じる時間をつくってきた。茨城県が地理的に広大であり、オープンキャンパスには公共交通機関よりも保護者が乗用車で高校生を送迎する場合が多いことも一因であるが、これは大学入学後に、保護者との連携を重視する大学の姿勢を表すためである。
 同大では担任制度を設け、年2回の保護者会開催や個人面談、就職相談を行っており、入学式直後に、新入生の保護者に就職ガイダンスを開催している。 

 また、一昨年より7月に高校生と保護者用に授業公開を行い、通常の授業を見学する機会を設けている。

 このたび、日程が日曜日に限られているオープンキャンパスに参加できない保護者のために、個別相談の時間を設けて、入学前、受験前から保護者とのコミュニケーションの機会を設けることになったものである。

 日程は、月初めにウェブサイト上、リンクで告知し" target="_blank">リンクで告知し、月2回ほどの予定で、職員が授業内容から奨学金、就職支援など各種の相談に応じる。予約の必要は無い。

▼本件に関する問い合わせ先
 入試広報グループ
 TEL: 029-858-4815

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事