logo

~パルコ・シティPepper向け「SCコンシェルジュ(R)ロボ」アプリ第1弾~ 業界初!池袋PARCOに多言語でインフォメをサポートするロボが登場!

株式会社パルコ・シティ 2016年04月28日 16時00分
From DreamNews

 パルコグループで、ショッピングセンター・小売業向けにIT・Webコンサルティング事業を展開する株式会社パルコ・シティ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川瀨賢二、以下、パルコ・シティ)は、ショッピングセンターのインフォメーション業務を多言語でサポートするPepper向けアプリケーション「SCコンシェルジュ(R)ロボ」をインストールしたPepperを、2016年4月28日(木)から5月23日(月)の期間限定で、東京都豊島区の「池袋PARCO」に設置します。


■「SCコンシェルジュ(R)ロボ」@池袋PARCO 概要
【設置場所】 池袋PARCO 本館1F インフォメーションカウンター横
【設置期間】 2016年4月28日(木)~5月23日(月)
【稼働時間】 10:00~21:00 予定 ※日により変更の可能性あり

【「SCコンシェルジュ(R)ロボ」ができること】
1. お客様が話かけると、池袋PARCO館内のショップや設備、周辺の情報を、日本語、英語、中国語の3カ国語で教えてくれます。

2. お客様は、探しているショップの名称、「パンプス」「デニム」「Sushi」などのアイテム名、「トイレ」「ATM」などの設備、「池袋駅」「サンシャイン60」など周辺施設の名称を伝えることで、該当するショップの場所や、設備・施設の候補の一覧を表示してくれます。

3.ご案内をしていない時は、耳より情報を教えてくれたり、今日の天気、ロボが認識したお客様の性別・年代や感情、お召しの服の色などをネタに雑談をします。



■「SCコンシェルジュ(R)ロボ」概要
(1)ショッピングセンターのインフォメーション業務をサポートする機能がAll in One
 ・会話とタブレットで、ショップ、施設の設備、イベント情報、周辺情報などをご案内
 ・日本語、英語、中国語に対応※
 ・ホームページの情報とも連携可能
 ※中国語での会話はPepper for Bizのみ対応。一般モデルはモニターでの操作のみ

(2)専門知識不要!いつでもパソコンからPepperの「セリフ」「画像」を変更可能
 ・イベントや特設売場の状況に応じて、管理画面からPepperの挙動を変更可能※
 ※次フェーズにて実装予定

(3)会話の内容、タブレットの選択肢から、お客様のニーズがわかる
 ・お客様の「年齢」「性別」「感情」「会話の内容」を蓄積・データ化し、分析に利用可能


■「SCコンシェルジュ(R)ロボ」予定販売価格
 ・初期導入費:200万円~ 月次費用:5万円~、運営代行:5万円~
   ※Pepper本体は含まれておりません。お客様が直接ソフトバンクロボティクス社とご契約ください。


■株式会社パルコ・シティについて
都市型商業ディベロッパー、パルコのグループ会社で、「SCではたらく全てのひとへ。」をコンセプトに、2000年の創業より一貫してSC・小売向けの Web・ITサービスを手掛ける。統合パッケージ「SCコンシェルジュ(R)」を通じた顧客向け情報発信、集客支援のほか、オムニチャンネル化支援、採用 支援、テナントとのコミュニケーション支援、マーケティングなど、全国で約100のショッピングセンターを支援している。
リンク



※本アプリは、ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社で独自に開発したものです。
※株式会社パルコ・シティは、ソフトバンクロボティクス社の「Pepperパートナープログラム」
 によりPepperアプリ開発パートナーとして認定された「ロボアプリパートナー(Basic)」です。
・株式会社パルコ・シティ 認定ID: PPP201601004
 Pepperパートナープログラムとは:リンク
※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社パルコ・シティ
Webコンサルティング1部
TEL:03-3477-8910
otoiawase@parco-city.co.jp




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事