logo

4か国語のおしゃべりで訪日外国人を“おもてなし” インバウンド対応自動販売機登場!

ダイドードリンコ株式会社 2016年04月28日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月28日

ダイドードリンコ株式会社

「ニーハオ」「アニョハセヨ」「ハロー」「こんにちは」
4か国語のおしゃべりで訪日外国人を“おもてなし”
インバウンド対応自動販売機登場!

 ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:高松富也)では、訪日外国人向けの“おもてなし”として、「おしゃべり機能」などを活用したインバウンド対応自動販売機を本年4月より導入いたします。

 この取組みは訪日外国人の特性を踏まえ、(1)中・韓・英・日の4か国語および男女を選べる音声選択機能を搭載、(2)中国で縁起が良いと言われる8が揃えば当たりになる「8888」ルーレットを搭載、(3)購入方法および商品の紹介をする外国語対応ステッカーを貼付、(4)対象自動販売機を選別 などを実施し、自動販売機をより身近な日本の文化として親しんでいただくものです。まずは、大阪・京都を中心に導入し、効果を検証しながらエリアの拡大を進めてまいります。

 当社では、飲料売上高の約85%を占める自動販売機を“店舗”ととらえ、お客様や地域の皆様とのコミュニケーションを図る手段として「おしゃべり機能」や「ルーレット機能」などを導入し、全国に展開してまいりました。こうした当社独自の“おもてなし”を訪日外国人にも感じていただけるものと期待しております。

 今後も当社では、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」をグループ理念に、地域密着型企業として、豊かで元気な社会づくりへの貢献を目指してまいります。

(1)音声選択ボタン(中国語、韓国語、英語、日本語の4か国語を男性・女性の声で喋り分け)

(2)ルーレット「8888」で当たりに設定(当たれば1本プレゼント)

(3)購入方法および商品の紹介をするステッカーを貼付
 ・購入方法説明ステッカー
 ・商品紹介ステッカー

(4)対象エリアの自動販売機を選別
 訪日外国人が多く訪れるエリアにおいて、中でも当社の自動販売機付近を通る可能性が高い設置場所を選定



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。