logo

ポルシェ ミュージアムによるトランクアクスルの40年へのオマージュ

ポルシェジャパン株式会社 2016年04月28日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016/4/28

ポルシェAG

ポルシェ ミュージアムによるトランクアクスルの40年へのオマージュ
2016年4月27日から10月16日まで特別展示を実施

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)のトランスアクスルモデルは、理想的なスポーツカーを体現している一方で、ポルシェの歴史から見ると独創的な存在です。その歴史は1976年にトランスアクスルパワートレーンの駆動方式を導入し新たな領域を開拓したタイプ924まで遡ります。そして、1976年-1995年の約20年間で、911で確立された原理とは全く異なる、タイプ924、928、944および968を生み出しました。924のデビューから40周年を迎えるにあたり、ポルシェミュージアムでは、特別展示「トランスアクスルの時代。924から928まで。」を設け、選びぬかれた23台の車を展示します。それらのうち半数以上がミュージアムにおける初展示となります。

トランスアクスルモデルは、発売当時、目覚ましい成功を収め、この新しいドライブトレーンをもつモデルの販売台数は、全世界で約400,000台に達しました。このような成功の背景となったのが、スポーツ性と居住性・快適性を同時に実現するというポルシェ特有の理念です。ポルシェミュージアムは、厳選された市販車とレーシングカーの展示に加えて、特定の展示ホールにしか置かれていなかったプロトタイプコンセプトカーも展示します。これには当初、エントリーモデルとして供給されていたポルシェ924の多彩なバージョンが含まれます。また、生産には至らなかったものの、944ガブリオレのデザイン開発に寄与した1979年の924ターボ タルガ プロトタイプが初めて展示されます。

ポルシェ928は、1977年3月にジュネーブモーターショーでデビューし、当初は911の後継車となる予定でした。このモデルは、大幅に改善された快適性と大容量のトランクによって、グランツーリスモのラグジュアリースポーツカーとしてまったく新しい道を切り開きました。そして928は、発表されてからわずか1年後の1978年に、“カー・オブ・ザ・イヤー”に選出された唯一のスポーツカーとなりました。928シリーズのポテンシャル拡張の一環として、1987年の春にカブリオレバージョンの開発が開始されましたが、これは、調和のとれたデザインにもかかわらず、決して生産されることのなかった928 S4カブリオレ コンセプトカーで終焉を迎えることになります。この唯一のプロトタイプも、他の5台の928モデルと一緒に特別展示において展示されます。

1981年9月にはタイプ944が続きました。944は、924と163PSの4気筒エンジンを搭載した911とを結びつけるモデルとして位置づけられました。特に928から派生したポルシェ エンジンによって、944は当初から“純血の”ポルシェとして受け入れられました。実際これほど短期間に数多く販売されたポルシェ モデルは過去にありませんでした。1991年に生産が終了するまでに、合計で163,302台の944が製造されましたが、特別展示には、初めて公開される1985年のカブリオレコンセプトカーなども含まれています。フラミンゴピンクに塗装されたこのモデルは、触媒コンバーター、エアバッグ、およびABSを装備し、183PSの4バルブエンジンによって識別されます。944カブリオレの初代コンセプトは、1985年のフランクフルトモーターショーでデビューしました。特別展示されるその他の944モデルとして“ルナ”プロジェクトが含まれます。これは、1987年にオーストリア出身のゲルハルト・ブラットナーによって実施された耐久テストがベースになっています。彼は、北米からヨーロッパを経由してアジアまでの384,405kmを258日で走破しました。これは地球から月までの距離に匹敵します。

15年にわたるテクノロジーの進歩の成果とも言えるポルシェ968で、トランクスアクスル時代の終焉を告げます。その中心となったのが、4気筒自然吸気エンジンとしては世界で最も強力なトルクと最高出力240PSを誇る3リッター4気筒エンジンでした。来場者は、元チーフデザイナーのハーム・ラガーイの指揮の下で1992年に製造されたポルシェ968のロードスターコンセプトも見学することができます。このプロトタイプの主な特徴はフェンダーの滑らかで力強いフォルム、ダイナミックなコックピット、そして心をかき立てるインテリアです。1992年末に、968ロードスタープロジェクトは1993年初めに公開されたボクスター コンセプトカーに後を引き継いで引退しました。

ポルシェは、トランスアクスルシリーズのレストアにも力を注いでいます。ポルシェ クラシックは、通常10年以上前に生産が終了した全車両のサービスを展開しています。サービスには、カーケアと各種の資料から、オリジナルパーツの供給とアフターマーケットパーツの製造、および完璧なレストアに至るまであらゆる面でのサポートが網羅されています。現在、全世界で合計52,000のオリジナルパーツを入手することができます。ポルシェは、モダンクラシックとビンテージカーのケアと価値の維持を、ポルシェの伝統と革新に密接に連携する画期的なサービスで体現しています。パーツプログラムの詳しい情報と詳細はリンクをご覧ください。

5月22日(日曜日)は、“国際博物館の日”で、ポルシェミュージアムは“トランスアクスルデー”を実施します。当日は入場無料で、特別展示について多数のガイド付きツアーが実施されます。さらに、プライベートオーナーが、ミュージアムの周囲の各駐車場にトランスアクスル車を展示します。来場者は、ミュージアムへと続く入口広場、ロジスティクス中庭、支店正面でこれらの車を見学することができます。また、メインとなる催し物は、ミュージアム内ショップにおけるトランスアクスルに関する講演です。これらのモデルに関連の深い時代の証人たちが、924、928、944、および968モデルの開発と成功にまつわる思い出を語ります。

ポルシェ ミュージアムは、火曜日から日曜日の午前9時から午後6時まで開館しています。詳しい情報はリンクをご覧ください。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事