logo

HNAツーリズム・グループがカールソン・ホスピタリティー・グループとカールソン・ホテルズ買収契約を締結

カールソン・ホスピタリティー・グループ 2016年04月28日 10時37分
From 共同通信PRワイヤー

HNAツーリズム・グループがカールソン・ホスピタリティー・グループとカールソン・ホテルズ買収契約を締結

AsiaNet 64237

成長促進力の強化、主要ブランドの拡大、ゲストのクラス最高のホスピタリティー体験の強化により、国際的ホスピタリティーでのプレゼンスを強固にするHNAツーリズム・グループとカールソン・ホテルズの提携です。カールソン・ホテルズの本部は、引き続きミネソタ州ミネトンカに置きます。

北京(中国)、ミネアポリス(米国)、2016年4月28日/PRニュースワイヤー/ --

HNAグループの事業部であり、航空、観光、ホスピタリティー、金融、オンラインサービスなどで事業展開し、フォーチュン・グローバル500にランキングされたHNAツーリズム・グループとカールソン・ホスピタリティー・グループは本日、Quorvus コレクション、ラディソン・ブルー(R)、ラディソン(R)、ラディソン・レッド(R)、パーク・プラザ(R)、パーク・イン(R)バイ・ラディソン、カントリー・インズ&スイーツ・バイ・カールソン(SM)の各ブランド、クラブ・カールソン(SM)・グローバル・ホテルのポイントプログラムを所有するカールソン・ホテルズの買収契約(以下「契約」とします)を締結したことを発表しました。

写真: リンク
ロゴ: リンク

HNAツーリズム・グループとカールソン・ホテルズの提携により、デジタル、主要玄関都市の所有財産、ラディソン・レッドの建物および他のブランドなどの分野への投資で成長促進力を強化します。

カールソン・ホスピタリティー・グループ最高経営責任者のデヴィッド・P・バーグは、「カールソン・ホテルズは、強力な一連の世界的ブランドを所有しており、この歴史的契約が成長の大きなチャンスをもたらします。評判の高いグローバル企業であるHNAツーリズム・グループで働くことを楽しみにしております。それはカールソン・ホテルズの歴史において心躍る新たな章となることでしょう」と述べました。HNAツーリズム・グループの一員としてのカールソン・ホテルズにとっては、世界中でゲストにホスピタリティーを提供するというコミットメントを高める機会となるでしょう」と述べました。

カールソン取締役のダイアナ・ネルソンは、「私の祖父であるカート・カールソンが1938年にわが社を設立して以来、人々のチャンスと世界の好ましい変化を生み出す事業を一家で営んできました。わが社の心にはホスピタリティーがあるので、これは難しい決断でした。会社の価値と伝統をきちんと理解するHNAツーリズム・グループにわが社のホテル事業を売却することが、長期的に見れば会社を成功させ、祖父の遺産に忠実であるための最良の方法だと強く確信しています」と述べました。

HNAツーリズム・グループ取締役でHNAホスピタリティー・グループ会長兼CEOの白海波は、次のように述べました。「私どもはカールソン家に深い尊敬の念を抱いており、その歴史と特別な文化の素晴らしさを実感しています。カールソン・ホテルズの世界的な成功と強く持続可能な成長の可能性は、同社の世界的ブランド、たゆまぬ革新、卓越した経営、および従業員主体の独自の文化の証であり、そのどれもが米国市場でのわが社のプレゼンスを確立し、ホスピタリティーでの拠点を国際的に拡大するための提携の一環となります。私どもは同社の経営チーム、従業員、フランチャイズパートナー各社、サプライヤー、お客様と協力して、多額の投資で成長を促進できることを期待しています」

カールソン取締役会において満場一致で承認された契約条件によれば、HNAツーリズム・グループは、レジドール・ホテル・グループ(株式公開)(以下「レジドール」とします)の株式の過半数である約51.3%、ブリュッセルを拠点するヨーロッパ、中東、アフリカでのカールソン・ホテルのマスターライセンシーを含むカールソン・ホテルズのすべてを取得します。取引成立でレジドールの管理が間接的に変化するため、レジドールの所有権が30%以下にまで売却されなければ、HNAツーリズム・グループはスウェーデンの企業買収規則により、取引成立後4週間以内にレジドールの残り約48.7%の義務的株式公開買い付けを開始しなくてはなりません。そこでHNAツーリズム・グループは、レジドールの残りの株式の義務的公開買い付けを開始するか、レジドールでの所有権を30%以下にするかのどちらかを取引成立後4週間以内に決定しなくてはなりません。HNAツーリズム・グループが義務的株式公開買い付け開始を決定するなら、スウェーデンの企業買収規則およびスウェーデン証券委員会(SSC: Swedish Securities Council)決定(1)により、このような義務的株式公開買い付けの最低価格は、2016年4月27日付カールソン・ホテルズ買収契約締結の発表直前20営業日の出来高加重平均価格(VWAP)となります。HNAツーリズム・グループは、取引成立次第このような義務的株式公開買い付けの可能性についての詳細を発表します。

取引には規制当局の承認と慣例法による完了条件を要するため、2016年後半の完了が見込まれています。

経営と管理
取引が完了すると、カールソン・ホスピタリティー・グループCEOのデヴィッド・P・バーグは、新組織のCEO職に留まります。

コミュニティーへの取り組み
HNAツーリズム・グループはカールソンの価値、伝統、コミュニティーとのつながりを維持する必要性を理解した上で、ミネソタ州 ミネトンカを新組織の本部として残すことを確約しました。

顧問
今回の取引の顧問は以下の通りです。カールソン・ホテルズ側の財務顧問にモーガン・スタンレーとBDT社、法律顧問にフレッシュフィールズ・ブラックハウス・デリンジャーLLPとAdvokatfirman Vinge KB。HNAツーリズム・グループ側の財務顧問にJPモルガンとベネデット、ガートランド・アンド・カンパニー、法律顧問にホーガン・ロヴェルズとAdvokatfirman Lindahl KB。

取引に関する追加資料はこちらからどうぞ。www.StrongerHotelsTogether.com.

カールソン・ホテルズについて
カールソン・ホテルズは、世界最大級で活力に満ちたホテル・グループであり、1400のホテルの22万室以上がが稼働中または開発中、拠点は115の国と地域に及んでいます。カールソン・ホテルズのポートフォリオは、次の力強いグローバルブランドで成っています:Quorvus コレクション、ラディソン・ブルー(R)、ラディソン(R)、ラディソン・レッド(R)、パーク・プラザ(R)、パーク・イン(R)バイ・ラディソン、カントリー・インズ&スイーツ・バイ・カールソン(SM)、クラブ・カールソン(SM)・グローバル・ホテルのポイントプログラム。カールソン・ホテルズは、ヨーロッパ、中東、アジアのブランドのマスター・ライセンシーでブリュッセルに拠点を置くレジドール・ホテル・グループにおいて、51.3%の持合株式を保有しています。カールソン・ホテルズおよび各ブランドは、世界中で9万人を雇用しています。

HNAツーリズム・グループについて
HNAツーリズム・グループは、航空、ホスピタリティー、観光、金融、オンラインサービスに従事するグローバルな統合型観光コングロマリットです。2007年3月に北京に設立された同社は、キャピタル航空、金鹿航空、タングラ・ホテルズ&リゾーツ、カイサ・ツーリスティックなど20以上の子会社を所有しています。同社は、NHホテルズ、レッド・ライオン・ホテル、PVCPグループなど、グローバルな旅行とホスピタリティーのブランドへの主要投資家でもあります。HNAツーリズム・グループは、企業の社会的責任に対する取り組みや世界規模の接続性改善への貢献が評価されています。

HNAホスピタリティー・グループについて
HNAホスピタリティー・グループは、HNAツーリズム・グループのホテル運営部門です。1997年に設立されたHNAホスピタリティー・グループは、世界的なホテルネットワークを誇っています。2016年3月現在、同グループは中国の主要都市および世界の他の地域の500のホテルで9万室近くを運営しており、ブランドのポートフォリオは、ぜいたく品や高級品から格安部門まで、ケータリングからビジネスとレジャー双方の旅行客にまで及んでいます。世界のホテルグループのトップ300にランクインしており、非常に競争の激しい中国のホテルブランドや中国一のホテル運営グループなど、権威ある業界から称賛を得てきました。

取引に関するメディア用追加資料はこちらからどうぞ。www.StrongerHotelsTogether.com

1 AMN決定2016:10.

問合せ先:
カールソン・ホスピタリティー・グループ-アメリカス
Elizabeth Costello、lcostello@carlsonrezidor.com
Ben Gardeen、bgardeen@carlsonrezidor.com
カールソン・ホスピタリティー・グループ-アジア太平洋
Camilla Chiam、cchiam@carlsonrezidor.com
HNAホスピタリティー・グループ
Fei Qiao、fqiao@feiqlaw.com、 (914) 315-6543


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。