logo

Intuity Medicalの初の自動血糖値モニター・システム「POGO Automatic」をFDAが認可

Intuity Medical, Inc. 2016年04月27日 18時28分
From 共同通信PRワイヤー

Intuity Medicalの初の自動血糖値モニター・システム「POGO Automatic」をFDAが認可

AsiaNet 64226 (0529)

【サニーベール(米カリフォルニア州)2016年4月26日PR Newswire=共同通信JBN】
*POGOは穿刺、採血、分析を簡単なワンステップの検査にまとめたもので、別の紙や針の必要はない。

糖尿病管理に革新的な技術を開発している株式非公開会社のIntuity Medical,Incは26日、米食品医薬品局(FDA)からPOGO(R)Automatic(TM)血糖値モニター・システムの販売認可を受けたと発表した。POGOシステムは初の血糖値計・複数検査カートリッジで、1つの簡単なステップで穿刺、採血、分析による自動検査を提供する。血糖値検査に必要なものすべてを簡便な10本の自閉式の検査カートリッジにまとめることによって、POGOは糖尿病管理のために定期的な血糖値の検査が必要な何百万人もの患者に使いやすさと自分でできる自由を提供する。

糖尿病にかかっている成人は世界で4億2200万人という驚くべき数に上っており、この病気は米国では死因の7位を占めている。米国糖尿病協会によると、米国の2900万人の患者の半数近くは自己の糖尿病管理で血糖値管理が達成できていない。血糖値検査に伴う負担が血糖値管理の少ない理由の1つである。多くの患者にとって血糖値検査を行うのに必要な道具類の数の管理は困難な場合がある。POGOは穿刺機器、針、検査用紙を含む別々の検査道具を持ち運びしたり、使ったりする必要をなくす。これは患者が外出中に素早く、目立たずに血糖値検査ができることを意味する。

検査を行うためには患者はPOGOの検査ポートを押すだけであり、その後はPOGOが自動的に指に針を刺し、血液サンプルを採取し、4秒後に結果を表示する。この検査計は血糖値の分析に0,25マイクロリットルというごく少量の血液サンプルを必要とするだけである。10種の検査がすべて完了した後で患者は自閉式のカートリッジを廃棄し、カートリッジ内にとどまっている使った検査紙や針を処理する必要はない。これは公共の場所での使用済みの針、使用済みの検査紙によるバイオハザード(生物災害)を減らす。

サンディエゴ大学臨床内科教授で「糖尿病を管理する(Taking Control of Your Diabetes、TCOYO)」の創立理事であるスティーブ・エデルマン博士は「POGOは在宅血糖値モニターに新たな機能をもたらす。検査に必要なステップと材料の数を減らすことによって、POGOは検査に対するいくつかの共通の障害に対応し、患者に自らの血糖値を検査する新たな道を提供する。臨床医としては検査を患者にとってより簡便なものにすることは糖尿病ケアにとって不可欠である」とコメントしている。

Intuity Medical独自の血糖値情報管理の安全なクラウド・ベースのシステムである「Patterns(R)糖尿病管理」アプリケーションと組み合わせれば、POGOは健康管理専門家と患者の双方に、全体的な血糖値管理に影響する重要なパターンと傾向を発見、管理する包括的な共通プラットフォームを提供する。

Intuity Medicalのエモリー・V・アンダーソン社長兼最高経営責任者(CEO)は「POGOのユニークな特許技術は血糖値検査を負担が重いと感じる何百万人もの患者の生活を変える可能性がある。わが社のピボタル臨床研究で287人の患者の半数以上が現在の血糖値計に比べ健康管理専門家が推奨するPOGOを使った検査スケジュールの方がよいと報告した。このFDA認可のマイルストーンでIntuityのチームはPOGOの商業的発売のために資金集めと会社のインフラ構築に集中する」とコメントしている。

Intuity Medicalは糖尿病患者の毎日の闘いの重荷を軽減するソリューションの提供に集中している。POGOの技術は患者に使いやすいワンステップの血糖値検査を提供する。

▽Intuity Medicalについて
Intuity Medicalは血糖値検査への共通の障害に対応する独自の革新的技術の開発によって糖尿病管理を簡素化することにコミットしている。Intuity MedicalのPOGOは別の検査用品の必要とせず、1つのやさしいステップで検査を自動化するように設計された初の血糖値計・複数検査カートリッジである。POGOのユニークな統合設計は毎日の糖尿病管理に資するために担当の健康管理専門家が推奨する回数と同じだけの検査を自分で実行できる柔軟性を患者に提供する。同社の現在の出資会社はAccuitive Medical Ventures, Emergent Medical Partners、Investor Growth Capital、US Venture Partners、Venrock、Versant Venturesである。

POGOとIntuity Medicalについての詳しい情報はwww.presspogo.com を参照。

▽Intuity Medicalの出資会社についての詳報は以下を参照。

Accuitive Medical Ventures  www.amvpartners.com

Emergent Medical Partners  www.emvllp.com

Investor Growth Capital  www.investorgrowthcapital.com

US Venture Partners  www.usvp.com

Venrock  www.venrock.com

Versant Ventures  www.versantventures.com

ソース:Intuity Medical, Inc.

▽問い合わせ先
Intuity Medical, Inc.: Robin Gaffney, (408) 530-1700 x 268,
robin.gaffney@intuitymedical.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。