logo

フルーク・ネットワークス、「OptiFiber Pro OTDR」用双方向テスト・ソフトウェア「SmartLoop™」を提供開始

フルーク・ネットワークス (TFF フルーク) 2016年04月27日 11時00分
From ValuePress!

企業ネットワークの構内LANからデータセンターまで光ファイバー配線からメタル配線ネットワーク・インフラの性能試験用ケーブルテスターを幅広く提供する米フルーク・ネットワークスの日本法人である、株式会社TFF フルーク(フルーク・ネットワークス)は、OTDR認証テスター「OptiFiber Pro OTDR」シリーズ用に開発された双方向テスト・ソフトウェア「SmartLoop」を提供します。「SmartLoop機能」を使って得られた試験結果は、スマートフォンやタブレット等からソフトウェア経由でいつでもどこからでも確認ができるため、利便性の向上とともに早期の試験結果の検証が現場から離れたところからでも迅速に行えます。フルーク・ネットワークスでは、平均値化機能を搭載した双方向テスト機能「SmartLoop」対応の「OptiFiber Pro OTDR」シリーズを4月28日より提供開始します。

「SmartLoop™」機能による双方向試験とその平均値のソフトウェア経由でのアップロードにより、
スマホやタブレット等、マルチデバイス対応で、利便性と経済性がさらに向上

企業ネットワークの構内LANからデータセンターまで光ファイバー配線からメタル配線ネットワーク・インフラの性能試験用ケーブルテスターを幅広く提供する米フルーク・ネットワークスの日本法人である、株式会社TFF フルーク(東京都港区、代表取締役: ホワン・イー・ジェイ、資本金:1億円、以下フルーク・ネットワークス)は、OTDR※1認証テスター「OptiFiber Pro(オプティファイバー・プロ)OTDR」シリーズ用に開発された双方向テスト・ソフトウェア「SmartLoop」を提供いたします。また、「SmartLoop機能」を使って得られた試験結果は、スマートフォンやタブレット等からソフトウェア経由でいつでもどこからでも確認ができるため、利便性の向上とともに早期の試験結果の検証が現場から離れたところからでも迅速に行えます。 フルーク・ネットワークスでは、平均値化機能を搭載した双方向テスト機能「SmartLoop」対応の「OptiFiber Pro OTDR」シリーズを4月28日より提供開始いたします。

「OptiFiber Pro OTDR」シリーズは、企業ネットワーク、データセンターにも適したトラブルシューティング・ツールとして定評のあるOTDR※1認証試験用テスターです。「SmartLoop」機能は、リンクの片端から1回の試験で 2本の光ファイバーを双方向で測定できることが可能となるため、従来の方式よりも光ファイバー配線の試験時間を50% 以上低減※2することができます。また、光ファイバー配線コンポーネントの規格であるTIA-568.3-Dの中で要件と定められている双方向測定値の平均値計算結果を瞬時にレポートすることで、本来合格すべき試験結果が間違って不合格となる可能性を排除することも可能です。(「SmartLoop」は「双方向テスト結果平均化ソフトウェア」となります)

従来のハードウェア搭載の「SmartLoop」 試験結果をソフトウェア経由での閲覧を可能にすることで、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイス対応が実現し、試験をするためにわざわざ遠く離れたリンクの遠端にテスターを持ち歩いて行く必要はなくなり、危険な場所での作業中のテスターの落下事故もなくなります。その上、軽くて便利なスマホやタブレットが使えるため、配線工事業者にとって、現場での利便性の向上や、各プロジェクトにおける利益率向上への一助にもなります。

フルーク・ネットワークスは、すでに業界でも主要な配線認証ツールとして認知されているVersiv ファミリー製品の一つである「OptiFiber Pro OTDR」シリーズの機能強化にこれからも継続的な取り組みを行い、データセンターや大規模企業ネットワークの現場技術者の生産性の大幅アップと光ファイバー・ネットワークの信頼性をさらに高めるようにして参ります。

双方向テスト・ソフトウェア「SmartLoop」対応の「OptiFiber Pro OTDR 」シリーズの価格は105万円~(税別)です。
すでに、「OptiFiber Pro OTDR」シリーズのユーザーになっている方々につきましては、フルーク・ネットワークスのウェブサイトから無償でアップ・グレードが可能となります。(フルーク・ネットワークスのウェブサイト:リンク

※1)OTDR(Optical Time-Domain Reflectometer):光ファイバー・ケーブルにおいて、融着接合や光ファイバー・コネクターの位置を特定し損失を測定する機器のこと。パルス試験機とも呼ばれる。
※2)配線試験時間を50%短縮:数値比は当社製品による比較や計測。

■「SmartLoop機能」が、リンクの片端から2本の光ファイバーのテストを双方向で行い、光ファイバー配線の試験時間を半分に削減し、瞬時にテスト結果を平均化して、より正確な合否判定を提供

「OptiFiber Pro OTDR」は、光ファイバー・ネットワークの不良解析と認証試験の両方を行うことができる、コンパクトで使いやすいOTDR(光パルス試験器)として、光ファイバー配線の検査、試験、認証、トラブルシューティング、文書化等を1台で行うことができます。高性能ながら軽量でコンパクト・堅牢なボディを持ち、スマートフォン感覚のタッチパネル操作による迅速・簡単な操作性とともに、日常の現場作業に大いに役立つツールとなっています。特に、データセンターの技術者が時間をかけずに必要な認証試験を行える「自動DataCenter(データセンター)設定機能」の搭載は、クラウド時代、ビッグデータ時代におけるデータセンターの役割の重要性が増す中、さらにコスト削減を求められている現場のニーズに応えるものとして業界の高い評価を得ています。
「OptiFiber Pro OTDR」は、「SmartLoop」機能により、これまで時間と手間のかかった双方向の光ファイバー配線試験を1回の操作で 2本の光ファイバー・リンクの双方向試験を行えるようにした製品です。双方向試験をするために、わざわざ光ファイバー配線の遠端までテスターを持ち運ぶ必要性がなくなった上に、2芯光ファイバー配線試験時間を50%短縮することにも成功しました。また、平均化機能を搭載することで、合格すべき結果が間違って不合格になる可能性も排除され、より確実な測定が実現できます。

■ 双方向テスト・ソフトウェア「SmartLoop」を搭載した「OptiFiber Pro OTDR」の主な特長
●一回の操作で2本の光ファイバー・リンクを双方向で試験でき、光ファイバー配線試験時間を従来の1/2に削減。
●テスト時間を大幅に削減した高速のデータ収集能力:
マルチモード※3での自動テストで約10秒(2波長同時測定)、クイックテスト・モードでは、最短4秒を実現しました。
※3)MM(マルチモード):光ファイバーには「マルチモード(MM)型」 と「シングルモード(SM)型」の2種類があり、一般にMMはLAN等の近距離用で、SMは長距離用。
●簡単に使える、スマートフォン感覚のタッチパネル操作:
すべての操作に、スマートフォン感覚のユーザー・インターフェースが採用され、TESTキーを押すだけで最適条件での測定を可能とする自動モードにより簡単に操作ができます。
●データセンターでの利用に便利な「自動DataCenter(データセンター)設定機能」を搭載:
シンプルなワンタッチ操作で、データセンターに最適な測定モードを選択できる「自動DataCenter(データセンター)設定機能」を搭載。このモードでは、短いリンクや多数のコネクターを見逃すことのないよう、最適のエンド(端)検出アルゴリズムが使われ、パルス幅等のOTDRパラメーターが自動的に計算・設定されます。このようにテスト・パラメータの設定プロセスを自動化することにより、セットアップ時間の大幅な短縮とともに、複雑なデータセンターでのトラブルシューティングを迅速・容易化しました。
●.業界最短クラスのイベント・デッドゾーンと減衰デッドゾーン:
イベント・デッドゾーンは、業界最短レベルの最大0.5m@850nm(マルチモード)で、0.5mのパッチ・コード及びそのコネクターの識別も可能。コネクター接続間の距離が1mもないようなデータセンター等の仮想化されたサーバー環境においても、このような業界最短クラスのデッドゾーンにより、測定の信頼性を低下させることなく利用できます。
●グラフィカルなEventMap(イベントマップ)表示:
先進のプログラムが情報を自動解析して、すべての光ファイバー・イベントをグラフィカルにマップ表示するため、OTDRのトレース結果を解読することなく、迅速かつ簡単に試験結果の確認ができます。
●「FI-7000 FiberInspector Pro」による端面検査およびイメージ保存:
「OptiFiber Pro OTDR」のビデオ検査ツールである「FI-7000 FiberInspector Pro」(別売り)により、合否判定による検査時間が2秒以下に短縮されました。さらに、この光ファイバー端面検査ツールにより、パッチ・コードやパッチ・パネルのバルクヘッドを検査することで、光ファイバー配線トラブルの第一の原因である端面の汚れによる障害を回避できます。また、敷設された光ファイバー端面の検査が容易に行え、テスト時間の大幅な節約が可能。光ファイバー端面の検査結果にコメント等を付けて認証試験のレポートとして保存できます。
●ケーブルテスト管理ソフトウェア「LinkWare PC」 が標準添付:
高性能で使いやすいケーブルテスト管理ソフトウェア「LinkWare PC」が標準添付。測定レポートが簡単に作成でき、トレース画面の情報だけでなく、「EventMap」情報や、「FI-7000 FiberInspector Pro」による端面画像等を取り込むこともでき、説得力のあるレポートが作成可能で、ワークフロー管理の負担の軽減や、テスト結果の統合が容易にできます。また、簡易エミュレーション機能も付属し、波形のより詳細な解析も可能。WEBサイトより無償でダウンロードすることもできます。
●軽量(1.28kg)でコンパクト(6.67×13.33×27.94cm)ながら、堅牢なボディ。

クラウドサービス普及時代を迎えて、ますます増大する光ファイバー配線の、煩雑な認証作業のコスト削減の要求に応えるため、双方向テスト・ソフトウェア「SmartLoop」対応の「OptiFiber Pro OTDR」シリーズは、その簡単なタッチパネル操作と多様な自動設定機能の搭載により、敷設現場技術者ならびにネットワーク・インフラの運用にあたる企業内IT技術者の方々にとっても、作業効率大幅アップのための強力なサポートツールとなります。さらに、プロジェクトの進捗確認が容易となるプロジェクト管理ツールも内蔵され、複数作業者間での費用対効果の高いツールの共通利用によるコスト削減に加え、無償提供のケーブルテスト管理ソフトウェア「 LinkWare(リンクウェア)PC」により、レポート作成やテスト結果の容易な統合が迅速に行え、ワークフロー管理の負担軽減にもつながります。

<双方向テスト・ソフトウェア「SmartLoop」を標準搭載した「OptiFiber Pro OTDR」シリーズの価格>
1,050,000円~(税別)。

■フルーク・ネットワークスについて
フルーク・ネットワークスは、認証試験、トラブルシューティングおよび重要な配線インフラの設置および保守を行う専門家のための敷設用ツールにおける世界的なリーディング・カンパニーです。最も先端的なデータセンターの配線敷設を始め、最悪な環境下におけるサービスの復旧に至るまで、これまで培ったゆるぎない信頼性と比類のない性能の組み合わせにより、効率的なネットワーク敷設作業の完了を確実なものとします。
現在、日本を含む世界50ヶ国以上で事業を展開しており、フルーク・ネットワークスの高品質、高付加価値ソリューションは既に世界20,000以上の企業ネットワーク、システム・インテグレーター等のネットワーク設計、構築の専門企業などで使用されています。
詳細は以下のURLをご参照ください。
リンク


[資料: リンク ]

※OptiFiber、MultiFiber、EventMap、FiberInspector、LinkwWare PC等の製品・機能は、米フルーク・ネットワークス社の登録商標または商標です。
※その他記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。


■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社TFF フルーク社
フルーク・ネットワークス マーケティング担当
TEL:03-6714-3117
FAX:03-6714-3118
e-mail:infoj@fluke.com
住所:東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟6階

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。