logo

アーティセン、最新Intel(R) Xeon(R)プロセッサを採用したハイパフォーマンス・パケット/サーバブレード発表

JCN 2016年04月27日 10時00分
From JCN Newswire


TOKYO, Apr 27, 2016 - ( JCN Newswire ) - アーティセン・エンベデッドテクノロジーズは本日、2個のIntel (R)Xeon(R)プロセッサE5-2600 v4ファミリーをベースにしたパワフルな新パケット処理/高パフォーマンスサーバブレードATCA-7490を発表しました。ディープパケットインスペクション(DPI)、ファイアウォール、侵入防御及びデータ暗号化/復号化などのコンピューティング集約型タスク用に設計されたこの新しいブレードは、商業、官公庁、軍需用通信ネットワークの高パフォーマンスなネットワーク要件を対象に設計されています。オンボードの負荷分散及びフィルタリング機能、ハードウェアアクセラレータによる暗号化エンジンとパワフルなサーバCPUに複数の10/40/100Gイーサネットスイッチインターフェースを組合せ、ラインレートの処理を実現しています。

商用オフザシェルフ(COTS)技術を中心に構築されたブレードアーキテクチャは、米国国防総省のモジュラーオープンシステムアプローチ(MOSA)に準拠しています。拡張性あるパフォーマンス、保守容易性、配線の簡素化とマルチベンダー環境での相互運用性を備えたATCA-7490は、航空機及び/艦上でのデータセンター、地上管制ステーション、ネットワークデータ分析、モバイル・アドホックネットワークその他のC4ISRタスク等の軍需アプリケーション用のマイグレーション・パス及び将来を見越したプラットフォームとなっています。

Red Hat Enterprise LinuxやCentOS等オープンソースのオペレーティングシステムに、オープンスタックを組み合わせたATCA-7490のリソースは、クラウド環境でのアクセスまたその共有が可能です。

ボードは、2個のIntel Xeon E5-2600 v4ファミリープロセッサにより最大40 CPUコアで最適化された比類のないコンピューティング性能を実現しています。またDDR4 及びPCIe Gen 3プロトコルの採用で、メインメモリ及びI/Oへのデータパスが高度に最適化されています。メモリ容量は、最大512 GBまで拡張可能でコストを重視した構成だけでなく、ルーティングデシジョンやパターンマッチングのためにより大きなメモリ容量が必要なアプリケーションも実現可能にします。このブレードは、CPUに直接接続するオプションのハードウェアアクセラレータとの組合せが可能です。アクセラレータは、暗号化/復号アルゴリズム用に最適化されセキュリティアプリケーション内の暗号化データのスループットを大幅に向上させます。

画像
New High Performance Packet and Server Processing Blade - ATCA-7490
リンク

企業ロゴ
リンク

アーティセン・エンべデッドテクノロジーズについて

アーティセン・エンべデッドテクノロジーズは、通信、コンピューティング、医療、航空宇宙、工業などの各種業界向け高信頼性電源と組込みコンピューティングソリューションの設計と製造で世界をリードしている企業です。アーティセンは40年以上にわたって、コストパフォーマンスの高い先進なネットワークコンピューティングおよび電力変換ソリューションを提供し続け、お客様の開発期間短縮やリスク軽減をサポートし、信頼され続けてきました。アーティセンの本社は米国・アリゾナ州テンピにあり、10か所のCOE (中核研究拠点)、4か所のワールドクラスの製造工場、世界各国でのグローバルなセールス&サポート拠点などを有し、世界各国で20,000人以上の従業員が働いています。

アーティセン・エンべデッドテクノロジーズ、アーティセンおよびアーティセン・エンべデッドテクノロジーズのロゴはアーティセン・エンべデッドテクノロジーズの商標とサービスマークです。他のすべての製品名およびサービス名は、それぞれの所有者の資産です。(c) 2016年 アーティセン・エンベデッドテクノロジーズ、インコーポレーテッド。All rights reserved(不許複製・禁無断転載)。法的条件の全文は リンク で閲覧頂けます。

メディアお問い合わせ先:
Alice Hui
+852 2176 3548
Alice.Hui@artesyn.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事