logo

SAP Hybris、ガートナー社の2016年マジック・クアドラント・レポートで、デジタルコマース分野の「リーダー」に認定

オムニチャネルのカスタマーエンゲージメント&コマース・ソリューションを提供しているSAP Hybrisは本日、米調査会社のガートナー社が発行した「Magic Quadrant for Digital Commerce(デジタルコマースに関するマジック・クアドラント)」iにおいて、「リーダー」に認定されたことを発表しました。SAP Hybrisが「リーダー・クアドラント」に認定されるのは、今回で3年連続となります。

ガートナー社のレポートには、次のように記述されています。「デジタルコマース・プラットフォームによって、企業はB2B、B2C、B2B2C(Business-to-Business-to-Consumer)のコマースサイトを構築し、収益の拡大からビジネスの変革まで、一連の業務目標達成を後押しできます。これらの製品は、小売、卸売、モバイル、直接販売、間接販売、デジタル販売、コールセンターなどの、複数のチャネルを横断し、個人および法人顧客との継続的なオンライン上の関係構築を支援します」

本レポートでは、ビジョンの完全性と実行能力に基づき、デジタルコマース・プラットフォームを提供している企業21社が評価されました。

SAP Hybrisの最高戦略責任者であるブライアン・ウォーカー(Brian Walker)は、次のように述べています。「今日のデジタル経済において、お客様のニーズは進化を続けており、企業はそれぞれの消費者の嗜好、行動、期待に合わせた機敏かつ柔軟なソリューションを通じ、こうしたニーズに応える必要があります。当社は現在、デジタルコマースとオムニチャネルに関するイニシアチブを握り、B2BとB2C両方の企業との提携を継続しつつ、同時に彼らのテクノロジー環境をシンプル化しています。こうした中、ガートナー社の『Magic Quadrant for Digital Commerce』レポートで、3回連続で『リーダー』に認められたことは大きな成果だと考えています」

レポートには、次のようにも記述されています。「リーダーに求められる資質として、深さと幅広さを兼ね備えたコマース機能や、複数の業界とビジネスモデルを横断したコマース機能の提供能力が挙げられます。また、オンライン販売では、拡張性のあるコマースプラットフォームを通じ、大量のトランザクションや高水準の総取扱高(GMV)への対応が求められます。さらに、販売およびサポートサービスの提供では、エコシステムのアプリケーション、サービス、パートナーとの連携と、自社からの直接提供といった、両方の形態で対応する必要があり、中核的なコマースプラットフォームのほか、連携したアプリケーション機能を提供する能力が求められます。リーダーは、財務面、技術面、組織面での実行能力を全て兼ね備えており、顧客企業にとっては、常にデジタルコマース・ベンダーの評価対象となっています。また顧客企業は、他社ベンダーが自社との比較を行うことに対して、頻繁に競争基準を設定しています」


ガートナー社の「Magic Quadrant for Digital Commerce」レポート(英語)のダウンロードをご希望の方は、下記ウェブページをご覧ください。
リンク

i Gartner「Magic Quadrant for Digital Commerce」、Chris Fletcher、Penny Gillespie、Jason Daigler、Sandy Shen、Yanna Dharmasthira、Gene Alvarez著、2016年3月9日

(本リリースは、4月4日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

用語解説

マジック・クアドラントの免責事項
ガートナー社は調査資料で示しているいかなるベンダ、製品、サービスを支持することも、最高評価またはその他の指名を得たベンダのみを選択するよう、技術ユーザに助言することもありません。ガートナー社の調査資料はガートナー社の研究機関の意見に基づくもので、陳述書として解釈されるべきではありません。ガートナー社では、この調査に関して、特定の目的に向けた商品性あるいは適合性へのあらゆる保証を含む、明示的あるいは黙示的なすべての保証を放棄しています。

SAP Hybrisについて
SAP Hybrisの提供するオムニチャネルのCEC(カスタマーエンゲージメント&コマース)ソリューションは、企業が顧客のコンテクストをリアルタイムで理解し、関連性が高く、かつインパクトのある顧客体験を提供できるよう支援するとともに、すべてのタッチポイント、チャネルそしてデバイスを通じて商品、サービスおよびデジタルコンテンツの販売促進を支援します。3M、アシックス、ブリヂストン、Everything Everywhere、ギャラリー・ラファイエット、ジョンソン・エンド・ジョンソン、リーバイ ストラウス、ネスレ、ネスプレッソ、ニコン、Rexel、サムスン電子、テッドベーカー、Tommy Bahama、W.W. Graingerなどの世界有数の企業に対して、最先端の顧客データ管理、コンテクストに即したマーケティングツール、統合化コマース処理を提供し、利益をもたらす優良顧客の獲得、維持、拡大を支援しています。SAP Hybris Commerce Suite、SAP Hybris MarketingおよびSAP Hybris Billingは、SAPのCECソリューションスイートの中核を担い、SAP® Cloud for Sales、SAP Cloud for Service、SAP CRMと組み合わせることで、チャネルをまたがった顧客情報の統合化ビューの提供、シンプルなカスタマーエンゲージメントの実現、そして複雑な業務課題を解決するための基盤、フレームワーク、ビジネスツールを提供します。詳細は www.hybris.com/ja/ をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事