logo

水産物卸売業界大手の大都魚類と基本契約を締結 フーディソン開発のクラウド型水産受発注システム「魚ポチPLUS」を導入

フーディソン 2016年04月26日 10時00分
From PR TIMES

受発注にかかる業務の効率化が可能に

ITを活用した水産流通プラットフォームの再構築をてがけるベンチャー企業の株式会社フーディソン(東京都中央区/代表:山本徹、以下フーディソン)は、大都魚類株式会社(東京都中央区/代表:青木信之、以下大都魚類)との間で、フーディソン開発のクラウド水産受注システム「魚ポチPLUS(ウオポチプラス)」導入に関する基本契約を締結いたしました。



フーディソン(リンク)は「世界の食をもっと楽しく」をミッションに、2013年4月の創業以来、ミッション遂行の第一歩として水産分野をターゲットに事業運営を行ってきました。
現在、飲食店向けの卸売と鮮魚小売店”sakana bacca”の運営の二つの事業を展開しています。

「魚の呼び名が産地によって異なること」などの鮮魚特有の課題があり「 IT化が難しい」とされてきた水産業界で、卸売や小売の経験を生かして「魚屋」としての目線で独自に開発したのが現在3500店舗の飲食店に活用されている飲食店向け鮮魚ECサイト“魚ポチ” です。

2014年5月より運用を開始したこのシステムを、2016年4月より「魚ポチPLUS」として、他の水産会社への提供をスタートし、現在多くのお問い合わせを頂いております。

この度、水産物卸売業界大手の、大都魚類株式会社様との契約が3月31日に成立し、「魚ポチPLUS」の導入が決定いたしました。本格導入は、6月上旬の予定です。

手書きの受注書をデータ入力する作業が何度も繰り返される複雑な水産物の受発注工程において、業務効率化は重要なテーマの一つであります。業界大手の大都魚類様に「魚ポチPLUS」を導入いただくことは、フーディソンの目指す「業界全体の生産性の向上実現」が大きく前進したことになります。


[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。