logo

ブルーコート、包括的なクラウドセキュリティプラットフォームを発表 エンタープライズセキュリティ分野におけるリーダーシップをさらに強化


エンタープライズセキュリティのマーケットリーダーであるブルーコートシステムズ合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:波立行智、以下ブルーコート)は、クラウドセキュリティ業界の幅広いエコシステムの支援を基盤にした包括的な一連のクラウドセキュリティ機能とサービスを発表しました。ブルーコートは、クラウド環境に伴う企業のセキュリティとコンプライアンスに関するいくつかの重大なリスクに対応する堅牢なソリューションを提供することで、企業がより簡単かつ安全にクラウドへ移行できるようにすることに重点を置いています。ブルーコートは、昨年末のElastica社買収によってCASB(Cloud Access Security Broker)をソリューションに追加し、クラウド環境とオンプレミス環境、およびそれらを組み合わせたハイブリッド環境に渡って包括的に可視性、コントロール、データレベルのセキュリティを提供する強力なグローバルセキュリティプラットフォームを実現しています。

本日ブルーコートは、今日のエンタープライズ環境におけるリスクが高い分野に焦点を当てた新しいソリューションを発表しました。これらは、Blue Coat Security Platformの重要なコンポーネントとなります。

シャドーITを検知しコントロールする統合ソリューション:
Elastica AuditのサブスクリプションサービスとAppFeed との統合により、リアルタイムのデータフィードを通じてシャドーITの情報をブルーコートのセキュアWebゲートウェイソリューションに提供します。これによってシャドーITの利用状況とリスクへの可視化に加え、クラウドアクセスに対する強力なセキュリティポリシーを通じたリスク軽減を実現します。市場をリードするブルーコートのセキュアWebゲートウェイにElasticaのクラウドアプリケーションデータフィードを統合することによって、IT部門が許可したものか否かに関係なく、クラウドアプリケーション利用に対する総合的なコントロールを活用できます。Elastica Audit サービス(発見/利用状況/リスク分析、Webおよびクラウドアクセスのレポーティング)を購入した企業は、AppFeedへのアクセスも可能となり、8,400以上のアプリケーション分類と属性を活用してクラウドアプリケーションの利用に対する強力なポリシーコントロールを実現できます。これによって、エンタープライズデータのセキュリティおよびコンプライアンスのリスク要因となるクラウドアクセスをコントロールできます。

Office 365向けの強力なセキュリティソリューション:
ブルーコートは、現在最も幅広く利用されているエンタープライズクラウドアプリケーションのMicrosoft Office 365向けに、セキュリティとガバナンスコントロールの完全なスイートを発表しました。このソリューションには、統合アクセスコントロール、高度な脅威からの保護、不正アクセスの検知、フォレンジック調査、データセキュリティ、クラウドDLP(データ漏えい防止)、またMicrosoft Office 365向けの粒度の高いクラウドセキュリティポリシーが含まれます。これらの機能によって強力なセキュリティ、ガバナンス、パフォーマンスが実現し、クラウドベースのOffice 365への効果的な移行が可能になります。

幅広いクラウドセキュリティパートナーエコシステム:
新たに発表したCloud Ready Partner Programは、業界で最も幅広いクラウドセキュリティパートナーエコシステムで、選りすぐりのセキュリティベンダーとSaaS(Security as a Service: サービスとしてのセキュリティ)ベンダーがそれぞれのサービスとクラウドアプリケーションを直接Blue Coat Security Platformへ完全に統合して保証する、オープンなフレームワークを提供します。このような高いレベルの統合によって、ユーザーとアプリケーションとの間に欠かせない可視性とコントールを維持しながら、クラウド環境へのスムーズな移行を実現します。

Blue Coat Cloud Ready Partner Programの創立メンバーには、AirWatch社、AlienVault社、Box社、Centrify社、Dropbox社、E8 Security社、Exabeam社、Fortscale社、Gemalto社、HP社、Oracle社、Seculert社、Splunk社、Symantec社の各社が名を連ねています(アルファベット順)。

エンタープライズセキュリティインフラの広がり:
エンタープライズネットワークは、個人所有のデバイス、ユビキタスなインターネットアクセス、クラウドベースのアプリケーションなどにより、ユーザーの利用環境が大きく変化し、従来のCIO(最高情報責任者)や情報システム部門の責任範囲を大きく超える領域にまで広がっています。「ネットワーク境界の消失」と言われる現在のクラウドおよびモバイルユーザーを包含したエンタープライズ環境では、ITの再定義が急速に進んでいます。Blue Coat Security Platformは、特にこのように広がりつつあるエンタープライズネットワークのセキュリティを確保することを目的に構築されています。

「クラウド時代」のためのセキュリティプラットフォーム:
モビリティおよび急成長するクラウドアプリケーションによるエンタープライズ環境や従業員のワークスタイルの変革は、企業と個人の両方に大きな生産性向上をもたらすと同時に、セキュリティとコンプライアンスの新たなリスクが懸念されます。これらがクラウド時代における課題であり、企業は従来のネットワークを管理・刷新しながらクラウドやモバイルを活用するユーザーもサポートし、さらに IoT(モノのインターネット)などの潜在的な問題にも対処していく必要があります。クラウド時代には、新しいセキュリティのモデルが必要です。ブルーコートは、セキュリティとコンプライアンスに不可欠なフレームワークを統合するとともに、ユーザーと企業データを保護する総合的なコントロールを実装した、堅牢でオープンなプラットフォームを提供します。

ブルーコートは、世界でも日本国内でも、セキュアWebゲートウェイ市場のマーケットリーダーとして、これらの新しい課題に応える理想的なアーキテクチャと統合セキュリティテクノロジーを提供するとともに、クラウド上のデバイス、ネットワーク、アプリケーションのすべてがつながる環境のための新たなセキュリティを定義し、実際にクラウドへの「ゲートウェイ」を創出します。

各社のコメント

ブルーコート
社長兼COO(最高執行責任者)、マイケル・フェイ(Michael Fey)
「クラウド利用の新たな時代は多くのメリットをもたらしますが、その一方で企業のセキュリティ部門には、デバイス、ネットワーク、アプリケーションという3つの次元に沿った攻撃対象の広がりという大きな課題をもたらします。Webセキュリティ分野のグローバルリーダーとして、当社はブルーコートならではのWebセキュリティアーキテクチャと大規模な設置ベースを基盤に、クラウドの世界とユーザーとの間にユーザーを保護する新しい拡張的な防御壁を確立し、この問題に応えます。当社は、お客様がクラウドへ安全に移行し、ITインフラ全体へのコントロールと可視性をあらためて確立するサポートをします。」

Box社
ビジネス開発&テクノロジーパートナーシップ担当バイスプレジデント、ロジャー・マーフ(Roger Murff)氏
「クラウドテクノロジーによって企業の生産性とコラボレーション能力が高まっている中、セキュリティはかつてないほど重要になっています。当社は、Blue Coat Cloud Ready Partner Programのようなエコシステムの価値を高く評価しており、これにより、企業は最も高い価値のコンテンツに対するセキュリティとコントロールの新たな層を確立し、シームレスに機能するサービスを簡単に見つけることができます。」

本リリースは、米国Blue Coat Systems, Inc.が米国時間2016年4月13日に配信したリリースの抄訳です。当資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。米国で発表されたリリース(英文)につきましては、該当のプレスリース【リンク 】をご参照ください。


ブルーコートシステムズについて
ブルーコートは、先進的な企業向けセキュリティソリューションを提供するリーダーで、大手グローバル企業100 社のうち88社を含む、15,000 を超える企業や組織にそのソリューションを提供しています。ブルーコートのセキュリティプラットフォームを通して、ネットワークとセキュリティ、クラウドを一元化し、ネットワークのパフォーマンスへの影響を最小限に抑え、クラウド上でアプリケーションとサービスの展開を実現しながら、高度な脅威に対する最大限の保護をお客様に提供しています。ブルーコートは、2015 年3 月にベイン・キャピタルに買収されました。詳細は リンク をご覧ください。

Blue CoatおよびBlue Coatロゴ、およびブルーコート製品に関連する名称とマークは、Blue Coat Systems Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。







本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。