logo

「Microsoft BizSpark Network Partner 」にソフトバンク・テクノロジーが加盟

SBT 2016年04月25日 17時24分
From PR TIMES

スタートアップ支援プログラム「BizSpark 」の技術パートナー企業としてクラウドやIoTなど技術支援

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下 SBT)は、2016年4月よりITスタートアップの事業拡大を支援することを目的として、「Microsoft BizSpark Network Partner 」に加盟しましたのでお知らせします。
「Microsoft BizSpark Network Partner 」は、インキュベーター企業、アクセラレーター企業を中心に構成されており、日本マイクロソフト株式会社の提供するITベンチャー企業向け施策「Microsoft BizSpark 」を提供可能とする日本マイクロソフトの認定パートナーです。
2016年4月より日本マイクロソフトは「Microsoft BizSpark Network Partner 」の認定範囲を拡大し、ITテクノロジーに優れた技術パートナーとの協業をはじめました。技術パートナーはBizSpark を提供できるだけでなく、スタートアップへのIT技術支援や運用監視サポートを提供します。



[画像1: リンク ]

Microsoft BizSpark について

Microsoft BizSpark は2008年11月からマイクロソフトが提供しているスタートアップ支援のプログラムです。起業に必要な開発ツールやクラウド環境、技術サポートを3年間無償で利用することができます。設立5年未満のスタートアップ、もしくは法人化を目指す起業家が対象となっています。
[画像2: リンク ]

▼ Microsoft BizSpark の詳細についてはこちらをご参照ください。
リンク

Microsoft BizSpark Network Partner について

2016年4月より日本マイクロソフトは「Microsoft BizSpark Network Partner 」を拡大し、インキュベーターやアクセラレーターだけでなく、ITテクノロジーに優れた技術パートナーとの協業を開始しました。日本マイクロソフトと技術パートナーの協力体制により、日本から世界を変えるテクノロジーやサービスがより多く現れることが期待されます。

昨今、クラウドサービスやスマートフォンの浸透など、ICTの最新トレンドの動向を背景に、近年ICT業界を中心としたベンチャーの活性化が進みつつあります。個人や小規模な企業でもアプリの世界市場へ提供可能になるなど、事業化へのハードルが低下し、ICTを活用したサービス業等において、活発な起業の動きが見られます。

SBTは、”クラウド” “セキュリティ” “デジタルマーケティング” の3分野に注力し、Windows ServerやLinux Serverに対応したオープンなクラウドであるMicrosoft Azureと親和性の高い独自サービスを展開し、優位性強化や新サービス開発等を目的とした戦略的な協業も行っています。今回、Microsoft Azureを利用しているスタートアップ企業との親和性への期待と、初期コストを抑えて早期に市場にアプローチができる点が決め手となり、「Microsoft BizSpark Network Partner 」のパートナー企業として加盟することにしました。BizSpark を通じた支援を実施し、2017年3月末までに3社との共同事業もしくは業務提携を目指しています。

SBTによる支援について

SBTは、マイクロソフト製品の長年にわたる販売実績やノウハウを活用し、クラウドやIoT、デジタルマーケティングを中心とした技術支援やビジネス支援を実施します。

■SBTによる支援内容

[表: リンク ]



この度の加盟に関し、日本マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部 本部長 伊藤 かつら氏より以下のコメントをいただいております。

「日本マイクロソフト株式会社は、ソフトバンク・テクノロジー様が新たにMicrosoft BizSpark Network Partnerに技術パートナーとしてご参加頂くことを心より歓迎申し上げます。ソフトバンク・テクノロジー様のご参加により、BizSparkを活用するITスタートアップ企業の皆様は、より深く広範な技術支援やビジネス支援を得ることができ、ビジネスの迅速なスタートにつなげることが可能になります。
またスタートアップ企業との連携を広めていくことで、ソフトバンク・テクノロジー様のさらなるオープンイノベーションにも繋がることと確信しております。日本マイクロソフトは、引き続きスタートアップ企業向けにBizSparkプログラム を提供し、ソフトバンク・テクノロジー様とともに革新的なビジネスの創出を支援してまいります。」
日本マイクロソフト株式会社
執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部 本部長
伊藤 かつら

SBTは今後も、クラウドサービスの提供を通じて、クラウドを活用したワークスタイルの変革を推進してまいります。

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事