logo

企画展「ミュシャとコスチューム」を開催します

堺市 2016年04月25日 10時02分
From 共同通信PRワイヤー

2016/4/25

堺市

アール・ヌーヴォーを代表する巨匠ミュシャが描く
華やかなコスチューム約50点を展示

 パリで一躍有名になったアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)はさまざまな女性像を数多く描きました。彼女たちは美しさと華やかさを兼ね備え、時には豪奢な衣服を身にまとい見るものの目を誘います。
 彼女たちの衣服に注目してみると、しなやかな線で構成された曲線とともにさまざまな「形」がみえてきます。演劇の舞台衣装、当時流行したファッション、そして祖国チェコをはじめとした東欧の衣服など、それらはミュシャのオリジナルも含めて実にさまざまです。
 本展覧会では、ミュシャが描いた“コスチューム”にスポットをあて、演劇、時代、民族を切り取り、ミュシャが服装に向けたまなざしを辿ります。また、ベル・エポックの着飾った女性たちを映したスナップ、オートクチュールのドレス、東欧の民族衣装も同時に展示いたします。ミュシャが描く女性の着こなしとともに、それぞれの地で鮮やかに彩られた装いをお楽しみください。

■開催期間
 平成28年3月12日(土)~6月12日(日)

■出品予定数
 約50点

■開催場所
 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
 堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館
(JR阪和線「堺市」より2階デッキにて直結)

■開館時間
 午前9時30分~午後5時15分 (入館は午後4時30分まで)

■休館日
 月曜日(休日の場合は開館)、5月6日(金)
 展示替臨時休館日/4月26日(火)・27日(水)

■観覧料
 一般/500円(400円)
 高校生・大学生/300円(240円)
 小・中学生/100円(80円)
 ※( )内は20人以上100人未満の団体料金
 ※小学生未満/無料・65歳以上/無料・障がい者の方は介助者とともに無料

■主催
 公益財団法人 堺市文化振興財団
 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

■協力
 神戸ファッション美術館
 公益財団法人 京都服飾文化研究財団
 尾形コレクション

◆関連イベント
 【ミュージアムトーク】
 当館の学芸員が展示解説を行います。
 5月28日(土)
 14時から30分程度 4階受付前集合
 予約・参加費不要(観覧料は要)
 
【学生無料DAY】
 小学生から大学生までを対象に下記期間は入館料を無料とします。
 期日5月3日(火)・4日(水)・5日(木)
 中学生以上は学生証を受付にてご提示ください。


詳しくは、堺 アルフォンス・ミュシャ館ホームページにてご確認ください。
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。