logo

Reed Sinopharmが上海で世界最大のヘルスケアイベントtHISを開催

Reed Sinopharm Exhibitions 2016年04月25日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

Reed Sinopharmが上海で世界最大のヘルスケアイベントtHISを開催

AsiaNet 64187(0502)

【上海2016年4月21日PR Newswire=共同通信JBN】2016年のHealth Industry Summit(健康産業サミット、tHIS)は4月17日、上海の国家会展中心(National Exhibition and Convention Center)で開かれた。

主催者の集計によると、4日間の入場者数は史上最高の38万に上り、うち21万6784人は専門家、5万5000人余りは展示スタッフだった。上海市は、参加者が多数に上るため、市レベルのセキュリティー対策を取り、会場への大規模な混雑、渋滞を避けるため、地下鉄を増便した。このイベントの期間中、上海のホテルは満室になった。

tHISは今年でまだ2回目だが、既に33万平方メートル余りの展示場と107の個別会議を擁する世界最大の健康産業イベントとして定着している。

主要イベントには、中国の医療機器・製薬の3大展示会であるCMEF(中国国際医療機器博覧会)、PHARMCHINA(全国薬品交易会)、API China(中国国際医薬原料薬、中間体、包装、設備交易会)と、主要なヘルスケア投資フォーラムであるHealthcare China 2016が含まれている。今年の投資フォーラムはReed Sinopharm、JPモルガン・アセット・マネジメント、CICC、Sinopharm Capitalが共催し、700以上の精選された投資家や機関投資家が出席した。

展示会には業界全体のバリューチェーンが出そろい、遺伝子診断、リハビリテーション用ロボット工学、ウエアラブル技術、3Dプリンティングなどの最先端の技術の一部が紹介された。

30カ国から参集した6900社の出展企業は展示会で数万の製品、サービスを紹介した。GE、United Imaging、シーメンス、フィリップス、Mindrayなどの有名なヘルスケア機器大手や、Sinopharm、Shanghai Pharma、CR Pharmaceuticalsなどの中国の主要な製薬グループが大きなスタンドを設けて参加した。

Natural Health and Nutrition Expoは、中国の一人っ子政策の転換による人口急増の予想や健康志向の中間層の増加も相まって、ポートフォリオの中で最速の成長を示している分野だ。

中国の第13次5カ年計画が2016年にスタートするのに伴い、ヘルスケア、製薬、健康保険の共同開発に焦点を当てた「Health China 2020」計画は、健康産業を中国の発展および一部の国家戦略のための最優先事項の1つに据えている。

従来ヘルスケアに携わってこなかった中国企業も主要な投資と資源をこの分野に移しており、その多くは対象分野の変化を反映する過程で企業の名称を変更している。

アリババ、レノボ、Fosun、Wanda Groupなどの国際的な大手企業は全て、将来の大きな機会を予測し、この分野の主要セグメントに足場を設けている。

Health Industry Summitは、世界大手のイベントオーガナイザーであるリード・エグジビジョンと中国国営の大手製薬グループSinopharmの合弁会社であるReed Sinopharmが主催している。次回サミットは2017年5月に上海で開催される。

Photo - リンク

ソース:Reed Sinopharm Exhibitions

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。