logo

Banzai、2016年1-3月期の暫定売上高を取締役会が承認

Banzai SpA 2016年04月22日 14時39分
From 共同通信PRワイヤー

Banzai、2016年1-3月期の暫定売上高を取締役会が承認

AsiaNet 64190(0500)

【ミラノ2016年4月21日PR Newswire=共同通信JBN】
*2016年第1四半期の総取扱高(GMV)は29%増、売上高は20%増
*GMVは前年同期比29.0%増(6700万ユーロ、前年同期5190万ユーロ)
   -売上高19.7%増は以下の両事業部門により推進
   -eコマース事業部門の売上高は19.6%増で、主要カテゴリー(前年同期比21.2%増)、中でも特に電子商品・家電製品(同27.7%増)の好調によって推進された。
   -バーティカルコンテンツ事業の売上高は19.8%増で、モバイル広告(AdKaora)によって推進された。
*ePRICEでは、大型家電製品の配送、設置に関し、新たに顧客のニーズに応じた一連のカスタマイズドサービスを展開。
*2016年見通しについては従来予測を再確認

イタリア初のeコマース・プラットフォームで、大手デジタル出版の1つであるBanzai(イタリア証券取引所STARセグメント上場)の取締役会は21日、2016年3月31日現在の暫定売上高を承認した。

(Logo: リンク

Banzaiのピエトロ・スコット・ジョバネ最高経営責任者(CEO)は「2016年第1四半期にBanzaiは市場への貢献を通じて市場占有率を拡大し続けた。第1四半期の当社の顧客による総支出額(GMVに相当)の積極的な傾向は、電子商品、特に大型家電製品のオンライン市場を担当するePRICEの経営陣の力量を確認するものである。当社のモバイル・プロプライエタリ・ソフトであるePRICEホームサービス・プラットフォームにより可能となった一連の新たな配送、設置サービスを開始するなど、われわれは2016年を通じ、顧客サービスに力を入れ続けていく方針である。サービス強化は、当社の戦略にとって重要であり、また顧客と密接な関係に基づくものである。そしてこれらは、当社の106のPick&Payポイントや312の自動ロッカーのネットワークや市場、130万のハイテク製品が並ぶカタログ上で活動する当社の200人の認定されたプロフェッショナル従業員のおかげである」と述べた。

2016年第1四半期の業績は、市場との関連でみても絶対的にも相対的にも成長していることを示している。市場の成長の結果、当社の第1四半期のGMVは6700万ユーロ(前年同期5190万ユーロ)と、前年同期比29.0%増の成長達成が可能となった。

第1四半期の売上高は5950万ユーロで、前年同期の4970万ユーロに比べ19.7%増となった(主要事業のeコマース部門は21.2%増)。ただし、サービス売上高に関しては2015年の残りの期間に比較すると若干好ましくない結果が出ているほか、復活祭休暇に関連した活動低下がみられる。

ソース:Banzai SpA

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事