logo

紙製品を扱う大手メーカー山櫻が名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を導入

キングソフト 2016年04月22日 11時00分
From PR TIMES

~名刺情報から顧客データベースを作成~

キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁永飆 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、株式会社山櫻(代表取締役社長:市瀬豊和 本社:東京都中央区 以下、山櫻)が、クラウド名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス」を導入したことを2016年4月22日(金)付で発表いたします。



キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁永飆 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、株式会社山櫻(代表取締役社長:市瀬豊和 本社:東京都中央区 以下、山櫻)が、クラウド名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス」を導入したことを2016年4月22日(金)付で発表いたします。

■CAMCARD BUSINESS製品紹介 : リンク
■事例公開ページ : リンク

[画像: リンク ]



「CAMCARD BUSINESS」は、『名刺管理を驚くほど簡単に』をコンセプトに、組織で名刺情報を管理するために必要な機能を備えながらシンプルな操作性で、誰もが簡単に名刺情報を通じて顧客管理を行うことができる名刺管理ソリューションです。


導入事例
■ 導入の背景・課題 : 顧客データベースの蓄積・更新ができていなかった
以前は展示会などで交換した名刺も個々で所有し、管理していました。営業強化のため、名刺情報から簡単に顧客データベースを作成でき、且つ、全社導入を見据えてコスト面で負担が少ないツールを求めていました。

■ 「CAMCARD BUSIENSS」を選んだ理由 : 全社導入を見込んだ価格設定と使いやすさ
「CAMCARD BUSINESS」は、名刺をスマートフォンで取り込むだけで顧客データベースを簡単に作成でき、どこでどのようなタイミングで会った方かの把握と共有も可能です。また、OCR認識率が高く、データ化処理も早い点に加え、名刺画像も自動でトリミング補正され綺麗に保存されるので、後からデータベースを手動修正する場合でも少しの手間でストレスなく修正することができます。社員自らがサービスを積極的に利用しています。

■ 活用方法 : 埋もれた名刺データを企業資産として管理し見込み顧客の創出も
今まで個人管理で埋もれてしまっていた名刺情報をデータベースで見える化し掘り起こすことで、過去の失注先への再提案もタイミング良く仕掛け、見込み顧客の創出につなげていけるチームを作っていきたいです。企業として「CAMCARD BUSINESS」を全社的に導入することで、個人向け名刺管理アプリの利用を抑制しセキュリティ面でも万全な体勢をとっていきたいと思います。


サービス概要
製品名: CAMCARD BUSINESS
製品紹介ページ: リンク
お問い合わせ: (TEL)03-3582-8232  (メール) mktg@kingsoft.jp
無料トライアル申込み: リンク


■株式会社山櫻
リンク
創業:昭和6年5月
代表取締役社長:市瀬 豊和
従業員数:546名  ( 平成27年2月現在 )
事業内容:
(1)紙製品の製造・販売と付帯する事業。
(2)パソコンによる名刺・はがき作成システム、プリンタ等の開発と販売。
(3)オンデマンドによるデジタルカラープリントのサービス。
(4)インターネット利用事業。
本社:東京都中央区新富2-4-7


■キングソフト株式会社
URL: リンク
本社: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立: 2005年3月
資本金: 6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数:106名(2016年4月現在)
代表者: 代表取締役 翁 永飆

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。