logo

ファルコンストアのFreeStorが実社会のデータ管理の課題を解決する新しい包括的アプローチを採用

ファルコンストアのSDSプラットフォームで強力なエンドツーエンドの予測分析機能が可能に

ファルコンストア・ジャパン株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森本 雅之、以下、ファルコンストア)は本日、ハードウェア非依存の統合型データサービスソフトウェアプラットフォームであるファルコンストアのFreeStor(R)のさらなる強化により、ヘテロジニアスなストレージ環境で独自の洞察力を提供するIntelligent Predictive Analytics(インテリジェントな予測分析)の機能が追加されたと発表しました。

今回の強化により、ビジネスクリティカルデータのエンドツーエンドの管理と監視が可能になり、プロアクティブまたはリアクティブのどちらのアクションも実行できるようになります。

FreeStorは、特定のハードウェア、ネットワーク、またはプロトコルの制約からビジネスを解放し、クラウドやローカルなどの保管場所を問わないシームレスなデータのマイグレーション、リカバリ、保護そして重複排除を可能にするSDS(Software-Defined Storage)です。FreeStorのIntelligent Abstraction(R)レイヤーは、フロントエンドとバックエンドにおける環境や場所の制約を解消し、データや共通サービスの自由なフローを可能にします。Intelligent Abstractionは、既存および将来的に追加するストレージを仮想化することで、効率性の高い統合型ストレージインフラストラクチャを実現します。

アレイベースの分析とは異なり、FreeStorのIntelligent Predictive Analyticsは、ヘテロジニアスなストレージシステムのリアルタイムおよび履歴の分析機能を提供することで、ストレージ容量、パフォーマンス、および可用性の効果的な管理を可能にします。Intelligent AbstractionとPredictive Analyticsを組み合わせることで、ユーザーは単一のインタフェースからリアルタイムの情報に基づいてインテリジェントにアクションを実行し、ストレージのベンダーや設置場所の制約を受けることなくストレージ環境を最適化し、管理できます。

「FreeStor Analyticsは、他のソリューションとはまったく異なるレベルで日々の業務を最適化します。サービスの市場投入に要する時間短縮、拡張性、最高水準の一元管理、リソースの予測、外部のクラウドサービスやツールあるいは自社開発のスクリプト用APIなど、今日のサービスプロバイダのビジネスにおける課題をすべて解決するベストな選択肢だといえます」と、FUJITSU TDS社クラウド/データセンターサービス担当Thomas Blank氏は語っています。「拡張性の高い堅牢なストレージ仮想化エンジンを備えるFreeStorは、当社の顧客のビジネスの成長に不可欠な優れた柔軟性を提供します。」

海外ストレージアナリストとなりますDragon Slayer Consulting社の社長兼CDSであるMarc Staimer氏は、次のように述べています。「FreeStorでは、ストレージインフラストラクチャ全体を網羅するエンドツーエンドの実用的な情報が提供されるため、SRMやアプリケーションのパフォーマンス監視ツールでは不可能な問題の解決が可能です。その直感的な分析によって瞬時にパフォーマンスのボトルネックが明らかとなり、ユーザーはその原因を迅速に解消することができるようになります。」
FreeStorのヘテロジニアスなソフトウェア定義型アプローチでは、インフラストラクチャ全体でのイベントを取得・監視できるため、ストレージ環境全体の正確な包括的ビューでユーザーがリアルタイムの洞察を発揮し、アクションを実行できます。また、グローバルあるいは詳細レベルでの統合分析に加えて、ビュー、レポート、およびスマートルールをユーザーが定義できるため、企業のIT部門はビジネスや環境に合わせて本当に必要な情報だけを確認できます。さらに、REST APIを使用し、それらの情報を必要な時間に必要な場所へ配信できます。

こちらも海外でFreeStorをご採用いただいたユーザとなるSunrise Communications社のインフラストラクチャサービス技術責任者であるSandor Orban氏は、次のように述べています。「ベンダーによっては、専用のレポート作成ツールが用意されていることがありますが、提供される情報がそのソリューションでしか使えなかったり、レポートの解読に時間がかかり迅速にアクションを実行できないケースが頻繁にあります。FreeStorでは、使用する機器に関係なく、ストレージインフラストラクチャ全体を分析できるだけでなく、現状に加えて将来の予測も可能であるため、問題が発生する前に適切な対策を実行できます。ダウンタイムが許容されない今日、本当に貴重な機能と言えるでしょう。最適化、データ保護、可用性、およびマイグレーションの機能に予測分析が追加されたことで、FreeStorは当社のデータセンターを支える重要な要素となりました。」

今回、発表いたしますFreeStorの最新バージョンには、以下の新機能が含まれます。

●複数のストレージサーバーを網羅する一元的な監視、分析、レポート、およびプロビジョニング

●ストレージ管理を簡素化し、さらに使いやすくなった新しい管理GUI

●履歴およびリアルタイムのパフォーマンス、状態、およびインベントリのトレンドとレポート

●リアルタイムの洞察機能を提供し、情報に基づく意思決定を可能にする高度な分析機能

●接続ホストから仮想LUN、ストレージプール、さらに物理ディスクへ、エンドツーエンドの
 パフォーマンス、状態、およびインベントリのリアルタイム監視

●プロアクティブ/リアクティブ両方のスマートルールおよびアラートによるサービスレベルの監視

●自由なパーソナライズ/カスタマイズが可能なストレージ管理者向けダッシュボード

●ネイティブのiPhone/Androidアプリケーションによる、時間や場所の制約のない監視

●OpenStack Cinderドライバー

●SAP HANA認定

ファルコンストア米国本社の社長兼CEOのゲーリー・クイン(Gary Quinn)は、次のように述べています。「今こそ新しい包括的アプローチを採用し、企業、MSP、CSPが直面する実社会インフラストラクチャやデータ管理の課題を解決しなければなりません。FreeStorのIntelligent Abstractionは、現在および将来的なストレージの効率性と可用性を向上させることで、インフラストラクチャ全体における容量、パフォーマンス、可用性の効率的な管理を可能にします。FreeStorの保護、重複排除、リカバリ、およびマイグレーションの機能の連携により、ストレージのベンダーや場所の制約なく、単一ダッシュボードからインテリジェントなアクションを実行してストレージ環境を最適化し、管理できるようになります。我々は、これらの優れた機能と特長を備えたFreeStorこそが、自社のデータの適切な管理と運用管理関連コストの削減に取り組むIT部門にとっての最適な選択肢であると確信しています。」


海外におけるFreeStorのお客様の声

Imptech社CEO、Gabriel Enzo Gagliardi氏
「FreeStorプラットフォームは、当社のお客様にとって極めて柔軟性の高いテクノロジーレイヤーであり、このインテリジェントなレイヤーを活用することで、効率的でコスト効果の高い共通ストレージサービスとストレージリソースの一元管理が可能になります。」

C&C社オーナー、Athanasio Vacopoulous氏
「使い方が面倒で複雑であれば、誰でも不満を覚えます。古いストレージで何日もかかるような数テラバイトのデータのリストアであっても、FreeStorであればわずか数分で完了します。私は、FreeStorこそ理想的な選択肢だと思います。」

Egenera社サービス担当バイスプレジデント、Scott Harris氏
「FreeStorは、サービスプロバイダのニーズも解決できる初めてのソリューションだというのが私の意見です。FreeStorは、Xterityブランドに不可欠な極めて重要なソリューションであり、我々が提供する唯一のDRソリューションでもあります。他にはない独自の機能を備えた、市場のユニークなニーズに応える優れたソリューションだと思います。」

Telefonica Empresas Chile社デジタルソリューションマネージャー、Luis Urzua氏
「FreeStorを使用することで、あらゆるサービスを網羅した統合型ストレージエコシステムの提供が可能になります。我々Telefonicaは、インテリジェントエンタープライズの実現に取り組む企業を支援していますが、このようなエコシステムからこそ、コラボレーションツールを活用した創造的な環境が生まれるのです。」

FreeStorの詳細、お問合せは下記URLをご参照下さい。
リンク

ファルコンストア・ジャパン公式Facebookでは、FreeStorおよびFalconStorに関する情報を随時ご案内しております。
リンク

ファルコンストアについて
FalconStor Software, Inc.(NASDAQ: FALC)は、ハードウェアに依存しない統合型データサービスソフトウェアプラットフォームを提供するソフトウェア定義型ストレージ(SDS: Software-defined Storage)のリーディングカンパニーです。ファルコンストアのオープンな統合ソフトウェアソリューションによって、ベンダーロックインに陥る可能性が低減され、お客様のビジネスに理想的なアプリケーションやハードウェアコンポーネントを柔軟に選択することが可能になります。私共は既存の投資を保護しつつ、適切な場所で適切な性能とともにデータセンターを最新化するために全ての企業を支援いたします。ファルコンストアのソリューションは、データの可用性とシステムのアップタイムを最大限に向上することで、中断することのないビジネスの生産性を確保すると同時に、データ管理を容易にすることで運用コストを削減します。多くの賞を受賞しているファルコンストアのソリューションは、世界中のOEMベンダー、主要システム・インテグレーターおよび販売代理店を通じて提供されています。

米国ニューヨーク州メルヴィルに本社を構えるファルコンストアは、北南米、ヨーロッパ・中東・アフリカおよびアジア太平洋地域でワールドワイドの事業を展開しています。ファルコンストアに関する詳しい詳細は、 リンク または リンク をご覧ください。

Twitter、YouTube、LinkedInの各ソーシャルメディアで、ファルコンストアの最新情報をご確認ください。

リンク
リンク
リンク

■本プレスリリースに関する報道関係者様お問い合わせ先:
ファルコンストア・ジャパン株式会社
マーケティング担当 近藤(こんどう)
TEL : 050-3816-5444 / E-mail : pr@falconstor.co.jp


# # #

FalconStor、FalconStor Software、FreeStor、およびIntelligent Abstractionは、米国およびその他の国におけるFalconStor Software, Inc.の商標または登録商標です。記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。