logo

~個人が体感できるFinTech~ Sony Bank WALLETが発行開始から3カ月で発行枚数10万枚・利用国数91ヶ国を突破!



 ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:伊藤 裕/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)は、11通貨対応Visa デビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET(ソニーバンク・ウォレット)」が発行から3カ月(2016年1月4日~4月3日)で、発行枚数10万枚、およびカード利用国数が91ヶ国を突破したことを発表いたします。

 本サービスは、昨年10月の先行予約時より多くの反響をいただき、1月4日のサービス開始以降、3ヶ月で10万枚以上と当初の想定を上回るスピードでお申し込みいただいております。あわせて、新規の口座開設数も、リリース後1月~3月の3ヶ月間において、前年同期比1.8倍の伸び率をみせています。

 好評の理由として、実際にご利用いただいたお客さまには、「貯めた外貨を海外でそのまま使える利便性」と、「国内利用におけるキャッシュバック率の高さ」といった点に多くのご支持をいただいております。
[画像1: リンク ]

 
 なかでも、商品の特徴である海外利用における利便性に魅力を感じている方が多く、既に利用国も91ヶ国に及び、米ドルやユーロといった対象外貨10通貨での利用が多い一方で、アジア圏や南米など世界各地でご利用いただいています。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]




お客さま一人ひとりの手に届くFinTechを


[画像4: リンク ]



 ソニー銀行は、“個人の金融行動にイノベーションを起こす”ことをミッションに、2001年6月に開業し今年15周年を迎えます。その間も、「ネット住宅ローン」「外国為替市場にリアルタイムで連動する為替レートで取り引きできる外貨預金」など、さまざまな金融イノベーションにチャレンジしてきました。
 昨年以降 “FinTech”というワードが賑わいを見せる中、利用者の実生活に変化をもたらしている商品は多くありません。ソニー銀行は、ネット銀行ならではのシステム構成を生かして、日本初となる11通貨対応のマルチカレンシーデビットや不足額を外貨口座に即時充当する「円からアシスト」機能を実現し、グローバルに活躍されるお客さまを金融の面からサポートしています。

 今後も、一層ボーダレス化するお客さま一人ひとりのニーズにお応えするべく、より利便性の高いサービスを提供してまいります。


『Sony Bank WALLET』概要



[画像5: リンク ]

商品名:Sony Bank WALLET
対応通貨:11通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドルなど)
サービス開始:2016年1月4日(月)
●日本初、11通貨対応のデビット機能付きキャッシュカード
●貯めた外貨を現地通貨としてそのまま利用、外貨残高不足でも安心の「円からアシスト」搭載
●国内ショッピングの利用額に対し最大2.0%を現金キャッシュバック

※世界中の紙幣を1枚に集約したデザイン、マットな質感も好評



『Sony Bank WALLET アプリ』概要


[画像6: リンク ]

商品名:Sony Bank WALLET アプリ
サービス開始:2016年4月7日(木)
●普通預金の残高、取引履歴、Sony Bank WALLETの外貨利用可能額(参考額)を、1ステップで確認可能
●「レート電卓」ではリアルタイムレートで円換算額を計算
●ログインは、指紋認証・パターン認証・PINコード認証から選択

※iOS 版は2016 年初夏に開始予定です。
※指紋認証は、Android6.0 以上の指紋センサー付端末にてご利用いただけます。

ソニー銀行のサイト
企業サイト リンク
サービスサイト リンク
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第578号 加入協会:日本証券業協会、 一般社団法人 金融先物取引業協会 (C)Sony Bank Inc. MONEYKitはソニー銀行株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事