logo

P.I. WorksのuSON(TM)がTelkomselのネットワーク・アクセシビリティを劇的に改善

P.I. Works 2016年04月21日 10時11分
From 共同通信PRワイヤー

P.I. WorksのuSON(TM)がTelkomselのネットワーク・アクセシビリティを劇的に改善

AsiaNet 64135

ジャカルタ(インドネシア)、シンガポール、イスタンブール、2016年4月21日/PRニュースワイヤー/ --

インドネシアでセルラー方式通信サービスを提供している主要事業者Telkomselは、P.I. Worksが提供する集中型SON(自己管理ネットワーク)ソリューションであるuSON(TM)を利用しました。

     (ロゴ:: リンク )

P.I. Worksの技術をリードするベンダーに依存しないuSON(TM)製品は、セルサイトの能力増強に必要な資本的支出を削減するとともに、ネットワークの品質とキャパシティを向上させる手段として世界中の事業者の第一選択肢となりました。

この事業は、それまでTelkomselが「戦略的最適化」を行っていた地域において、当社の現地パートナーであるTelkom Infraとともに行われました。試行期間中、合計4万4000回の自動クローズドループアクションが実施されましたが、1回のアクションにかかった時間は驚くことにわずか8分でした。TelkomselネットワークのPS・CS通信アクセシビリティ両方が直ちに33%改善されました。

Telkomselの無線アクセスネットワーク品質担当ジェネラルマネージャーのAkhmad氏は次のように述べています。「アクセシビリティとカバレッジの最適化において、当社のネットワークに定量化できる大きな改善をもたらしたP.I. Worksのソリューションに非常に感銘を受けています。特に、uSON(TM)が、業務費を大幅に削減する一方でどのように設備投資抑制に役立つのかがわかり興奮しています。当社は、P.I. Workとの提携を拡大したいと思います。」

P.I. Worksのアジア太平洋地域担当ジェネラルマネージャー、Tuna Toker氏は次のように述べています。「当社は、今回も当社製品uSON(TM)が、いかにしてTelkomselのような多額の投資が行われ最適化されたネットワークを変え、ネットワークの能力とカバレッジという課題の最も効果的な管理に役立つことができるのかを証明しました。今回の試行結果によって、加入者体験の向上におけるuSON(TM)の直接的影響が示されました。」

Telkomselについて
PT. Telkomselは、1億4000万以上の加入者を持つインドネシア最大の携帯電話会社です。辺鄙な場所、周辺部の島、国境地域を含むインドネシア全土の顧客にサービスを提供しています。PT. Telkomselは、4G LTEサービスを商業ベースで開始したインドネシア最初の携帯電話会社であるだけでなく、3G、HSDPA、HSPA +のテクノロジー・ロードマップを相次いで実施しています。

Telkominfraについて
PT. Telkominfraは、海底光ケーブル保守を含むマネージドサービス・電力ソリューションを本業とするPT. Telkom Indonesiaの子会社です。その主要取引先は、2G、3GおよびLTE向けネットワークのパフォーマンスと最適化における信頼できる独立したパートナーであるPT. Telkomselです。

P.I. Worksについて
P.I. Worksは、27か国で38事業者が展開しているネットワークパフォーマンス管理とSONソリューション分野でのリーディングプロバイダーです。当社のソリューションによって、携帯電話会社はそのネットワーク品質と加入者体験を向上させることが可能です。P.I. Worksは、3GPP SONフォーラムで規格化プロセスを推進しているETSI(欧州電気通信標準化機構)のメンバーです。詳細は、リンク までご覧ください。

メディア問合せ先
電子メール: marketing@piworks.net

ソース: P.I. Works


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事