logo

サイバートラスト、SBT、ファイルフォースが協業

SBT 2016年04月20日 10時20分
From PR TIMES

クラウドサービスに対応した高いセキュリティレベルの認証サービスを提供

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下、SBT)は、この度、サイバートラスト株式会社(代表取締役社長:眞柄 泰利、本社:東京都港区、以下、サイバートラスト)とファイルフォース株式会社(代表取締役 関根 文彦、サルキシャン アラム、本社:東京都新宿区、以下、ファイルフォース)との協業により、企業内のドキュメントコラボレーションにおいて、より強固なセキュリティを実現する新しいセキュリティサービスを提供することを発表します。



本サービスは、従来のサイバートラストの認証局が発行する電子証明書(クライアント証明書)と「ADFS on Cloud」によるクライアント認証に加え、「Fileforce」と「ADFS on Cloud」が連携することにより、電子証明書が登録された端末のみからの「Fileforce」へのアクセスを実現し、会社貸与以外の私有端末やID/パスワードの漏えいによる不正アクセスからの対策を行うことで、情報資産の漏えいを防ぐことが可能となります。また、インテル(R) アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー(以下、インテル(R) IPT(※))対応により、PCのチップセット内にある安全な領域に電子証明書を格納することにより、従来のOS内に格納される電子証明書と比べ、高いセキュリティを実現することができます。

なお、インテル(R) IPT対応については2016年6月提供開始を予定しております。

[画像: リンク ]



【インテル株式会社からのコメント】
インテルは、今回発表の3社ソリューションの連携とインテル(R) アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーへの対応を歓迎します。エンタープライズにおけるワークスタイル変革によりモバイル機器の利用は急増しています。3社によるより高いセキュリティーの認証サービスの提供で、先進のワークスタイルが拡大することを期待しています。
                                           インテル株式会社
                                          執行役員技術本部長
                                              土岐 英秋

※ インテル(R) IPT について詳しくは以下URLをご覧ください。
  リンク
※ Intel、インテル IPTは、米国および/またはその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。