logo

フォーラムエイト、「仮想オバマ記念館」の建築デザインコンペに協賛

株式会社フォーラムエイト 2016年04月20日 10時01分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月20日

株式会社フォーラムエイト

フォーラムエイト、「仮想オバマ記念館」の建築デザインコンペに協賛
VR-Cloud(R)で敷地を公開、Arcbazarで5月10日まで作品応募受付

株式会社フォーラムエイト(本社:東京都港区港南2-15-1、社長:伊藤裕二、URL:リンク)は、建築設計デザインコンペのクラウドソーシングサイトArcbazarにて開催中の「仮想オバマ記念館コンペ」をサポートしています。

 本コンペは、米シカゴで計画されている「オバマ記念館(Obama Presidential Center)」について、 オバマ財団による実際の計画とは関係なく仮想的にコンペティションを実施するもので、登録および参加は無料となっており、Arcbazarを通して提出さ れたデジタルデータのデザイン案は、グローバルなデザイナーのコミュニティによって評価されます。2016年6月1日から16日までは応募案に対する一般 からの投票が予定されており、6月16日に予定されているシカゴでの授賞式は著名な建築家のもとで審査が行われ、賞金総額1万ドルに加えて学生を対象とし た特別賞も用意されています。作品応募の締め切りは、5月10日までとなっています。

 Arcbazarの特長のひとつとして、クラウドを通しての民主的でオープンなコンペのプロセスが挙げられます。この「仮想オバマ館記念コンペ」も、国籍や経験、年齢などあらゆるバックグラウンドに関係なく、参加者に対して広く開かれています。フォーラムエイトでは、課題となる敷地のVRデータをVR-Cloud(R)で提供しており、世界中どこからでも閲覧・操作して敷地の様子を確認できるようにしています。

 フォーラムエイトはArcbazar社と業務提携契約を締結しており、VRシミュレーションを活用した環境アセスをサポートする「自主簡易アセス支援サイト」の仕組みと、独自開発のクラウド型合意形成ソリュー ションVR-Cloud(R)を融合した「ProjectVR」をArcbazarサイトと連携した、「Arcbazar支援サービス」を提供しています。今後も、アジア圏での Arcbazar普及推進に協力するとともに、国内の実際のプロジェクトやデザインコンペ等を積極的に支援していきます。

▼仮想オバマ記念館コンペ(Obama Presidential Center)特設サイト
リンク

▼オバマ記念館建設予定敷地のVRデータ(VR-Cloud(R)で閲覧可能)
a3s://114.179.103.22:20022

▼Arcbazar + ProjectVR (フォーラムエイト広報誌Up&Coming112号掲載)
リンク

▼Arcbazar支援サービス価格体系
リンク

▼Arcbazarサイト
リンク (日本語版:リンク

▼3次元リアルタイムVRソフトウェア UC-win/Road 製品情報
リンク

▼クラウド型合意形成ソリューションVR-Cloud(R)製品情報
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事