logo

山万ユーカリが丘線 「街駅弁大会」を2016年4月29日(祝・金)に開催

山万株式会社 2016年04月20日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月20日

山万株式会社

地域活力を活かした地方鉄道活性化イベント

山万ユーカリが丘線 「街駅弁大会」を2016年4月29日(祝・金)に開催

ユーカリが丘の地域イベント「第33回緑のまつり」とタイアップ・山万ユーカリが丘線 無料運行も実施

===================

沿線活力・地域魅力で地方鉄道を活性化
沿線9店舗とタイアップ 一日限定の「ユーカリが丘の駅弁」を食数限定で販売

===================

ユーカリが丘を開発する「街づくり企業」山万株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:嶋田 哲夫)では、山万ユーカリが丘線 「街駅弁大会」に、『山万ユーカリが丘線 「街駅弁大会」』を開催することとなりましたので、お知らせいたします。

「街駅弁大会」は、山万の運営する地方鉄道「山万ユーカリが丘線」の活性化と、ユーカリが丘地域の沿線活力・地域魅力の発掘・PRのために開催するものです。当日は、沿線の飲食店9店舗の協力により、本イベント専用の「ユーカリが丘の街の駅弁(街駅弁)」を開発し、一日限定・食数限定で販売いたします。

「駅弁」は、東日本大震災以降の国内観光の目玉として各地域で様々な種類が開発・販売されていますがユーカリが丘においては、地域の各飲食店の魅力的なメニューを「ユーカリが丘の地域資源」と捉え、これを中心とした「街の駅弁」「特産品」としての展開を図ります。

販売場所は、山万ユーカリが丘線「公園」駅並びに、同日公園駅前の「ユーカリが丘南公園」で開催される「第33回 緑のまつり」会場内山万ユーカリが丘線ブースです。
販売時間は、11:00~16:00までを予定しておりますが、売切れ次第終了となりますのでご了承ください。

===================

沿線飲食店9店舗 自慢の特製弁当が大集合
各店限定10食 全品500円(税込)で販売 ユーカリが丘線グッズも同時販売予定

===================

『山万ユーカリが丘線「街駅弁大会」』には、当社線各駅の付近で営業する飲食店舗9店舗が参加します。各店とも、販売個数は限定10食で、販売価格は500円(税込)です。また、「第33回緑のまつり」会場内ブースでは、当社線のオリジナルグッズも販売する予定です。

【参加店舗・販売弁当一覧】

[ユーカリが丘駅]

Chinese Restaurante 豫園(よえん)
「豫園特製 麻婆豆腐弁当」 500円(税込)
ピリ辛の本格麻婆豆腐を「駅弁」に仕立てた珍しい逸品です。

日本海庄や ユーカリが丘南口店
「日本海ユーカリ弁当」 500円(税込)
煮物・焼物など、ちょっと懐かしい昔ながらの和風弁当です。

[地区センター駅]
和食 さわや
「さわや謹製 さくら天丼」 500円(税込)
地元「佐倉」にかけて、今が旬の「桜えび」をふんだんに使った弁当です。

なのはな亭 ユーカリが丘店
「豚スタミナ 網焼き弁当」 500円(税込)
千葉のブランド豚「東の匠ポーク」を厚切りにして、特製タレに漬け込んだボリューム満点の逸品です。

中国料理 やぜず
「本格中華弁当」 500円(税込)
本場中国の調理師が腕によりをかけた中華弁当です。

炭火焼肉 ぼんど
「牛肉網あぶりどんぶり弁当」 500円(税込)
腕利きのオーナーが一枚ずつ炭火で炙った牛肉をたっぷり載せたどんぶり弁当です。

[公園駅]
Soba Cafe 301
「3○1特製オムライス~街駅弁バージョン~」 500円(税込)
チキンライスには隠し味でそばつゆを使い、玉子はフワトロのオムライス弁当です。

[女子大駅]
ブーランジェリー ランコントル
「ランコントル 人気パンセット」 500円(税込)
人気のパン5種をプチサイズにして、食べ比べを楽しめるお得なセットです。

[中学校駅]
オーガニックカフェ EDEN
「オニギラス・スパム結び弁当」 500円(税込)
化学調味料・農薬無添加の、安全で美味しい弁当です。


【大会当日の「山万ユーカリが丘線」無料運行について】
 2016年4月29日(祝・金)は、「公園」駅前の「ユーカリが丘南公園」で「第33回 緑のまつり」が開催されるに伴い、「ユーカリが丘」駅9:22発~17:02までの25本の列車について、無料運行を実施します。

【参考:「ユーカリが丘」概要】
1971年に開発が開始された、千葉県佐倉市に立地する総開発面積245ha(計画総人口約3万人)のニュータウンで、山万株式会社が開発を手掛けています。「自然と都市機能が調和した新環境都市」を目指し、京成本線ユーカリが丘駅周辺の住宅・商業一体の超高層立体開発と、新交通システム「山万ユーカリが丘線」の各駅徒歩10分圏内に展開される一戸建平面開発を行っています。(2016年3月末現在人口:18,194人、世帯数:7,303世帯)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事