logo

カンヌ国際映画祭会場のムートン・カデ・ワインバー公式オープンまでカウントダウン開始!

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・オリエント 2016年04月18日 18時25分
From Digital PR Platform


2016年4月11日 フランス・ポイヤックより
バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社が2016年度カンヌ国際映画祭期間中(5月11日~22日)、ムートン・カデ ワインバーを開設することを正式発表し、オープンに向けカウントダウンが始まりました。
カンヌ国際映画祭とのパートナーシップで25周年を迎え、家族経営のバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社は今回パリのデザイナーのマティアス・キスにパレ・デ・フェスティバルの屋上にある最も大切な場所の改装を依頼しました。今年もスターとワインラヴァーは「フランス式暮らしの芸術」のテーマに沿った居心地の良い雰囲気の中で新しいコレクター・ボトルに入ったムートン・カデのワインを享受できます。

フランスの暮らしの美学
ムートン・カデ ワインバー2016のこの上なく素晴らしいシグネチャー
1992年よりオフィシャル・ワイン・サプライヤーであるバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社はカンヌ国際映画祭とのパートナーシップ25周年を記念し、新しいテーマ:「フランス式暮らしの芸術」を提案しました。

この為、デザイン界で人気急上昇中のマティアス・キスが、彼の才能を活かしスタイリッシュな隠れ家をパレ・デ・フェスティバルの屋上に作れるように全権を彼に委ねました。家具選びから部屋のレイアウトはもちろんのこと忘れてはならないのが彼がデザインした特注のワインバー、すべては用意周到です。

パリのデザイナーは長年にわたり時代を超越したコート・ダジュールの独特な雰囲気と1950年代のアメリカのスターがもたらしたハリウッドの魅力を洗練的にミックスされている映画祭の本質を見て、パームスプリングスのモダン建築とフランスのアール・デコから得たインスピレーションを組み合わせ、会場を全く新しい雰囲気に仕上げました。

「このプロジェクトにすごく夢中で、建築的な精密さが人生の甘美さと繋がる、
グラマラスでいて居心地の良い隠れ家を作るには
装飾コードと手法を不朽にさせることが非常に重要でした」
とマティアス・キスは話します。

ムートン・カデ ワインバー スター達に提供される輝かしい場所
12日間の会期中、ムートン・カデ ワインバーは、世界中の映画スターやワインラヴァーがクロワゼットの喧騒から逃れて、ワインを楽しみながら仕事をしたり、リラックスできる親密で心地よい空間となります。地中海と第69回カンヌ国際映画祭の両方を眺望出来るこの場所はカンヌの2週間の会期中、最も羨望の的となるでしょう。


新たなコレクターアイテム
2016年カンヌ映画祭ムートン・カデ限定ボトル
ムートン・カデのワインバーのキャストは、映画祭の為の新しい限定ボトルなくして揃いません。レッド・カーペットを歩く映画スターのように、ムートン・カデのボトルもこの映画祭の為に魅力的なボディ…そして味を披露する為にドレス・アップしました。このコレクター アイテムは会期中多くのエクスクルーシヴなイベントや公式ディナーで提供され、また世界でも厳選された国々で販売されます。


ムートン・カデとは
家族経営の企業であるバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社が手がけるムートン・カデは、1930年の誕生以来、そのオリジンに忠実であり続けてきました。一方で、ボルドーAOCワインの代表的な存在となるまでに進化してきました。ムートン・カデは、常に世界中の映画・スポーツ関連の多くのエクスクルーシヴ・イベントとの関係性を大切しています。1991年以来、カンヌ国際映画祭に参加。そしてムートン・カデはまた、ヨーロピアン・ツアーと2018年ライダー・カップのオフィシャル・サプライヤーとなっています。



マティアス・キスとは
マティアス・キスはユニークな遠近法を使った作品により、アートとデザイン界において一目置かれる存在になりました。彼は全ての美術的スキルを駆使し、伝統工芸とコンテンポラリー・グラフィックを組み合わせた実験的な作品で職人から有名アーティストへと昇華されました。マティアス・キスは、国際的に有名なブランドのエルメス、ブシュロン、ルイ・ヴィトン、ケンゾー、ウォールペーパー、コンデナスト社などの為に彫刻作品や美術品を制作したことでも有名です。



THE MOUTON CADET WINE BAR - #MCWB
2016年5月11日~22日
11時~23時
パレ・デ・フェスティバル クロワゼット大通り
カンヌ フランス
招待客のみ入場可能

【報道関係者様のお問い合わせ先】
株式会社TFC亀山小絵子
TEL : 03-5770-4511 FAX : 03-5770-4513 E-mail:kameyama@tfcjapan.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。