logo

ジェンパクト、日立市にビジネスプロセスのサービス拠点を開設

Genpact Japan株式会社 2016年04月18日 13時30分
From Digital PR Platform


デジタルを活用したビジネスプロセス・マネジメントおよびサービス分野のグローバルリーダーであるジェンパクト(Genpact Limited、NYSE:G、社長 兼 最高経営責任者: Tiger Tyagarajan)の日本法人Genpact Japan株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:杉浦英夫)は、国内で4箇所目となるサービス拠点を、茨城県日立市に4月18日より開設します。

ジェンパクトは、2000年より日本で事業を開始し、現在、東京、横浜、中国大連に日本向けサービス拠点を構え、日本GEや日産自動車をはじめとした多数の重要顧客に対し、約5,000名規模で、財務・経理、人事、購買などの幅広い分野の業務を担い、ビジネスプロセスの最適化、コスト効率化、生産性の向上を支援しています。

また、2014年11月には、日立製作所と国内財務関連業務のビジネス・プロセス・アウトソーシング分野で合意し、その一環として、国内の日立グループの多くが財務関連業務を委託していた日立マネジメントパートナーの財務ソリューション事業部を、ジェンパクトグループに加え、日本ジェンパクト・ビジネスサービス株式会社を設立しました。現在、日本ジェンパクト・ビジネスサービスは、国内拠点および中国大連のオフショア拠点を組み合わせて、日立グループ向け国内財務関連業務サービス提供に従事しています。

日立製作所の創業の地でもある日立市および周辺地域には、多くの日立グループ企業が集積しており、新たなサービス拠点を開設することで、よりお客様ニーズに基づいた、きめの細かいサービスを迅速かつ柔軟に提供することが可能になります。また、日立市には、集積企業出身の、業務の専門的知見を有した人材が揃っており、今後事業の成長に合わせて人材の育成が容易であるという利点もあります。

ジェンパクトは、今回の新しい拠点の開設により、既存の国内およびオフショア拠点との連携を強化し、日立グループ向け国内財務関連業務サービスにおける、業務プロセスの全体最適化を図り、さらなるコスト効率化、品質の向上を目指します。また、将来的には、新拠点で、日立グループ以外のお客様や他の業務分野のサービスを拡充する予定です。今後も、ジェンパクトは、日本市場に注力し、主要な戦略地域である日本において、世界70カ国以上に展開するグローバルサービスをシームレスに提供するため、サービス提供体制への投資を拡大していきます。

日立市 小川 春樹 市長 からのコメント
「ビジネスプロセス・サービスの世界的な企業であるジェンパクトが、本市に拠点を開設されるのを歓迎いたします。本市は、日立グループ企業をはじめ、機械金属等の業種を中心とする高い品質力をもった企業により産業集積が形成されており、多くの事業所が操業しています。今後も、ものづくりに適した立地、優秀な人材により、新たな産業の集積を図るとともに、ジェンパクトの当地でのさらなる事業拡大を期待いたします」

ジェンパクトについて
ジェンパクト(NYSE: G)の社名は、「ビジネスにインパクトをもたらす(Generating Business Impact)」を語源としています。私たちは、デジタルを活用したビジネスプロセス・マネジメントおよびサービス分野のグローバルリーダーです。特許を持つフレームワーク「スマート・エンタープライズ・プロセス(Smart Enterprise Processes : SEP (SM))」を活用した独自のアプローチLean Digital (SM) により、ミドルおよびバックオフィスを含むお客様のオペレーティングモデルをエンド・ツー・エンドで再設計し、Intelligent Operations (SM)を生み出すために、変革、最適化、実行をサポートします。これにより、成長、効率性、ビジネスの俊敏性において、変革への高い投資対効果をもたらします。ゼネラル・エレクトリック(GE)の一部門として事業を開始して以来、GE独立後も一貫して、オペレーショナル・エクセレンスに対する熱意を維持するジェンパクトは、現在、米国ニューヨーク市に主要管理部門を含むコーポレートオフィスを構え、フォーチュン・グローバル500の4分の1以上を含む数百社のお客様とともに、世界25カ国72,400人以上の規模に成長しています。ビジネスプロセス、業務の専門的知見、複雑なオペレーション運営の経験という独自の財産が、私たちを、テクノロジー、アナリティクス、組織改革における最適な選択を示すことに注力させています。詳細につきましては、www.genpact.com をご覧ください。

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
ジェンパクトジャパン株式会社 広報 羽柴
Tel: 03-3539-3928 Fax: 03-3504-2501
E-mail: satoko.hashiba@genpact.com

株式会社プラップジャパン(ジェンパクトジャパン広報担当)
矢畑 彰則
Tel: 03-4570-3191 Fax: 03-4570-3189
E-mail: a-yabata@prap.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事