logo

春のストレス肌荒れ…4つの予防美容方法

ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao 2016年04月18日 12時00分
From Digital PR Platform


「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(リンク)にて、新たなコンテンツを発表いたしました。以下にご紹介いたします。

―――――――――――――――――――――――――


春はだんだんと暖かくなり、過ごしやすくなる季節。一方で、春は肌トラブルを感じる人が増える季節でもあります。春に肌荒れや肌トラブルが起こりやすいのはなぜ? そのおもな原因と、解消法をご紹介します。

ストレスと春荒れ肌の関係
ストレスと春の肌荒れにはどんな関係があるのでしょうか?

・生活環境の変化によるストレス
春は生活環境が変化することで、ストレスがたまりやすい季節。ストレスは自律神経に影響し、気温差など外部環境の変化に応じて血流を調節する「血管力」を低下させることがわかっています。血管力が低下すると、酸素や栄養分が肌に充分に届かず、老廃物の排出が滞り、肌荒れにつながることがあります。

>>美肌の土台となる「血管力」とは?
リンク


・紫外線からのダメージ
もうひとつの原因は、紫外線によるダメージです。春は紫外線量が増加しはじめる一方で、気温が高くないため、紫外線対策を怠りがち。気づかずに紫外線の影響を受けることが多いのです。

>>日焼け止めを塗り直すのはランチ前それとも後?日焼け止めの塗り方
リンク


血管力をアップさせる4つの方法
以下の4つの方法で血管力アップ!

(1)炭酸コスメや温冷パックでのスキンケア
炭酸ガス入りのスキンケア剤がおすすめ。炭酸ガスが皮膚から吸収され、血管に作用することで、皮膚の血管力を高めてくれます。また、ホットタオルと冷凍庫で冷やしたタオルを、1分ずつ交互に顔にのせる温冷パックをしましょう。血管の拡張と収縮が起こり、血行が良くなります。

(2)ゆっくりと深呼吸
深呼吸をすると、副交感神経が優位に働き、リラックスでき、血のめぐりが良くなります。息を吸うよりははくことを意識するのがポイントです。

(3)下半身を鍛える
下半身にはいちばん大きな筋肉がついてます。血のめぐりを良くし、血管力を上げるには、日常生活において、こまめに階段を使ったり、一駅分歩いたりして筋肉を使いましょう。デスクワークが多い人は、1時間に一回は立ち上がって歩いたりしましょう。

(4)ぬるめのお湯につかる
38~40度前後のぬるめお湯で炭酸入浴をして、血流を良くしましょう。また、お風呂を出たら、水分が蒸発しやすいので、すぐにスキンケアをしましょう。化粧水や美容液の後、乳液で保湿にフタをするのも忘れずに。

>>腸力&血管力アップがキモ!美肌をつくる栄養素とは?
リンク


監修:友利新先生
写真:PIXTA

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事