logo

別院てづくり縁市の開催のお知らせ

真宗大谷派名古屋別院後遠忌事務局 2016年04月15日 11時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月15日

真宗大谷派名古屋教区・名古屋別院(東別院)

4月24日(日)、東別院、西別院、橘大木戸界隈を会場に
お寺と町をつなげる「東別院てづくり縁市」を開催

現在東別院では、真宗大谷派の宗祖・親鸞(しんらん)聖人のご命日(毎月28日)に、
「東別院てづくり朝市」を開催しております。
そこでは、有機無農薬栽培の野菜、手づくりパンやお菓子、家庭料理など、
食べ物が販売されるほか、雑貨やファッション小物などを扱う店も出店。
全部で約200もの店が並び、「のんびり周遊するだけでも楽しい」と
おとずれた人々からご好評を得ています。

 4月の市に関しては、
「真宗大谷派名古屋教区・名古屋別院 宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要」
を迎えますので、4月24日(日)に「別院てづくり縁市」と題して
特別版を大々的に開催。
「東別院てづくり朝市」と西別院や橘町大木戸界隈などで
毎月28日に開かれている各市が連携し、全5エリアで買い物や飲食などが楽しめます。

 東別院が開催する市は、お寺と町をつなげるという地域貢献の役目も担っており、
今回の「別院てづくり縁市」も近隣学区・町内会から多大なご協力とご理解を
頂戴した上で開催することとなります。
各町内にまたがる縁市に人が集えば、そこに満足や喜びといった明るい感情が醸成され、
地域にも活力がもたらされると信じてやみません。

 縁市のメインとなるのは、
東別院エリアです。本堂にて「子ども御遠忌法要」「音楽法要」を行うほか、
お東幼稚園にて「子ども広場」、
東別院会館では「東別院広場」「ASOBOUZU」を開催。
さらに、お隣のメ~テレでもイベントが開かれ、このエリア全体にお店が並びます。
そのほかのエリアの詳細は以下の通りです。

<たちばな大木戸ひなた市エリア>
お坊さんがもてなす喫茶「茶坊主」、名古屋造形大学の学生による似顔絵描き、
絵手書きなどのワークショップのほか、ガレージマーケットなどが開かれます。

<日置の杜エリア>
地域の憩いの場として活用される日置神社とどんぐり公園では、
広場を使った子どもの遊び場が登場。

<西別院エリア>
Oneコインで新鮮野菜が買えるマルシェや飲食、雑貨、日用品販売ブースが多数登場。
ミニSLの試乗やゲームコーナーなど、こちらも子どもが楽しめる催しが
充実しています。地域団体によるパフォーマンスもお見逃しなく。

<門前町テーブル縁市エリア>
仏壇や仏具を扱う商店が並ぶ門前町商店街では、
伝統工芸と個人作家の技をコラボレーションさせたクラフトが勢揃いします。
 

「別院てづくり縁市」
・日時/2016年4月24日(日)10時~16時 ※少雨開催
・会場/東別院エリア、西別院エリア、門前町テーブル縁市エリア、
 たちばな大木戸ひなたエリア、日置の杜リア
・主催/真宗大谷派名古屋教区・名古屋別院(東別院)
 宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要事務局:名古屋市中区橘2-8-55
・協力/浄土真宗本願寺派本願寺名古屋別院(西別院)、名古屋造形大学、
 暮らしの市実行委員会、NPO法人みんなのコンシェルジュ、
 東西別院寺町まちづくり協議会、メ~テレ
・備考/当日駐車場はありません。公共交通機関でのご来場にご協力をお願いします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。