logo

遺伝性疾患・マルファン症候群モデルブタの系統樹立に成功 -- 明治大学

明治大学 2016年04月15日 08時05分
From Digital PR Platform


明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート 梅山一大特任准教授、長嶋比呂志教授と、慶應義塾大学医学部整形外科学教室 松本守雄教授、渡邉航太専任講師の研究グループは、人工酵素と体細胞核移植を組み合わせた方法により、マルファン症候群の原因となる変異FBN1を有するブタを作ることに成功し、その系統樹立に成功した。


■研究成果のポイント
○人工酵素・ジンクフィンガーヌクレアーゼと体細胞核移植法を組み合わせた方法で、マルファン症候群の原因となる変異フィブリリン1遺伝子(FBN1)を有するクローンブタを作ることに成功した。
○同一の遺伝子変異と同一の遺伝的背景を持つクローン個体で異なる病状を示した事から、マルファン症候群の発症にはエピジェネティック因子の影響が関与している可能性が示された。
○このクローンブタの後代産仔にも変異FBN1が伝達され、マルファン症候群の症状が確認されたので、マルファン症候群のモデルブタの系統が樹立された。
○解剖学的、生理学的にヒトと類似しているブタを用いてマルファン症候群を発症する系統が樹立できた事で、新たな治療法開発、特に外科的手技を伴う治療法開発に大きく寄与することが期待される。

 本研究成果は、2016年4月14日(英国時間: 10:00AM)に、英国の科学雑誌「Scientific Reports」のオンライン版に掲載された。

 詳細はPDFファイルを参照

▼研究に関するお問い合わせ先
 明治大学
 梅山 一大(ウメヤマ カズヒロ)
 バイオリソース研究国際インスティテュート 特任准教授
 〒214-8571 川崎市多摩区東三田1-1-1
 TEL: 044-934-7165(直)
 TEL/FAX: 044-934-7824
 E-mail: umeyama@meiji.ac.jp

 慶應義塾大学
 松本 守雄(マツモト モリオ)
 医学部 整形外科学教室 教授
 〒160-8582 新宿区信濃町35
 TEL: 03-5363-3811(直) 
 FAX: 03-3353-6597
 E-mail: morio@a5.keio.jp

▼取材・リリースに関するお問い合わせ先
 明治大学
 経営企画部 広報課:國井 
 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
 TEL: 03-3296-4330
 FAX: 03-3296-4087 
 E-mail: koho@mics.meiji.ac.jp

 慶應義塾大学
 信濃町キャンパス総務課:谷口・吉岡
 〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
 TEL: 03-5363-3611
 FAX: 03-5363-3612
 E-mail: med-koho@adst.keio.ac.jp  

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事