logo

オンラインパーキング『トメレタ』Jリーグ・湘南ベルマーレと4月16日提携 予約できる駐車場サービス整備計画スタートJ1サッカー公式戦当日、スタジアム周辺違法駐車防止・交通渋滞緩和に向け共同で取組む

株式会社シェアリングサービス 2016年04月14日 09時00分
From DreamNews

 オンラインパーキング『トメレタ』を運営する株式会社シェアリングサービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松橋 淳人、以下「シェアリングサービス」)は、日本サッカーリーグ(Jリーグ)1部の湘南ベルマーレをマネジメントする株式会社湘南ベルマーレ(本社:神奈川県平塚市、代表取締役社長 水谷 尚人、以下「湘南ベルマーレ」)と提携し、2016年4月16日より本拠地Shonan BMW スタジアム平塚で開催されるサッカー公式戦当日に発生するスタジアム周辺の違法駐車防止・交通渋滞緩和に共同で取り組んでいきます。


 シェアリングサービスが提供するオンラインパーキング「トメレタ」は、利用者は事前にPCやスマートフォンで駐車場の検索・予約が可能、駐車場料金をオンラインで決済できるサービスで、個人宅、企業や公共施設が空きスペースを1日貸し駐車場として、貸し出すことができるイノベーションサービス。 駐車場開始にあたって、土地オーナーは一切の設備投資が不要で、駐車場が利用される度に利用料金として報酬が支払われる仕組みです。

スタジアムの周辺道路は大会当日となると各地から車を利用して試合観戦に来たファンで交通量が増大する。さらに、違法駐車や駐車場待ち、駐車場探しの低速運転により交通渋滞が発生するケースも出ているという。

違法駐車や交通渋滞は交通事故の原因となるほか、緊急時の緊急車両の通行の妨害となるため、スタジアム周辺に住む住民に悪影響をもたらす可能性が懸念されています。

 湘南ベルマーレでは、ホームページにてShonan BMW スタジアム平塚がある総合公園内の駐車場の利用を案内していますが、駐車台数に限りがあるため、オフィシャルクラブパートナー相模石油様が運営するダイレクトパークをはじめとするJR平塚駅周辺の駐車場の利用も促していました。

 今後は、スタジアム周辺道路の違法駐車防止や駐車場待ちによる交通渋滞緩和に向けた取り組みとして、シェアリングサービスの協力を得て、オンラインパーキング「トメレタ」の仕組みによる、地域住宅や遊休地を活用した駐車場開拓を進めていきます。 随時増えていく「トメレタ駐車場」については、トメレタホームページで紹介しつつ、湘南ベルマーレの公式ページからも誘導を図っていきます。
 
 スタジアムの立地から、周辺には住宅も多く、試合当日発生する交通渋滞緩和はホームタウンと調和したクラブ経営というコンセプトに大きな課題となっていましたが、今回のシェアリングサービスとの提携を発表することにより、渋滞緩和に向けた地域サービス計画の第一歩を踏み出す形となります。


<企業概要 >
◆株式会社シェアリングサービス 

代表者 :代表取締役社長 松橋 淳人
所在地 :東京都新宿区三栄町6番12号 アークランド四谷ビル5階
設立 :2015年6月12日
主な事業内容 :駐車場予約サイトの運営、駐車場経営及びコンサルタント、各種情報提供サービス業
URL : リンク

■「tomereta(トメレタ)」とは 
「トメレタ」公式サイト: リンク
■「トメレタ(トメレタ)」スマートフォン WEBサイト



◆本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先◆
PR事務局 (株)フロンティアコンサルティング 担当者:菊地、村山
TEL:03-5284-9196 Email:info@frontier-c.co.jp 070-5592-6545(菊地)080-3510-2579(村山)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。