logo

創価大学で4月27日~5月10日まで「勇気の証言 ホロコースト展」を開催 -- 平和と人権を考える

創価大学 2016年04月14日 08時05分
From Digital PR Platform


創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)は4月27日(水)~5月10日(火)まで、「勇気の証言 ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」を開催。ナチス・ドイツのユダヤ人大量虐殺の歴史を振り返るとともに、その時代を生きた「アンネの日記」の著者アンネ・フランクと、「命のビザ」で多くのユダヤ人を救った日本人外交官・杉原千畝の生涯を紹介し、平和と人権について考える機会とする。入場無料。


 同展は、「ホロコースト」が残した人類への教訓をあらためて確認すると共に、極限状態の中でも希望を失わなかった少女、アンネ・フランクの生き方や、6,000人のユダヤ難民の生命を救った杉原千畝の勇気を通し、人権の尊さと寛容の精神を訴えるもの。
 昨年10月に東京芸術劇場で開かれた東京展では6日間で18,000人、今年1月の広島展では、8日間で23,000人が鑑賞に訪れた。

◆「勇気の証言 ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」
【開館時間】
 4月27日(水) 16:00~18:00 
 4月28日(木)~5月10日(火) 10:00~18:00
【入場料】 無料
【会 場】
 創価大学文系A棟ロビー(東京都八王子市丹木町1-236)
 ※ご来学の際は、公共交通機関をご利用ください。
【アクセス】
 JR中央線八王子駅もしくは京王電鉄京王八王子駅から西東京バス利用 約20分
【主 催】
 「勇気の証言 ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」展 実行委員会
【共 催】 創価大学、サイモン・ウィーゼンタール・センター(アメリカ)
【後 援】
 フランス大使館、ドイツ連邦共和国大使館、イスラエル大使館、リトアニア共和国大使館、オランダ王国大使館、ポーランド共和国大使館、アメリカ大使館、駐日欧州連合代表部、国連広報センター、NPO 杉原千畝命のビザ


▼本件に関する問い合わせ先
 「勇気の証言―ホロコースト展」実行委員会事務局(創価大学企画広報課)
 TEL: 042-691-9442
 E-mail: publicrelation@soka.ac.jp
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。