logo

「コドーニュ ヴィニャス・デ・アナ」新発売

キリン株式会社 2016年04月12日 14時00分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 横山清)は、スペイン産のスパークリングワインであるカバのトップブランド※1「コドーニュ」の、「アナ・デ・コドーニュ」シリーズから初のスティルワインブランドとなる「コドーニュ ヴィニャス・デ・アナ」を6月7日(火)より全国で発売します。
※1 スペイン国内では販売シェアNo.1、2014年スペイン国内販売実績、IRI調べ

コドーニュ社は1551年の創業から460年を越える歴史を持ち、スペイン国内では販売シェアNo.1※2を誇るワイナリーです。
同社は1872年にスペインの伝統的なブドウ品種を用い、フランスのシャンパーニュ地方で行われていた伝統的なスパークリングワインの醸造方式※3によるカバの製造に初めて成功しました。さらに、かつてカバへの使用が認められていなかったブドウ品種「シャルドネ」と「ピノ・ノワール」の栽培と醸造にも長年にわたって取り組み、その品質をもってワインに関する法律を変えカバへの使用認可を受けるに至った実績も持つなど、伝統と革新を併せ持つワイナリーです。
1897年、同社は当時の摂政であった王妃マリア・クリスティーナによって、カバとして初めてスペイン王室御用達に任命され、現在もコドーニュのカバは様々な王室行事に登場しています。
※2 金額ベース、IRI2014年調べ
※3 瓶内二次発酵

今回、コドーニュ社を代表するブランド「アナ・デ・コドーニュ」シリーズから初めて発売されるスティルワイン「ヴィニャス・デ・アナ」は、同ブランドの象徴にもなっているシャルドネを主体にすることで豊かでエレガントな味わいとお楽しみいただけるとともに、白を基調としたスリーバーボトル※4を使用することにより、スタイリッシュな魅力をビジュアルでも表現しています。
※4 びん全体が包装されているスタイリッシュなデザインのワインボトル

● 「アナ・デ・コドーニュ」について
・コドーニュ家の娘アナ・デ・コドーニュは、1659年に現在のコドーニュ社を支えるラベントス家に嫁ぎ、彼女の末裔であるホセ・ラベントスが1872年にカバを誕生させました。2つの家系をつないだ彼女の名前を冠した「アナ・デ・コドーニュ」はコドーニュ社が初めてシャルドネ品種を用いて造ったカバを商品化させたスペインを代表するカバ・ブランドで、ラベルには彼女の肖像が描かれています。

●「コドーニュ ヴィニャス・デ・アナ」について
【中味】
・コドーニュ社がカタルーニャ内陸部に持つ自社畑で栽培するシャルドネが主体です。
・香りははじめに白い花から柑橘類の花の香りまで様々な香りが豊かに広がり、その後マスカット由来のトロピカルフルーツ、ライチ、パイナップルのような果実の香りと、熟成由来のヴァニラのニュアンスを感じられます。
・口中では柔らかい口当たりと果実味を楽しめます。白身の肉や魚にパスタ料理などとの相性が良く、和食とはもちろんエスニック料理などとのマッチングも楽しめるワインです。
【パッケージ】
・白を基調としたスリーバーボトルを採用し、細身のシルエットの期待感・高揚感と強い印象をもたらすパッケージです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。