logo

マーサー、第2回「When Women Thrive Business Thrive ~女性が活躍するとき、企業も持続的に成長する~」グローバルレポートを発表

女性の就業人口は世界的にみて十分とは言い難く、企業側の向上への取組みが今のペースのままであれば、2025年に専門職、幹部職に就いている女性は世界的に見ても40%に留まることが、マーサーによる第2回 「When Women Thrive Business Thrive (WWT)~女性が活躍するとき、企業も持続的に成長する~」グローバルレポートから分かった。

2016年4月12日
グローバル・日本, ニューヨーク・東京



●人材のパイプラインを構築できなければ女性比率の増大は困難
●10年予測によれば、欧州と北米でさえ男女比の均等に苦労し続け、アジアは最下位である
●女性向けの福利厚生、貯蓄制度を整備している企業はわずか 9%、米国/カナダがトップ
●経営層のコミットメント、賃金平等への注力促進が重要



女性の就業人口は世界的にみて十分とは言い難く、企業側の向上への取組みが今のペースのままであれば、2025年に専門職、幹部職に就いている女性は世界的に見ても40%に留まることが、マーサーによる第2回 「When Women Thrive Business Thrive (WWT)~女性が活躍するとき、企業も持続的に成長する~」グローバルレポート リンク から分かった。

本レポートは企業における女性の活躍に関する包括的なグローバル調査をまとめたもので、日米欧など世界13カ国・約600企業を対象に実施。調査の結果、サポートスタッフから幹部レベルへと階層が上昇するに伴い女性比率が減り、サポートスタッフを除くプロフェッショナル以上の女性社員の比率は35%と低く、2025年時点でも40%までしか上昇しない見通しである。(表1参照)

「これまでの女性の昇進方法では大きな変化は生まれておらず、世界的に見た女性比率の低さは経済的、社会的に大きな問題である」とマーサーの女性活躍推進(When Women Thrive)担当グローバルリーダーであるパット・ミリガンは述べる。「リーダーは役員層への女性登用に注目してはきたが、前進を続けるために不可欠な 女性の人材のパイプライン作りをないがしろにしている」

「今こそアクションを起こすべきだ。どんな組織であれ、現状維持でいくか、あるいは女性の力によって、自社の成長、社会、経済を推進していくか、選ぶことができる」

マーサーのレポートによれば、女性は男性に比べ経営幹部に就く可能性が1.5倍多いが、一方で離職も男性の1.3倍多く、そのためにトップでの比率増が抑えられている。

またWhen Women Thrive レポートによれば、企業の平均従業員数の 40%が女性である。世界的に見ると、管理職の33%、上級管理職の26%、経営幹部の20%が女性である。

地域別にみると、中南米は女性の比率が2015年の 36% から2025年には 49%に増えると予測され、オーストラリア/ニュージーランドが35%から40%とこれに続く。米国/カナダは39%から 40%とわずか1%の伸びにとどまり、欧州は2015年、2025年ともに37%のままである。アジアは2015年の25%から28%と最も低い。(表2 参照)

「10年後も世界のほとんどの地域において男女比率の均衡には程遠い状況だろう」とミリガン。「CEOらがダイバーシティを推進して明日の成長を促したいのであれば、今すぐ行動を起こす必要がある」

本調査は世界の約600 企業(従業員総数320万人、うち女性は130万人)からの回答を取り上げた、最も包括的な調査であり、ダイバーシティとインクルージョン(D&I)改善取り組みの主な推進要因を特定している。

「一時しのぎの手を打っても仕方がない」とマーサーのイ ノベーションリーダー(グローバル労働力分析担当)であるブライアン・レビンは指摘する。「ほとんどの企業は自社の女性の活躍を実現するために不可欠な完全な人材パイプライン作りはもとより、サポートする仕組みや社風改革にも注力していない」

マーサーの調査から、こうした取り組みにより女性比率が増加することが実証されていながら、女性に着目した退職金制度や貯蓄制度を採用しているのは世界の調査回答企業のわずか9%であり、中では米国/カナダが最も多かった(14%)。(表3参照)


その他の主な調査結果

その他の主な調査結果は以下の通り:

・上級管理職がD&I活動に積極的に取り組んでいると答えた企業は全体の57%にとどまり、米国/カナダが最も高かった。
- 中間管理職については中南米が最も高く51%だった(世界的には39%)。

・「男性の関与」の項目は2014年の第1回調査時より減少してしまった。2014年時点では、調査企業の49%の男性がD&I活動に積極的に取り組んでいると答えていたが、2015年は38%となった。地域別では、米国/カナダが43%と最も高かった。

・業績評価結果を男女別に検証している企業は29%にすぎず、オーストラリア/ニュージーランドが最も高かった。

・賃金の平等に関する項目では米国/カナダがトップで、企業の40%が正式に賃金平等調整プロセスを整備している。対して、世界的には34%であり、アジア、欧州はそれぞれ25%、28% だった。また、2014年以降実質的な改善は見られない。

・女性の28%がP&L(損益)責任のある職位に就いており、中南米が最も高く(47%)、アジア(27%)、オーストラリア/ニュージーランド(25%)、米国/カナダ(22%)、欧州(17%)と続く。

・女性は現代ビジネスで求められる特有のスキル・特性を持っていると認識されている。例えば、柔軟性と適応力(男性の強みと回答した人20%に対して 39%)、包含的チームマネジメント(43% vs. 20%)、感情的知性(EQ)(24% vs. 5%)等が挙げられる(表4参照)。

・育児休暇制度の間に社員をサポートするための研修の提供、男女別の退職金制度や貯蓄制度の提供に関しては米国/カナダがトップをいく。

・アジア、米国/カナダ、中南米という3つの主要地域では、企業の約半数が、女性社員の採用・定着には女性の健康支援が重要であると考えているが、職場での男女別の医療ニーズを把握するために分析を実施しているのはわずか22%である。

本レポートは他にも、時短、産休、育休(男性の育休を含む)、育児や高齢者の介護、メンターシップなど、重要な福利厚生制度の有無と活用に関する項目等も企業に調査している。


* * *


マーサーの日本法人であるマーサージャパンは、2月24日に 「When Women Thriveセッション」 リンク を 東京で開催した。パット・ミリガンの基調講演に加え、パネルディスカッションでは、一橋大学教授江川雅子氏、損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社執行役員笠井聡氏、株式会社LIXIL 上席執行役員濱瀬牧子氏を迎え、会場からの質問を交えた活発な意見交換が行われた。

またパット・ミリガンは同日日経新聞社の取材に応じ、「日経BizGate」誌面にてWhen Women Thriveレポート内容の分析、欧米の事例、日本社会・企業への提言などを語っている。

「日経BizGate」パット・ミリガン 単独インタビュー記事
「議論は尽くした、女性活躍推進へ行動のとき」
リンク

マーサーでは女性の活躍を促す以下のようなサポートを行っております

・個別診断: 御社の位置、競合との比較、改善すべき点が分かります。詳細はこちら リンク

・分析: 将来の御社内における要員配置の予測をします

・ジェンダーダイバーシティを成功に導く6つの"P": 組織とリーダーシップを一体化することで、御社を成長に導くプログラムとその証があることを保証します

・個別コンサルティング: 女性のキャリア向上、人員計画、健康および財政の健全化を通じて、御社の成長を促進します

マーサーのWhen Women Thrive詳細及びレポートの要約(エグゼクティブサマリー)ダウンロード、お問い合わせはこちら リンク をご参照ください。

下記表は、プレスリリースページにてご参照いただけます

表1: 階層の上昇に伴う女性比率の低下
表2: 専門職以上の女性比率の現状と10年後のシミュレーション結果(地域別)
表3: 経営層のコミットや制度構築状況(地域別)
表4: 男女特有のスキル・特性を活かす

プレスリリースURL
リンク


マーサーについて

マーサー(英語社名:Mercer、本社: ニューヨーク、社長兼CEO: Julio A. Portalatin)は、組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野でサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。

全世界約20,000名のスタッフが40カ国以上約180都市の拠点をベースに、140カ国以上で、25,000超のクライアント企業のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。

日本においては、35年余の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス提供を行っています。組織変革、人事制度構築、福利厚生・退職給付制度構築、M&Aアドバイザリー・サービス、グローバル人材マネジメント基盤構築、給与データサービス、年金数理、資産運用に関するサポートなど、「人・組織」を基盤とした幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。

マーサーは、ニューヨーク、シカゴ、ロンドン証券取引所に上場している、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(証券コード: MMC)グループの一員です。 マーサーについての詳細は、以下をご参照ください:

マーサー ジャパン リンク
Mercer(Global) リンク


マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズについて

マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(ニューヨーク証券取引所コード: MMC)は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。

マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズはマーシュ(保険仲介とリスクマネジメント)、ガイカーペンター(再保険仲介・コンサルティング)、マーサー (組織・人事マネジメント・コンサルティング)、そしてオリバーワイマン(戦略コンサルティング)から構成されており、年間総収入130億米ドル超、全世界に57,000名の従業員を擁し、100ヶ国以上で顧客に分析、アドバイスを行い、各種取引を支援しています。

当グループは責任ある企業市民として事業展開しているコミュニティに貢献しています。詳しい企業情報については リンク、今日企業が直面する課題に取り組む当グループの国際的な実務能力とソリューションについては リンク をご覧ください。


本件に関するお問い合わせ

マーサージャパン株式会社
広報
小原 香恋 Karen Ohara
Tel: 03 5354 1674 pr.japan@mercer.com

組織・人事変革コンサルティング部門
Tel: 03 5354 1540 hcas.japan@mercer.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事